Excel 2013 で廃止、変更された機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel 2013 では、次の機能が廃止または大幅に変更されています。

新機能や改良された機能については、「Excel 2013 の新機能」をご覧ください。

ワークスペース保存の廃止

ブラウザー表示オプションの場所の変更

グラフ内の個々のデータ系列のグラフの種類の変更における変更点

[テンプレートとして保存] の [グラフ ツール] リボンからの削除

縦棒グラフと横棒グラフの形に加えられたピラミッドと円すいのグラフの種類に関する変更

[既存のファイルから新規作成] オプションの廃止

ブック テンプレートの保存方法と使用方法に加えられた変更点

分割ボックス コントロールの廃止

スタート画面の空のブックは Book.xltx に基づかない

Microsoft クリップ オーガナイザーの廃止

Microsoft Office Picture Manager の廃止

Office Backstage ビューの [終了] の廃止

Office での FAX テンプレートのインストールの廃止

英文アシスタント サービスは使用できなくなりました。

韓国語のリファレンス (KOLR) サービスは使用できなくなりました。

ワークスペース保存の廃止

すべてのウィンドウの現在のレイアウトをワークスペースとして保存することはできなくなりました。Excel で [作業状態を保存] は使うことはできなくなったので、それをクイック アクセス ツール バーに追加することもできません。ただし、以前のバージョンの Excel で作成したワークスペース ファイル (*.xlw) を開くことは可能です。

Excel 2013 で複数のウィンドウを表示するには、表示するブックを開くか、新しいウィンドウを作成し ([表示]、[新しいウィンドウを開く] の順にクリック)、作業しやすいように配置します ([表示]、[並べて表示] の順にクリック)。

ブラウザー表示オプションの場所の変更

ブックを Web に保存する際に、ユーザーがそれを表示したときにブックがどのように表示されるかを設定することができます。これらのオプションは、以前は、SharePoint にブックを保存するときの [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスにありました。現在は、これらのオプションを設定するには、[ファイル]、[情報]、[ブラウザーの表示オプション] の順にクリックします。

[ブラウザーの表示オプション] ボタン

設定作業が終わったら、ブックを [OneDrive] または [その他の Web サービス] に保存します ([ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリック)。

グラフ内の個々のデータ系列のグラフの種類の変更における変更点

以前は、データ系列を選んでから [グラフ ツール]、[オプション]、[グラフの種類の変更] の順に選べば、個々のデータ系列をそれぞれ異なる種類のグラフに変更することができました。この操作では、選択したデータ系列のグラフの種類しか変更されませんでした。Excel 2013 では、自動的にグラフ内のすべてのデータ系列のグラフの種類が変更されます。

選択したデータ系列だけのグラフの種類を変更するには、グラフを複合グラフに変更する必要があります。グラフを選んで、リボンに [グラフ ツール] を表示し、[デザイン] タブで [グラフの種類の変更] をクリックし、[複合グラフ] を選びます。

[グラフの種類の変更] ダイアログ ボックスの複合グラフの種類

[テンプレートとして保存] の [グラフ ツール] リボンからの削除

Excel 2007-2010 では、リボンの [テンプレートとして保存] をクリックすると、グラフをテンプレートとして保存することができました ([グラフ ツール]、[デザイン]、[種類] より)。Excel 2013 では、リボンから [テンプレートとして保存] がなくなっています。

グラフをテンプレートとして保存するには、グラフを右クリックしてから [テンプレートとして保存] をクリックします。これで、グラフがグラフ テンプレート (*.crtx) として \\Appdata\Roaming\Microsoft\Templates\Charts フォルダーに保存されます。これを使ってグラフを作成したり変更したりするには、[グラフの挿入] ダイアログ ボックスまたは [グラフの種類の変更] ダイアログ ボックスを開いて、[すべてのグラフ] タブで [テンプレート] フォルダーを開きます。

縦棒グラフと横棒グラフの形に加えられたピラミッドと円すいのグラフの種類に関する変更

[グラフの挿入] ダイアログ ボックスと [グラフの種類の変更] ダイアログ ボックスで、横棒グラフと縦棒グラフのグラフの種類にピラミッドと円すいが表示されなくなりました。

代わりに、すべての 3-D 横棒グラフと 3-D 縦棒グラフにピラミッドと円すいの形を適用できるようになっています。3-D 横棒グラフまたは 3-D 縦棒グラフ内のデータ系列を右クリックし、[データ系列の書式設定] をクリックします。次に、[棒の形状]から形を選びます。

[データ系列の書式設定] 作業ウィンドウの 3D ピラミッドと円錐形

[既存のファイルから新規作成] オプションの廃止

Office では、既存のファイルを基にして新しいファイルを作成できる [既存のファイルから新規作成] オプションは、[ファイル] の [新規作成] をクリックしても利用できません。

代わりに、既存のブックを開き、異なるファイル名で保存できます ([ファイル] の [名前を付けて保存])。

または、使うブックが [最近使用したブック] フォルダー ([ファイル]、[開く]、[最近使用したブック] の順にクリック) にある場合は、ファイル名を右クリックして、[コピーを開く] を選びます。ファイル名に番号が追加されたコピーが作成されます。必要に応じて、異なるファイル名でブックを保存できます。

ブック テンプレートの保存方法と使用方法に加えられた変更点

以前のバージョンの Excel では、ブックをテンプレートとして保存すると、それは [使用できるテンプレート] の下の [マイ テンプレート] フォルダーに自動的に表示されていました ([ファイル]、[新規] の順にクリック)。

現在では、ブックをテンプレートとして保存しても、テンプレートを保存するフォルダーを (C:\Users\<User Name>\My Templates などとして) 自分で作成し、そのフォルダーを個人用テンプレートのための既定の場所にしていなければ、保存したブックが [新規] ページに [個人用] テンプレートとして自動的に表示されることはありません ([ファイル]、[新規作成] の順にクリック)。

テンプレートのための既定の場所を設定するには、[ファイル] タブで [オプション] をクリックします。[保存] タブの [個人用テンプレートの既定の場所] ボックスに、自分で作成したテンプレート フォルダーのパスを入力します。

ブックの保存のための設定を行うオプション

これで、そのテンプレート フォルダーに保存したすべてのカスタム テンプレートが、[新規] ページの [個人用] の下に自動的に表示されるようになります ([ファイル]、[新規] の順にクリック)。

個人用テンプレートの場所

分割ボックス コントロールの廃止

以前のバージョンの Excel では、ワークシートに分割ボックス コントロールを使用して、ワークシート上の任意の場所でウィンドウを複数のウィンドウに分割することができました。

分割ボックス

Excel 2013 では分割ボックス コントロールはなくなりましたが、リボンの [分割] を使えばウィンドウを複数のウィンドウに分割できます。分割バーを置く場所のセルを選び、[表示]、[分割] の順にクリックします。

分割バーは、以前と同様にドラッグすれば移動でき、水平分割バーも垂直分割バーもダブルクリックすれば削除できます。

スタート画面の空のブックは Book.xltx に基づかない

以前のバージョンの Excel では、よく使用するブック設定を、XLStart フォルダー (通常は C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Excel\XLStart) に保存されている Book.xltx というブック テンプレートに保存すれば、空の新しいブックを作成したときには、このテンプレートが自動的に開かれていました。

Excel 2013 を起動したときには、スタート画面が表示されるだけで、新しいブックが自動的に開かれることはありません。スタート画面でクリックできる空のブックは、Book.xltx には関連付けられていません。

新しいブックが自動的に Book.xltx を使用して開かれるように Excel をセットアップするには、次の手順を行います。

  • [ファイル]、[オプション] の順にクリックし、[全般] タブの [起動時の設定] にある [このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する] チェック ボックスをオフにします。次回、Excel を起動したときには、Book.xltx を使用するブックが開かれます。

[Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [起動時の設定]

Ctrl キーを押しながら N キーを押しても、Book.xltx を使用する新しいブックが作成されます。

Microsoft クリップ オーガナイザーの廃止

Microsoft クリップ オーガナイザーは Office 2013 に含まれていません。クリップ オーガナイザー機能は [図の挿入] ダイアログ ボックスに置換されました ([挿入]、[オンライン画像] の順にクリックします)。新しいオンライン画像の挿入機能を使うと、Office.com のクリップ アート コレクションやその他のオンライン リソース (Bing 画像/ビデオ検索、Flickr、OneDrive、Facebook ページなど) でコンテンツを見つけ、挿入できます。

Microsoft Office Picture Manager の廃止

Office 2013 には、Microsoft Office Picture Manager が含まれていません。Windows フォト ギャラリーによって、この機能は基本的に置き換えられました。

Office Backstage ビューの [終了] の廃止

以前のバージョンの Excel では、Excel を終了し、開いているすべてのブックを閉じる操作を、一度に行うことができます。Office Backstage ビューの他の閉じて終了するコマンド ([ファイル] タブ) との混乱を防ぐため、[終了] は Excel 2013 では削除されました。

[ファイル] の [閉じる] または閉じるボタン [閉じる] ボタン (アプリケーション ウィンドウの右上隅) をクリックしても、一度に 1 つのブックしか閉じません。多くのブックを開いていて Excel を終了したい場合、これでは時間がかかります。

クイック アクセス ツール バー ([ファイル]、[オプション]、[クイック アクセス ツール バー] の順にクリック) の [終了] を使うか、Windows タスク バーの Excel アイコンを右クリックして [すべてのウィンドウを閉じる] を選ぶと、以前と同じ方法で Excel を終了できます。

[すべてのウィンドウを閉じる] オプション

Office での FAX テンプレートのインストールの廃止

Office インストールのサイズを小さくするため、FAX テンプレートは含まれなくなっています。

Excel 2013 のインターネット FAX 機能 ([ファイル]、[共有]、[電子メール]、[インターネット FAX として送信] の順にクリック) を使って FAX を送信する前に、FAX テンプレートをダウンロードできます。[ファイル]、[新規] の順にクリックし、[オンライン テンプレートの検索] ボックスに「fax」と入力します。

英文アシスタント サービスは使用できなくなりました。

利用率が低いため、英文アシスタントの機能とサービスは使用できなくなりました。 詳細については、「英文アシスタントはどうなったのですか?」を参照してください。

サービスを使用しようとすると、インターネットに接続されている場合でも "インターネットに接続されていないため、このサービスでの検索を実行できませんでした。接続後に再度実行してください。" というメッセージが表示されます。

韓国語のリファレンス (KOLR) サービスは使用できなくなりました。

低の使用状況の理由により、韓国語言語リファレンス リサーチ サービスでは利用できなくします。これは、英語と韓国語バージョンの Excel に影響します。

サービスを使用しようとすると、インターネットに接続されている場合でも "インターネットに接続されていないため、このサービスでの検索を実行できませんでした。接続後に再度実行してください。" というメッセージが表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×