Excel 2016 の Power View と OLAP

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel 2016 で OLAP キューブ (多次元キューブとも呼ばれます) に接続し、Power View を使用して興味深く、説得力のあるレポート ページを作成できます。

多次元データソースに接続するには、リボンから [データ]、[外部データの取り込み]、[その他のデータソース]、[nalysis Services] の順に選びます。

Analysis Services への接続

データ接続ウィザードで、キューブがホストされているサーバーの名前を入力し、適切な資格情報を入力します。

データベース サーバーへの接続

ダイアログ ボックスにそのサーバーで使用できるデータベース、テーブル、キューブの一覧が表示されます。

キューブの選択

使用するキューブを選んだら、[次へ] を選び、ブック内で接続されたデータを表示する場所を選ぶことができます。 この場合、Power View レポートを作成するので、[Power View レポート] の横にあるラジオ ボタンを選びます。

Power View レポートへの送信

[Power View フィールド] ウィンドウで、キューブで使用可能なフィールドを表示してアクセスできます。

値が入力された Power View のフィールド ウィンドウ

これで、キューブからのデータを使用して説得力のあるレポートを作成する準備ができました。 次のような、さまざまな種類のデータが見つかります。

メジャー グループ: キューブで見つかるメジャーの集まりです。

メジャー グループ

メジャー グループ内のメジャーと KPI: メジャー グループ内の個別のメジャーKPI を使用することもできます。 [メジャー グループ] を展開すると、次の画面に示すようにメジャー グループ内の使用可能な要素が表示されます。

メジャー グループ内のメジャーと KPI

ディメンション、属性、階層: 他のレポートで使う場合と同様に、キューブの他のフィールドも使用できます。

ディメンション、属性、階層

これらのすべての使用可能なフィールドを使用し、Power View と OLAP キューブで対話形式の効果的なレポートを作成できます。

OLAP データが表示された Power View レポート

その他のリソース

Power View、OLAP、Analysis Services の詳細については、以下のリンクを参照してください。

Power View - 概要と学習

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

Power View と Power Pivot のビデオ

Analysis Services からのデータの取得

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×