Excel 2016 for Mac でワークシートに手動で改ページを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

印刷するときには、シート 上のコンテンツが "改ページ" される (次のページに続く) 場所に改ページが自動的に入れられます。 標準表示では、それらは水平および垂直の破線として表示され、レイアウト表示では、ページ間の空白のスペースとして表示されます。 自動改ページを入れる場所を調整したり、改ページを手動で挿入したりすることができます。 手動改ページは削除できますが、自動改ページは削除できません。 ただし、列の幅または余白を調整したり、ページ数が少ないコンテンツに合わせてシートのサイズを変更したりすることはできます。

標準表示で示された改ページ

改ページ

改ページを表示する

[印刷] ダイアログ ボックスを開くと、改ページされる場所を示す破線がシート上に表示されます。

  1. Command P を押すか、[ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。

    [印刷] ダイアログ ボックスで、印刷するページのプレビューを表示できます。

  2. [キャンセル] をクリックして [印刷] ダイアログ ボックスを閉じます。

    シート上に青い破線が表示されます。

    注: この破線を非表示にするには、[Excel]、[環境設定]、[表示] の順にクリックし、[ブックに表示] の下で [改ページ] チェック ボックスをオフにします。

水平または垂直の手動改ページを挿入する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    設定するインデント

    操作

    水平の改ページ

    改ページを入れる行の下にある行を選びます。

    垂直の改ページ

    改ページを入れる列の右にある行を選びます。

  2. [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[改ページの挿入] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

改ページを移動する

  1. [表示] タブで [標準] をクリックします。

  2. ポインターが 水平の改ページ ハンドル に変わるまでポインターを改ページの線の上に置き、改ページの線を新しい場所にドラッグします。

    注: 自動改ページを移動すると、手動改ページに変更されます。 手動改ページは自動的に調整されません。

手動改ページを削除する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    移動する改ページ

    操作

    水平の改ページ

    改ページの下にある行を選びます。

    垂直の改ページ

    改ページの右にある列を選びます。

  2. [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[改ページの解除] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

すべての手動改ページを解除する

  • [ページ レイアウト] タブで [改ページ]、[すべての改ページを解除] の順にクリックします。

    [ページ レイアウト] タブで [区切り] を選ぶ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

サイズを調整するシートを印刷

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×