Excel 2016 for Mac – Insider ファースト ビルドのリリース ノート

  ↵

Office 2016 for Mac の Insider ビルドは定期的に更新され、新機能、改善された機能、セキュリティ更新プログラム、バグ修正を提供します。 その他の Office for Mac アプリについて同様の情報を確認するには、「Office 2016 for Mac Insider ファースト ビルドのリリース ノート」を参照してください。

Office for Mac 更新プログラムをインストールする方法については、次の情報をチェックして、各 Insider ファースト リリースを確認してください。

お客様からのフィードバックは、製品の改善に役立ちます。 問題に気付いた場合は、アプリケーションの上隅にある "顔文字" ボタンをクリックし、改善の必要な点またはご満足いただけた点についてお知らせください。

コメントの送信_C3_2017930212612

2017 年 11 月 16 日リリース

バージョン: 16.8 (ビルド 171114)

新機能と改善された機能

  • まだ導入していない場合は、10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能の更新を確認してください。

バグ修正

  • 多くのクラッシュが修正されました。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンのプレビューとみなされているため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。既に認識している問題は次のとおりです。

  • VB エディターでは、コード ウィンドウでオブジェクト ドロップダウンをクリックすると (たとえば、ThisWorkbook オブジェクト)、エラーが発生します。 

  • マルチスレッド計算が新しいブックで有効ではない場合があります。

  • セルに値が含まれていても、セルの内容が空白で表示される場合があります。この問題は現在調査中ですが、この問題にお気付きの場合はスクリーン ショットのフィードバックを引き続き送信することができます。 

バージョン: 16.8 (ビルド 171111)

新機能と改善された機能

  • マルチスレッド再計算 - マルチスレッド再計算の導入により、多くのケースでブックの再計算が速くできるようになりました。

  • まだ導入していない場合は、10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能の更新を確認してください。

バグ修正

  • ボタンやコンボ ボックスなどのフォーム コントロールの使用時のクラッシュを含む、多数のクラッシュが修正されました。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンのプレビューとみなされているため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。既に認識している問題は次のとおりです。

  • VB エディターでは、コード ウィンドウでオブジェクト ドロップダウンをクリックすると (たとえば、ThisWorkbook オブジェクト)、エラーが発生します。 

  • バージョン 16.8 のブックで計算速度の改善が確認されている場合に、バージョン 15.x でブックを開いて保存すると、このブックはバージョン 16.8 でもう一度開いたときにマルチスレッド再計算の効果が得られません。

  • セルに値が含まれていても、セルの内容が空白で表示される場合があります。この問題は現在調査中ですが、この問題にお気付きの場合はスクリーン ショットのフィードバックを引き続き送信することができます。 

バージョン: 16.8 (ビルド 171107)

新機能と改善された機能

(10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能の更新を確認してください)

バグ修正

  • 多くのクラッシュが修正されました。

  • 一部のメニュー項目が重複していました。

  • CMD + Shift + T キーを押すことで、オート SUM の数式が挿入されるようになりました。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンのプレビューとみなされているため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。既に認識している問題は次のとおりです。

  • フォーム コントロールを挿入すると、Excel がクラッシュします。

  • 数式バーでのフォント サイズが予想より小さくなります。

  • VB エディターでは、コード ウィンドウでオブジェクト ドロップダウンをクリックすると (たとえば、ThisWorkbook オブジェクト)、エラーが発生します。 

バージョン:  16.8 (ビルド 171101)

バグ修正

  • Mac OS の言語が英語でなくても、一部のテキストが英語で表示される問題を修正しました。

  • この更新プログラムには、特定のシナリオでのクラッシュの発生を回避するための修正プログラムがいくつか含まれています。含まれる追加の修正プログラムについては 11 月 1 日のノートを参照してください。

バージョン:  16.7 (ビルド 171029)

新機能と改善された機能

(10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能の更新を確認してください)

バグ修正 (ハイライト)

  • 新しいブックは画面の大部分を占めるのではなく、小さなウィンドウで表示されるようになりました。

  • 数式パレット ウィンドウで作業しているときの "この関数のヘルプ" へのリンクに関する問題が修正されました。

  • Option + Return キーを押してセルを編集しているときに、新しいテキストの行を追加できるようになりました。

  • Visual Basic エディターで [Excel] ボタンをクリックして、Excel ウィンドウを表示できるようになりました。

  • Excel で別のシートに切り替えたときに、Visual Basic エディターが表示される問題が修正されました。

  • カスタム ビューへの切り替えに関する問題が修正されました。

  • VoiceOver で検索中に見つかったアイテム数が通知されず、検索で見つかったアイテムにユーザーが移動するときに、その場所が通知されない問題が修正されました。

  • 数式パレット ウィンドウでユーザー定義関数を使用しようとする場合など、複数のクラッシュが修正されました。

  • [表示形式] ダイアログの説明文が、間違ったタイミングで表示されていました。

  • 一部のボタンやラベルが重ねて表示されている場合の [重複の削除] ダイアログに関する問題が修正されました。

  • "右から左" 方向のワークシートで、水平スクロール バーが逆方向にスクロールしました。

  • コメントの編集に関するいくつかの問題が修正されました。

  • 一部の VBA マクロとアドインが実行できないという問題が修正されました。

  • VB エディターを使用した後、新しいブック テンプレートとサインイン ページが間違った言語で表示される問題が修正されました。

  • 用紙サイズ ギャラリーで、一部の用紙サイズが間違って一覧に表示されていました。

  • 設定した時間制限に到達しても、ソルバーが停止しませんでした。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンのプレビューとみなされているため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。既に認識している問題は次のとおりです。

  • 数式バーでのフォント サイズが予想より小さくなります。

  • 場合によっては、Mac OS の基本設定で指定した小数点および桁区切りが Excel で使用されません。

  • CMD + Shift + T キーを押してもオート SUM の数式が挿入されません。

  • 列幅が十分であっても、一部の表示形式を使用すると、数値がすべてハッシュ (#) として表示されます。

  • Retina 画面と Retina 以外の画面の間でウィンドウをドラッグした場合、シートのコンテンツが正しくスケーリングされないことがあります。 問題を回避するには、拡大および縮小をもう一度行ってください。

  • コメントとセルをつなぐためのコメントの矢印が表示されないことがあります。

バージョン:  16.7 (ビルド 171020)

お客様からのフィードバックは、製品の改善に役立ちます。 問題に気付いた場合は、アプリケーションの上隅にある "顔文字" ボタンをクリックし、改善の必要な点またはご満足いただけた点についてお知らせください。

新機能と改善された機能

(10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能の更新を確認してください)

バグ修正

  • 米国以外のキーボードを使用するときに発生するいくつかの問題が修正されました。

  • 数式 =INFO("system") で、正しい結果 "mac" が得られるようになりました。

  • テキスト ファイル ウィザードの [インポート形式] 選択ドロップダウンに一部のファイルの種類が表示されませんでした。

  • 特定の状況でのクラッシュまたはハングを回避するために多くの修正を行いました。

  • 他にも多くのバグが修正されました。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンのプレビューとみなされているため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。既に認識している問題は次のとおりです。

  • 英語以外の言語の文書を閉じると、[保存しない] と表示されるはずのボタンに [すべて保存] と表示されます。

  • 数式バーでのフォント サイズが予想より小さくなります。

  • 場合によっては、Mac OS の基本設定で指定した小数点および桁区切りが Excel で使用されません。

  • CMD + Shift + T キーを押してもオート SUM の数式が挿入されません。

  • 列幅が十分であっても、一部の表示形式を使用すると、数値がすべてハッシュ (#) として表示されます。

  • Retina 画面と Retina 以外の画面の間でウィンドウをドラッグした場合、シートのコンテンツが正しくスケーリングされないことがあります。 問題を回避するには、拡大および縮小をもう一度行ってください。

  • コメントとセルをつなぐためのコメントの矢印が表示されないことがあります。

  • 数式ウィンドウで数式を作成しているときに、ヘルプへのリンクが動作しません。

バージョン:  16.7 (ビルド 171017)

お客様からのフィードバックは、製品の改善に役立ちます。 問題に気付いた場合は、アプリケーションの上隅にある "顔文字" ボタンをクリックし、改善の必要な点またはご満足いただけた点についてお知らせください。

新機能と改善された機能

(10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能の更新を確認してください)

バグ修正

  • コピー/貼り付けに関する多くの問題を修正しました。

  • シート名全体が表示されるようにシートのタブに関する問題を修正しました。

  • 特定の状況でのクラッシュまたはハングを回避するために多くの修正を行いました。

  • ショートカット キーに関するいくつかの問題を修正しました。たとえば、範囲の末尾に移動する CMD + 方向キー、テキストを中央に揃える CMD + E キーなどが挙げられます。

  • 基本設定の設定および保存に関するいくつかの問題を修正しました。

  • 複数のウィンドウを使用してすべてのドキュメント ウィンドウを開く場合の問題を修正しました。

  • マウスを使用したドラッグ操作で行または列のサイズを変更する場合、期待どおりにヒントが表示されるようになりました。

  • スライサーで複数のボタンを選択できない問題を修正しました。

  • テキスト ファイル ウィザードで、右側にスクロールしてすべての列を確認できるようになりました。

  • ズーム後に正しく表示されない "ウィンドウ枠の固定" に関する問題を修正しました。

  • VBA でのいくつかの問題を修正しました。たとえば、Application.OperatingSystem が正しい値を返すようになりました。

  • 他にも多くのバグが修正されました。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンのプレビューとみなされているため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。既に認識している問題は次のとおりです。

  • 数式バーでのフォント サイズが予想より小さくなります。

  • 場合によっては、Mac OS の基本設定で指定した小数点および桁区切りが Excel で使用されません。

  • CMD + Shift + T キーを押してもオート SUM の数式が挿入されません。

  • 数式 =INFO("system") から間違った結果 "pcdos" が与えられます。

  • 列幅が十分であっても、一部の表示形式を使用すると、数値がすべてハッシュ (#) として表示されます。

  • テキスト ファイル ウィザードの [インポート形式] 選択ドロップダウンに一部のファイルの種類が表示されません。

  • 新しいブックには既定の名前が与えられますが、以前の名前とは異なります。以前、既定の名前は "Workbook1" でしたが、"Book1" になります。既定のファイル名を参照するスクリプトまたは VBA マクロを使用している場合、影響が出る可能性があります。

  • Retina 画面と Retina 以外の画面の間でウィンドウをドラッグした場合、シートのコンテンツが正しくスケーリングされないことがあります。 問題を回避するには、拡大および縮小をもう一度行ってください。

  • アプリケーションの開始に予想よりも時間がかかることがあります。

  • コメントとセルをつなぐためのコメントの矢印が表示されないことがあります。

  • 数式ウィンドウで数式を作成しているときに、ヘルプへのリンクが動作しません。

バージョン:  16.7 (ビルド 171008)

新機能と改善された機能

(10 月 2 日の更新プログラムのメモに記載されている主な機能を確認してください)

バグ修正

  • 特定の状況でのクラッシュまたはハングを回避するために多くの修正を行いました。

  • ショートカット キーに関するいくつかの問題を修正しました。たとえば、セルの編集時に CMD + A キーを押すと、範囲が選択されるのではなく、セル内のテキストが選択されるようになりました。

  • 範囲の選択、値の入力、CMD + Return キーの使用に関する問題を修正しました。選択した範囲内のすべてのセルに値をコミットするようになりました。

  • 多数の軽微なバグが修正されました。

既知の問題

既に認識している問題は次のとおりです。

  • 新しいブックには既定の名前が与えられますが、以前の名前とは異なります。以前、既定の名前は "Workbook1" でしたが、"Book1" になります。既定のファイル名を参照するスクリプトまたは VBA マクロを使用している場合、影響が出る可能性があります。

  • Retina 画面と Retina 以外の画面の間でウィンドウをドラッグした場合、シートのコンテンツが正しくスケーリングされないことがあります。 問題を回避するには、拡大および縮小をもう一度行ってください。

  • 多数のショートカット キーが期待どおりに動作していません。

  • アプリケーションの開始に予想よりも時間がかかることがあります。

  • コメントとセルをつなぐためのコメントの矢印が表示されないことがあります。

  • 数式ウィンドウで数式を作成している場合、ヘルプのリンクが機能しません。また、数式パレット ウィンドウを閉じるまでブックを閉じることはできません。

バージョン:  16.6 (ビルド 171001)

Excel for Mac バージョン 16.7 を示すボックスについて_C3_201792132824

新機能と改善された機能

  • 共同作業 - Office 365 サブスクライバーの場合、OneDrive および SharePoint に保存されたブックを他のユーザーと同時に編集できます。

  • 新機能 - Office 365 サブスクライバーの場合、式を簡素化したり短くしたりするために、新しい IFS 関数および SWITCH 関数を使用できます。

  • データ ソースとしてピボットテーブルを使用するグラフのサポートの向上 - ピボットテーブルを更新すると、グラフが更新されます。

  • テーブル スライサー - スライサーを追加して、テーブルをすばやくフィルター処理します。

  • 新しいモダンなグラフの種類 - Office 365 サブスクライバーの場合、箱ひげ図、じょうご、ヒストグラム、パレート、サンバースト、ツリーマップ、ウォーターフォールなどの新しいグラフの種類を使用してデータを視覚化できます。

  • Visual Basic for Applications (VBA) の更新 - Windows Office ユーザーが使用可能な追加のメソッド、プロパティ、およびオブジェクトの一部が、Mac でも動作するようになりました。Mac と Windows オブジェクト モデルの間にはまだ違いがあるため、一部の要素では引き続き “このプラットフォームではサポートされていません” と表示されます。オブジェクト モデルの変更の詳細については、まもなく公開される予定です。

バグ修正

  • ページ レイアウト ビューのパフォーマンスが改善されました。

既知の問題

このリリースは次のメジャー バージョンの最初のプレビューであるため、いくつかの問題が発生すると想定されます。 アプリケーション ウィンドウの上隅にある顔文字ボタンをクリックして、見つかった問題に関するフィードバックをお寄せください。 既に認識している問題は次のとおりです。

  • 新しいブックには既定の名前が与えられますが、以前の名前とは異なります。以前、既定の名前は "Workbook1" でしたが、"Book1" になります。既定のファイル名を参照するスクリプトまたは VBA マクロを使用している場合、影響が出る可能性があります。

  • 多数のショートカット キーが期待どおりに動作していません。

  • アプリケーションの開始に予想よりも時間がかかることがあります。

  • コメントとセルをつなぐためのコメントの矢印が表示されないことがあります。

  • 数式ウィンドウで数式を作成しているときに、ヘルプへのリンクが動作しません。

  • 範囲を選択し、入力して Cmd + Return キーを押した場合、アクティブなセルへの値のみが確定されます。

バージョン: 15.40 (ビルド 170926)

新機能と改善された機能

今週はありません。

バグ修正

  • 行番号が逆順になり、一部の行番号やコンテンツが想定される画像の鏡像として表示される問題を修正しました。 macOS バージョン 10.13 (High Sierra) を搭載したコンピューターは、この問題の影響を受けていました。

既知の問題

  • Touch Bar を搭載したコンピューターの場合、Excel で数式の記述を開始する際に等号 (=) キーを押すとクラッシュします。

バージョン: 15.39.0 (ビルド 170913)

新機能と改善された機能

  • 今週はありません。

バグ修正

  • 軽微なバグの修正

既知の問題

  • 場合によっては、行番号が鏡文字になっていたり、行の一部が逆順になっていたりすることがあります。また、一部の枠線が予期しない場所に表示されることもあります。 この問題は、MacOS 10.13 (High Sierra) にインストールされている Excel でのみ確認されています。  

バージョン:  15.39.0 (ビルド 170905)

新機能と改善された機能

  • Visual Basic エディターが改善されました。 Mac 用の Visual Basic IDE についてはこちらをご覧ください。

バグ修正

  • 軽微なバグの修正

既知の問題

  • 今週はありません。

バージョン: 15.39.0 (ビルド 170829)

新機能と改善された機能

今週はありません。

バグ修正

軽微なバグの修正

既知の問題

今週はありません。

バージョン: 15.38.0 (ビルド 170822)

新機能と改善された機能

  • 今週はありません。

バグ修正

  • セキュリティ パッチ:Excel 4 マクロのセキュリティ警告が追加

  • 問題:一部のファイルを特定の順序で開くとクラッシュします。

既知の問題

  • 今週はありません。

バージョン: 15.38.0 (ビルド 170815)

新機能と改善された機能

  • 今週はありません。

バグ修正

  • スプレッドシートを再度開くと、適切な行の高さにならないという問題を解決しました。スプレッドシートに折り返しテキストを含むセルが存在し、このセルの行の高さが自動調整機能を使って調整されていた場合、行の高さは大きくなります。 前回の Insider ファースト リリースは、この問題の影響を受けていました。

既知の問題

  • 今週はありません。

バージョン: 15.38.0 (ビルド 170809)

新機能と改善された機能

  • 今週はありません。

バグ修正

  • 軽微な問題がいくつか修正されました。

既知の問題

  • 場合によって、行の高さは、自動調整機能を使用して文字列を折り返して表示するように設定されているセルが行内に含まれる場合、ドキュメントを開くときに広くなります。

バージョン: 15.38.0 (ビルド 170801)

新機能と改善された機能

  • 今週はありません。

バグ修正

  • 特定地域の一部の文書テンプレートが修正され、関連する地域の内容が含まれるようになりました。

  • 軽微な問題がいくつか修正されました。

既知の問題

  • 場合によって、行の高さは、自動調整機能を使用して文字列を折り返して表示するように設定されているセルが行内に含まれる場合、ドキュメントを開くときに広くなります。

ノートとニュース

  • Microsoft のチームに直接、問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、アプリの右上隅にある顔文字をクリックし、[気に入った機能を通知する] または [改善要望を通知する] をクリックします。

  • Office Insider コミュニティから、または Twitterから、Microsoft または他の Insider に連絡してください。

  • ファースト レベルになるには、[ヘルプ]、[更新プログラムの確認]、[Office Insider プログラムに参加して、新機能をいち早くお試しください]、[Office Insider ファースト] の順にクリックします。

バージョン: 15.37.0 (ビルド 170725)

新機能と改善された機能

  • 今週はありません。

バグ修正

  • Fn キーを押しながら上下方向キーを押してページを移動した後、セルの値を削除すると、実際には削除されていても、そのセルに引き続き同じ値が表示されるという問題が修正されました。

  • 軽微なバグの修正。

既知の問題

  • 今週はありません。

バージョン: 15.37.0 (ビルド 170704)

新機能と改善された機能

  • ヘッダーとフッターに画像を追加できるようになりました (リリースは 2017 年 6 月でしたが、ここには文書化されていませんでした)。

ヘッダーまたはフッターの画像挿入_C3_2017610163735

  • バグ修正

  • ヘッダーとフッターの画像 - 印刷すると画質が低下するという問題が修正されました。

既知の問題

  • 現在、既知の問題はありません。

追加情報:

  • Microsoft のチームに直接、問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、アプリの右上隅にある顔文字をクリックし、[気に入った機能を通知する] または [改善要望を通知する] をクリックします。

  • 前の作業バージョンに戻す必要がある場合、[アプリケーション] フォルダーに移動して "Microsoft Excel.app" をごみ箱に移してから Office.com のアカウント ページに移動して、Insider ではない最新のバージョンを再インストールします。 以前のバージョンをインストールする前に、新しいバージョンをごみ箱に移す必要があります。

  • Office Insider コミュニティから、または Twitterから、Microsoft または他の Insider に連絡してください。

  • ファースト レベルになるには、[ヘルプ]、[更新プログラムの確認]、[Office Insider プログラムに参加して、新機能をいち早くお試しください]、[Office Insider ファースト] の順にクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×