Excel 2013 を使って新しい Project Server レポートを作成する

< その他の Project のヘルプ

Microsoft Excel 2013 を使って Project Server 2013 データに接続し、レポートを作成できます。

この記事では、Excel 2013 と Project Server 2013 データの間にデータ接続を作成し、ピボットテーブル レポートを使ってプロジェクトのリストを表示する方法について説明します。Excel 2013 と Project Server データへの OData 接続を使うとより多くのことを実行できますが、初めてのユーザーにはこの例が簡単でわかりやすいでしょう。

ステップ 1: Project Server 内に Excel 2013 データへの接続を作成する

最初のステップでは、Excel 2013 内に Project Server データを参照する接続を作成します。

Project Server 内に Excel 2013 データへの接続を作成するには:

  1. Excel 2013 で新しい空のブックを開きます。

  2. [データ] タブの [外部データの取り込み] グループで [その他のデータ ソース] をクリックし、[OData データ フィードから選択] をクリックします。

  3. [1. データ フィードの場所] の下の [リンクまたはファイル] ボックスで、Project Web App インスタンスの URL を入力し、続いて「/_api/ProjectData/」と入力します。

    たとえば、https://contoso.com/sites/pwa で Project Web App にアクセスする場合は、[リンクまたはファイル] ボックスに https://contoso.com/sites/pwa/_api/ProjectData/ を入力します。

  4. [データ接続ウィザード] ダイアログ ボックスで、[プロジェクト] の横のチェック ボックスをオンにして、[次へ] をクリックします。

  5. [データ接続ファイルを保存して終了] ステップで、[完了] をクリックします。

  6. [データのインポート] ダイアログ ボックスで、[ピボットテーブル レポート] を選んで [OK] をクリックします。

手順は以上です。これで、Project Server データベースの [プロジェクト] に保存されているデータに接続されました。

ステップ 2: レポートに含めるデータを選ぶ

次に、プロジェクト データのどの部分をレポートに含めるかを選んで、レポートを構成する必要があります。この簡単な例では、プロジェクト名とプロジェクト所有者の名前の 2 つのデータ ポイントを選びます。

シンプルなピボットテーブル レポートを作成するには、次の手順に従います。

  1. Excel 2013 ウィンドウの右側にある [ピボットテーブル フィールド] ペインで、[プロジェクト名] と [プロジェクトの所有者名] の横のチェック ボックスをオンにします。

  2. リボンの [ピボットテーブル ツール] の下にある [分析] タブと [デザイン] タブのオプションを使って、ピボットテーブル レポートをカスタマイズします。

ステップ 3: レポートを Project Server に保存する

レポートを作成したら、最後にそのレポートを Project Server に保存します。この操作を行うと、Excel Online を使って後から簡単にアクセスできます。

ピボットテーブル レポートを Project Server に保存するには、次の手順に従います。

  1. Excel 2013 で [ファイル] をクリックします。

  2. [保存]、[Microsoft]、[参照] の順にクリックします。

  3. 最上部のバーに現在の場所が一覧されており、URL を右クリックして、[アドレスの編集] をクリックします。

  4. 場所ボックスに Project Web App サイトの URL を入力して、Enter キーを押します。

    たとえば、「https://contoso.microsoftonline.com/sites/pwa」と入力して、Enter キーを押します。

  5. 一覧を下にスクロールして、[サイトとワークスペース] の下にある [ビジネス インテリジェンス センター] をダブルクリックします。

  6. [サンプル レポート] ライブラリをダブルクリックします。

  7. [英語 (米国)] をダブルクリックします。

  8. [ファイル名] ボックスに新しいレポートの名前を入力して、[保存] をクリックします。

レポートを Project Server ビジネス インテリジェンス センターに保存したら Excel 2013 のレポートを閉じます。これで、ブラウザーでレポートに移動して Project Web App を使って開くことができるようになります。

重要: Excel Online に、Excel 2013 でレポートが最後に更新された時点からのプロジェクト データが表示されます。最新のプロジェクト データを Excel Online に表示するには、まず Excel 2013 でレポートを開き、データを更新し、レポートを Project Server に保存し直します。

ステップ 4: Project Server でレポートを開く

Project Server にレポートを保存したら、ビジネス インテリジェンス センターに移動して、Excel Online を使ってレポートを開くことができます。これで、どこからでも Project Web App にアクセスしてレポートを表示できるようになります。

重要: Excel Online に、Excel 2013 でレポートが最後に更新された時点からのプロジェクト データが表示されます。最新のプロジェクト データを Excel Online に表示するには、まず Excel 2013 でレポートを開き、データを更新し、レポートを Project Server に保存し直します。

レポートを Excel Online で開くには、次のようにします。

  1. Project Web App で、サイド リンク バーの [レポート] をクリックします。

  2. ビジネス インテリジェンス センターで、サイド リンク バーの [サイト コンテンツ] をクリックします。

  3. [リスト、ライブラリ、その他のアプリ] で、[サンプル レポート] をクリックします。

  4. [英語 (米国)] をクリックします。

  5. Excel Online で開くレポートの名前をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×