Excel 2013 で Power View シートを作成する

重要: Power View と PowerPivot は、Office Professional Plus エディション、Office 365 Professional Plus エディション、Excel 2013 の Standalone エディションでのみ利用できます。「Power Pivot を含む Excel 2010 ブックが Excel 2013 の一部のバージョンで動作しない」を参照してください。お使いの Office のバージョンを確認するには、こちらを参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Microsoft Excel 2013 で Power View シートを作成するのは簡単です。

  • [挿入] タブ、[Power View] の順にクリックします。

Power View のアイコンがグレー表示されている場合は、「Power View アドインを有効にする」必要があります。

ヒント:  データの範囲だけでなく、Excel テーブルを使用することをお勧めします。データに基づいて Power View シートを挿入する前に、Excel のテーブルを作成します。

注: Excel 2013 で Excel 2010 ブックを開き、Power View シートを挿入すると、そのブックに、以前のバージョンの PowerPivot アドインを使って作られたPowerPivot データ モデルがあることを示すメッセージが表示されることがあります。その場合、ブックをアップグレードし、Power View シートを追加できます。ただし、アップグレードすると、アップグレード後のブックを Excel 2010 で開くことはできなくなります。

詳細については、「Power View でできるその他の操作」を参照してください。

この記事の内容

Power View を初めて起動する

[Excel のオプション] から Power View アドインを有効にする

Power View シートを外部データに接続する

"Power View には、作業対象のデータが必要です"

"クエリ実行エラー"

Silverlight がインストールされていても Excel にインストールされていないと表示される

Power View を初めて起動する

Power View シートを初めて挿入すると、Power View アドインを有効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます。

  • [有効にする] をクリックします。

Power View には Silverlight が必要です。そのため、初めてで Silverlight がない場合は、次の操作を実行します。

  1. [Silverlight のインストール] をクリックします。

    ヒント: その他のブラウザーではなく Internet Explorer から Silverlight をインストールしてください。

  2. Silverlight のインストール手順を実行したら、Excel で [再読み込み] をクリックします。

[Excel のオプション] から Power View アドインを有効にする

Power View アドインは、Excel の [挿入 ] メニューで Power View のアイコンがグレー表示されている場合でも有効にできます。

  1. [ファイル]、[オプション]、[アドイン] の順にクリックします。

  2. [管理] ボックスで、ドロップダウン矢印をクリックし、[COM アドイン]、[実行] の順にクリックします。

  3. [Power View] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

Power View シートを外部データに接続する

Excel の外部データ モデルに接続された Power View シートを作成することもできます。

"Power View には、作業対象のデータが必要です"

Power View のフィールド リストに "Power View には、作業対象のデータが必要です" というメッセージが表示される場合は、次の操作を実行します。

  1. ブック内のデータを含むシートに戻り、データを含むセルの範囲を選びます。

  2. [挿入] タブの [Power View] をもう一度クリックします。

別の Power View シートを作成したり、既に作成したシートにデータを追加したりできます。

Power View によって、フィールド リストに範囲が追加され、Power View シートに直接データが追加されます。

"クエリ実行エラー"

Excel で Power View を操作しようとしたときにクエリ実行エラーが発生する場合は、32 ビット (x86) 版の Excel 2013 をインストールしていることが原因として考えられます。

解決方法: 64 ビット版の Excel 2013 のインストールを検討してください。

Silverlight がインストールされていても Excel にインストールされていないと表示される

Silverlight をインストールしていても、インストールする必要があることを示すメッセージが表示されることがあります。

  1. Silverlight をアンインストールします ([コントロール パネル]、[プログラムのアンインストール])。

  2. Silverlight を再インストールします

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×