Excel 2013 で起動時の問題を解決する方法

Excel 2013 アプリケーションの起動に問題はありませんか? この記事では、Excel 2013 で発生する起動時の問題に関して、考えられる原因と問題の解決手順について説明します。

Excel 2013 を起動できない理由

  • Excel 2013 へのショートカットが破損している

  • 別のプログラムと競合している

  • Excel の起動フォルダーまたは代替の起動ファイルの場所に問題のファイルが存在する

  • Microsoft Office のコア ファイルのバージョンが間違っている

  • Excel ツール バー ファイル (*.xlb) または Excel .pip ファイルが破損している

  • アドインが破損している

  • レジストリ キーが破損している

  • Excel ファイルを開くときに他の問題が発生している

Windows の更新

Windows の最新の更新プログラムがコンピューターにインストールされていることを確認してください。ソフトウェアの問題の多くは、更新プログラムで解決されています。以下の修復手順に進む前に、更新プログラムのインストール、コンピューターの再起動、Excel の起動をお試しください。手動更新と自動更新の詳細については、「コンピューターを更新する」の記事を参照してください。

これでも問題が解決されず、"動作が停止しました" というエラーが表示される場合は、次のセクションに進んで Excel のトラブルシューティングと修復を行います。

自分で解決する

以下の手順で、破損したアドインの問題を修復できます。

  1. セーフ モードで Excel を起動するには、Windows 8 のスタート画面を表示して、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. ダイアログ ボックスに「excel /safe」と入力します。

Excel がセーフ モードで起動したら、一度に 1 つずつアドインを無効にしていきます。

  1. [ファイル] タブをクリックして、[オプション] をクリックします。

  2. [オプション] メニューが表示されたら、[アドイン] をクリックします。

  3. メニューの一番下で、[管理] ボックスの一覧の横にある [設定] をクリックします。

  4. アドインのいずれかをオフにして、[OK] をクリックします。

  5. アプリケーションを再起動しますが、セーフ モードは使いません。

Excel が問題なく起動した場合、無効にしたアドインに問題があったことがわかります。 Excel が起動しない場合、すべてのアドインが無効になるまで手順 1 ~ 7 を繰り返します。

セーフ モードにしても、アドインを無効にしても、Excel 2013 が起動しない場合はどうすればよいですか?

Excel 2013 がセーフ モードで起動しない場合、またはすべてのアドインを無効にしても Excel が起動しない場合、別のプログラムと競合している可能性があります。問題を特定して解決できるように、セーフ モードまたは別の高度なトラブルシューティング モードで Windows を起動しなければならない場合があります。Windows のセーフ モードの詳細については、「Windows のスタートアップ設定」の記事を参照してください。またはサポートにお問い合わせください。

関連項目

サポート技術情報の記事: Excel 起動時の問題のトラブルシューティング方法

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×