Excel 2016 でスクリーン リーダーを使用する方法のヘルプ

この記事のリンクを使用して、Excel 2016 でスクリーン リーダーを使用する方法については、この記事のリンク先を参照してください。リンク先の記事は、Excel 2016 の操作に関するヘルプです。

スクリーン リーダーと Excel_2016 を使って、ブックを作成、編集、および共有できます。

スクリーン リーダー、音声認識ツール、色のコントラスト ツールなどの多くのアクセシビリティ機能は、Windows、Mac、または Android などのプラットフォームに固有です。お使いのデバイスで動作するアクセシビリティの設定と機能については、「Set up your device to work with accessibility in Office 365」 (デバイスをセットアップし、Office 365 のアクセシビリティを操作する) を参照してください。 

Excel 2016 を起動する

Excel 2016 を起動するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • Windows ロゴ キーを押し、「Excel 2016」と入力してから Enter キーを押します。

  • 開きたい Excel ブックに移動し、Enter キーを押します。ブックが Excel で開きます。

    注: ユーザー インターフェイスの外観や Excel 2016 でのキーボードを使った操作方法を確認するには、「Excel のアクセシビリティ」を参照してください。

Excel 2016 とスクリーン リーダーでさらにタスクを行う

Excel 2016 for Windows のキーボード ショートカット

Excel 2016 でスクリーン リーダーを使用する方法のヘルプ

スクリーン リーダーを使って Excel 2016 で基本的な作業を行う

Excel 2016 でスクリーン リーダーを使ってブックを作成する

スクリーン リーダーを使用して Excel 2016 のワークシートにテーブルを挿入する

Use a screen reader to find and replace data in Excel 2016 (Excel 2016 でスクリーン リーダーを使ってデータを置き換える)

Use a screen reader to name a cell or data range in Excel 2016 (Excel 2016 でスクリーン リーダーを使ってセルまたはデータの範囲に名前を付ける)

スクリーン リーダーを使用して Excel ブックを印刷する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×