Excel 2013 で関数を使用する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

関数とは、あらかじめ定義された数式で、作業の効率を向上させるのに役立ちます。たとえば、SUM 関数は大量の数値やセルを加算し、PRODUCT 関数はそれらを乗算します。

さらに詳しく

オート SUM を使用して数値を合計する

数式を作成して数値を合計する

オート SUM を使うと、行と列の隣接したセルの加算が簡単になります。

「=A3+A4+A5+A6」と入力することもできますが、この方法は面倒です。

代わりに、行の右または列の下にあるセルをクリックします。

次に、[ホーム] タブで、[オート SUM] をクリックし、数式が適切であることを確認したら、[オート SUM] を再びクリックします。

オート SUM で、行または列が自動的に加算されます。これは、とても便利です。

オート SUM を使っているセル内をダブルクリックすると、SUM 関数を使った数式であることがわかります。

関数はあらかじめ定義された数式です。関数を使うと、時間を節約できます。

SUM 関数の構文は、SUM、左かっこ、

カンマで区切られた数値やセル参照などの引数、そして右かっこです。

この数式は、SUM、A3、コロン、A6 です。

コロンはセルの範囲を示します。この数式では、A3 から A6 までのセルを加算します。

数個のセルを加算するときは、SUM 関数で時間を節約できますが、セルが広範囲にわたる場合、SUM 関数は不可欠です。

ここでオート SUM を使うと、列全体ではなく隣接したセルだけが加算されます。

なぜでしょうか。B5 が空になっているからです。

B5 が空でなければ、B3 から B6 までがセルの隣接範囲になり、オート SUM によって認識されます。

隣接していないセルとセル範囲を加算するには、

「SUM」と入力し、Ctrl キーを押しながら目的のセルとセル範囲をクリックし、Enter キーを押します。

SUM 関数を使って数値が含まれるセルを加算しますが、空のセルは無視されます。

減算は加算に似ていますが、減算を行う関数はありません。

減算を行うには、数値またはセル、マイナス記号、次の数値またはセルのような基本的な数式を使います。

SUM 関数は、数値に負の値が含まれていても使用できます。

キーボード ショートカットでオート SUM を実行するには、Shift と Alt キーを押しながら = キーを押し、Enter キーを押します。

これは、6 - 3 + 4 - 5 に等しくなります。

ある SUM 関数の結果から別の SUM 関数の結果を減算することもできます。

「SUM」を入力し、セル範囲を選択し、マイナス記号を入力し、「SUM」と入力し、別のセル範囲を選択し、Enter キーを押します。

加算でも述べたように、セルを乗算するには、「=A3*A4*A5*A6」と入力することもできますが、この方法は面倒です。

乗算をすばやく行うには、PRODUCT 関数を使って数値またはセルを乗算します。

PRODUCT 関数は SUM 関数に似ていますが、数値の加算ではなく乗算を行います。

これは、時間を節約する方法のもう 1 つの例です。

PRODUCT 関数の構文は、PRODUCT、左かっこ、

カンマで区切られた数値やセル参照などの引数、そして右かっこです。

1 つの数式でセルとセル範囲を乗算するには、

「PRODUCT」と入力し、Ctrl キーを押しながら目的のセルとセル範囲を選択し、Enter キーを押します。

数式は PRODUCT 関数を使って数値が含まれるセルを乗算しますが、空のセルは無視されます。

除算は乗算に似ていますが、除算を行う関数はありません。

基本的な数式は、数値またはセル、スラッシュ、次の数値またはセルのようになります。

PRODUCT 関数などの結果を SUM 関数などの別の関数の結果で除算することもできます。

この数式は、B3 から B6 までのセルを乗算した結果を C3 から C6 までのセルを加算した結果で除算します。

次のビデオでは、演算の順序について説明します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×