Excel 2016 for Mac でガント チャートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクト スケジュールの状態をガント チャートを使ってシンプルに表示する必要がある場合、Excel では、事前定義されたガント スタイルのグラフはないものの、積み上げ横棒グラフをカスタマイズしてシミュレートし、タスクの開始日と終了日を次のように表すことはできます。

シミュレートしたガント チャートのサンプル

例として、一定期間のタスク進捗状況を示すガント チャートを作成するには、次の操作を実行します。

  1. グラフ化するデータを選びます。この例では、A1:C6 です。

    ガント チャートのサンプル テーブル データ

    データが連続する範囲のセル内にある場合、その範囲内の任意のセルを選び、範囲内の対象データをすべて含めます。

    データが連続する範囲内にない場合は、Command キーを押しながら対象セルを選びます。

    ヒント: 対象に含めたくない行や列がある場合は、それらの行や列をワークシートで非表示にします。詳細については、グラフのデータを選ぶ方法を参照してください。

  2. [挿入]、[横棒グラフの挿入]、[積み上げ横棒] グラフをクリックします。

    [挿入] タブで、[横棒グラフ] を選び、[積み上げ横棒グラフ] を選ぶ

  3. 次に、積み上げ横棒グラフを、ガント チャートに見えるように書式設定します。グラフ内で、最初の一連データ (開始部分の青色の横棒) をクリックし、[書式] タブで [塗りつぶし]、[塗りつぶしなし] の順に選びます。

    [書式] タブで [塗りつぶし] を選び、[塗りつぶしなし] をクリックする

  4. 凡例やグラフ タイトルが必要ない場合は、それらをクリックして Del キーを押します。

  5. ここで、タスクの順番を逆にして、タスク 1 から始まるようにしてみましょう。 Control キーを押しながら、垂直軸 (タスク) を選びます。 [軸の書式設定] を選び、[軸の位置] で [軸を反転する] を選びます。

グラフをカスタマイズする

作成したガント スタイルのグラフは、目盛線やラベルの追加、棒の色の変更などを行ってカスタマイズすることができます。

  • グラフに要素を追加するには、グラフ領域をクリックして、[グラフのデザイン] タブの [グラフ要素を追加] を選びます。

    [グラフ デザイン] タブで、[グラフ要素を追加] を選ぶ

  • レイアウトを選ぶには、[クイック レイアウト] をクリックします。

    [グラフ デザイン] タブで、[クイック レイアウト] を選ぶ

  • デザインを調整するには、Tab キーを押してデザイン オプションを移動し、オプションを選びます。

    [グラフ デザイン] タブで、グラフの形式を選ぶ

  • グラフの色を変更するには、[色の変更] をクリックします。

    [グラフ デザイン] タブで、[色の変更] を選ぶ

  • カスタマイズしたガント チャートを何回も使う場合は、テンプレートとして保存します。 Control キーを押しながらグラフをクリックして、[テンプレートとして保存] を選びます。

    command キーを押しながらグラフをクリックして、[テンプレートとして保存] を選ぶ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

グラフを作成する

グラフのデータを選ぶ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×