Excel 2010 の新機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、Microsoft Excel 2010 の新機能および強化された機能について説明します。

この記事の内容

適切なツールに適切なタイミングでアクセスする

リボンの改善

Microsoft Office Backstage ビュー

ブック管理ツール

従来にない新しい方法でブックにアクセスすることが可能

Microsoft Excel Online

Windows Phone 7 対応 Excel Mobile 2010

データのリストに基づいてすばやく効果的に比較する

スパークライン

ピボットテーブルの向上

スライサー

条件付き書式の向上

強力な分析をデスクトップから行う

Power Pivot for Excel アドイン

ソルバー アドインの向上

関数の正確さの向上

フィルター機能の向上

64 ビット Excel

パフォーマンスの強化

より視覚的なインパクトのあるブックを作成する

グラフ作成の向上

数式のサポート

テーマの拡充

リアルタイムのプレビューを使用した貼り付け

画像編集ツールの向上

従来にない新たな方法でブックの共同作業が可能

ブックを共同編集する

強化された Excel Services

アクセシビリティ チェック

言語ツールの向上

従来にない新しい方法でブックを拡張することが可能

プログラマビリティ機能の向上

ハイ パフォーマンス コンピューティングのサポート

適切なツールに適切なタイミングでアクセスする

新機能や機能強化された機能は生産性を上げるのに役立ちますが、必要な時に見つけることができなければ意味がありません。他の Microsoft Office 2010 プログラムと同様に、Excel 2010 には、ツールとコマンドのカスタマイズ可能な視覚システムで構成された、Microsoft Office Fluent インターフェイスが組み込まれています。

リボンの向上

従来メニューとツール バーの複雑な階層に埋もれていたコマンドおよび機能は、Excel 2007 で初めて採用されたリボンによって見つけやすくなりました。Excel 2007 では、クイック アクセス ツール バーをカスタマイズすることはできましたが、独自のタブやグループをリボンに追加することはできませんでした。しかし、Excel 2010 では、ユーザー設定のタブおよびグループを作成したり、組み込みのタブおよびグループの名前や順序を変更したりすることができます。

リボンの [ユーザー設定] タブ

詳細については、リボンをカスタマイズする」をご覧ください

Microsoft Office Backstage ビュー

[ファイル] タブをクリックすると、Backstage ビューが開きます。Backstage ビューでは、新しいファイルを作成する、既存のファイルを開く、ファイルを保存、送信、保護、プレビュー、印刷する、Excel のオプションを設定するなど、さまざまな操作を実行できます。

Backstage ビューの [情報] タブ

その他」をご覧ください

ブック管理ツール

Excel 2010 には、コンテンツの管理、保護、および共有を支援するツールが用意されています。

  • 以前のバージョンを回復します。   復元できるは、バージョンのファイルを保存せずに終了するようになりました。保存するには、意図がなかった変更を保存するときに、手動で保存するを忘れた場合、またはブックの以前のバージョンに戻すしたいときに便利です。詳細については、Office ファイルを回復する」をご覧ください

  • 保護ビュー    Excel 2010 に搭載された "保護ビュー" によって、自分のコンピューターをセキュリティ上の危険にさらす前に、事前情報に基づいた判断ができるようになりました。インターネットから入手したドキュメントは、特に指定しない限り、保護ビューで開きます。このとき、メッセージ バーには、警告と、編集を有効にするためのオプションとが表示されます。どこからドキュメントを入手した場合に保護ビューを適用するかは、ユーザーが制御できます。入手先に関係なく、特定の種類のファイルを常に保護ビューで開くように設定することもできます。詳細については、「保護ビューとは」を参照してください。

  • 信頼済みドキュメント    信頼済みドキュメントは、データ接続やマクロなどのアクティブ コンテンツを含むブックやその他のドキュメントをより簡単に開けるようにするための機能です。今後は、ブック内のアクティブ コンテンツを有効にしても安全であることが確認できたら、同じことを何度も繰り返す必要はありません。Excel 2010 が信頼できるブックであることを学習し、ブックを開くたびに確認のメッセージが表示されるのを防ぎます。詳細については、「信頼済みドキュメント」を参照してください。

従来にない新しい方法でブックにアクセスすることが可能

職場、自宅、外出先など、どこからでも必要なファイルにアクセスして作業できるようになりました。

Microsoft Excel Online

Excel Online は、Excel 環境を Web ブラウザーに拡張するアプリケーションです。Excel Online を使うと、ブックが格納されているサイトで直接そのブックを操作できます。Excel Online は Microsoft Office Online の一部であり、OneDrive で使用できるほか、SharePoint 2010 で Office Online を構成している組織で使用できます。

Excel Online では、次の操作を実行できます。

  • ブックをブラウザーで表示する    ブックをクリックすると、Excel Online の表示モードでそのブックが開きます。ブック内のデータに並べ替えやフィルターを適用したり、ピボットテーブルを展開して、データの傾向や関係を調査したり、値を再計算したり、別のワークシートを閲覧したりすることができます。

  • ブックをブラウザーで編集する    Excel Online では、ブックにアクセスするために必要なのはブラウザーだけです。チームのメンバーが使っている Excel のバージョンに関係なく、共同作業ができます。SharePoint サイトまたは OneDrive に格納されている Excel ブックをクリックすると、ブックがブラウザーで直接開きます。ブックは、Excel で開いた場合と同じように表示されます。Excel の使い慣れたインターフェイスと操作性を使って、ブックをブラウザーで編集できます。ブラウザーで編集する場合、スプレッドシート内のデータの変更、数式の入力または編集、基本的な書式設定を行うことができます。同じブックを他のユーザーと同時に操作することもできます。

Excel Online の詳細についてはこちらを参照してください

Windows Phone 7 対応 Excel Mobile 2010

Windows Phone 7 を利用している場合は、Microsoft Office Mobile 2010 を使って、職場、自宅、外出先など、どこからでもファイルを操作できます。Excel Mobile 2010 は、Office Mobile の一部であり、お使いの携帯電話の Office ハブに既に搭載されているため、ダウンロードしたりインストールしたりしなくてもすぐに使用できます。

携帯電話で開いた Excel ブック

Excel Mobile を使うと、電話に保存されているブック、電子メールの添付ファイルとして受け取ったブック、または SharePoint Workspace Mobile 2010 を通じて SharePoint 2010 サイトにホストされているブックを表示して編集できます。SharePoint Workspace Mobile を使用してブックを編集した場合は、オンラインに戻ったときに変更を SharePoint サイトに保存できます。

デスクトップ バージョンの Excel と同じ多数の使い慣れたツールを使って、スプレッドシートを作成したり、更新したり、即座に再計算したりできます。たとえば次のようなことが可能です。

  • アウトライン表示を使用してブック内のワークシートやグラフを切り替える。

  • スプレッドシートの並べ替え、フィルター処理、および管理を行う。

  • 文字列と数値を追加または編集する。

  • コメントを追加する。

詳細については、Windows Phone 7 用の Office Mobile 2010 に関するページを参照してください。

Windows Phone 7 を利用している場合は、携帯電話から操作手順のヘルプを確認できます

データのリストに基づいてすばやく効果的に比較する

Excel 2010 は、スパークラインやスライサーなどの新機能に加え、ピボットテーブルなどの既存の機能の改善により、データに含まれるパターンや傾向を発見しやすくなっています。

スパークライン

スパークライン (セル内に収まる小さなグラフ) を使うと、傾向とデータをまとめて視覚的に要約できます。スパークラインは、データの傾向を小さなスペースに表示できるため、事業状況を自動車の計器盤のように、わかりやすく視覚的に表示するような用途に最適です。たとえば、次の図を見ると、"傾向" 列に表示されたスパークラインにより、各部門の 5 月の実績がひとめでわかります。

販売データの傾向を示すために使用されるスパークライン

その他」をご覧ください

ピボットテーブルの向上

ピボットテーブルはより使いやすく、より軽快に動作するように改善されました。主な改善点は次のとおりです。

  • パフォーマンスの強化    Excel 2010 は、マルチスレッド対応によって、ピボットテーブルにおけるデータの取得、並べ替え、およびフィルターの処理速度が向上しています。

  • ピボット テーブルのラベル   これでピボット テーブルのラベルの下方向へコピーすることはできます。すべての行や列で入れ子になったフィールドのアイテムのタイトルを表示するピボット テーブルでのラベルを印刷することもできます。

  • フィルターの強化    スライサーを使うと、追加メニューを開かなくても、ボタンをクリックしてピボットテーブルのデータをすばやくフィルターし、適用されたフィルターを確認できます。また、フィルター インターフェイスに含まれている検索ボックスを使って、ピボットテーブル内の数千~数百万のアイテムから必要なものをすばやく見つけることができます。

  • 書き戻し機能のサポート    Excel 2010 では、OLAP ピボットテーブル値の領域で値を変更し、変更した値を OLAP サーバーの Analysis Services キューブに書き戻すことができます。書き戻し機能を What-If モードで使用し、変更をロールバックすることも (変更が不要になった場合)、変更を保存することもできます。書き戻し機能は、UPDATE CUBE ステートメントをサポートするすべての OLAP プロバイダーで使用できます。

  • 機能   値として表示する機能には、新しい、自動計算、親行集計に対する比率親列集計に対する比率親集計に対する比率% の合計を実行して昇順順位から最小値、およびなどの数値が含まれています。最小値の順位します。

  • ピボット グラフの向上   ピボット グラフ レポートを操作するのには簡単ですようになりました。具体的には、ピボット グラフとピボット グラフのレイアウトを再編成を追加して、フィールドの削除に直接データのフィルターは簡単です。同様に、1 回のクリック、ピボット グラフ レポートのすべてのフィールド ボタンを非表示にできます。

詳細については、「新機能: ピボットテーブルにおける変更点」を参照してください

スライサー

スライサーとは、ピボットテーブルのデータを対話的かつ直感的にすばやくフィルター処理できるビジュアル コントロールです。スライサーを挿入すると、ボタンを使用してデータをすばやくセグメント化およびフィルターし、必要なものだけを表示できます。また、複数のフィルターをピボットテーブルに適用しても、データに適用されたフィルターを確認するためにリストを開く必要がなくなります。代わりに、データはスライサーの画面に表示されます。ブックの書式設定に合わせてスライサーの書式を設定し、他のピボットテーブル、ピボットグラフ、およびキューブ関数で再利用できます。

ピボットテーブル レポートの一番上に表示されたスライサー

その他」をご覧ください

条件付き書式の向上

条件付き書式設定では、関心のあるセルまたはセル範囲を強調表示したり、異常な値を強調したり、データ バー、カラー スケール、およびアイコン セットを使用してデータを視覚化したりすることが簡単にできます。次に示したように、書式設定の柔軟性が大幅に向上していることも、Excel 2010 の特徴です。

  • 新しいアイコン セット    アイコン セットは Office Excel 2007 で最初に導入された機能で、ユーザーが決定するしきい値に基づいて、さまざまなデータ項目のアイコンを表示するために使われます。たとえば、緑の上向き矢印で大きい値、黄色の横向き矢印で中程度の値、赤の下向き矢印で小さい値を表すことができます。Excel 2010 では、三角形、星、四角形など、より多くのアイコン セットを利用することができます。異なるセットからアイコンを組み合わせることができ、その際にアイコンを非表示に設定することもできます。たとえば、高利益の値にのみアイコンを表示し、中程度の利益と低利益の値にはアイコンを表示しないという設定が可能です。

    大きい値のアイコンのみを表示している例

  • データ バーに新しいオプションを追加    Excel 2010 には、データ バー用の新しい書式設定オプションが付属しています。データ バーに単色の塗りつぶしや境界線を適用したり、バーの方向を左から右ではなく右から左に設定することができます。また、次の図に示したように、負の値のデータ バーは、正の値とは軸を挟んで反対側に表示されます。

    正または負の値を表すデータ バー

  • その他の改良点    条件付き規則またはデータ入力規則の基準を指定するときに、ブック内の他のワークシートの値を参照できるようになりました。

条件付き書式について」をご覧ください

強力な分析をデスクトップから行う

職場であれ自宅であれ、一歩先の状況を見通し、よりよい判断を下せるような方法でデータを操作し、分析できる機能をユーザーは求めています。当然ながら、作業は早く終わるに越したことはありません。Excel 2010 には、まさにそれを可能にする新しい強化された分析ツールが用意されています。

PowerPivot for Excel アドイン

大量のデータを分析する必要がある場合は、Microsoft SQL Server Power Pivot for Excel アドインをダウンロードできます。このアドインは、Excel リボンに [PowerPivot] タブを追加します。

Excel 2010 の PowerPoint ウィンドウ

PowerPivot for Excel を使うと、さまざまなデータ ソースから何百万行ものデータを 1 つの Excel ブックにインポートしたり、異なる種類のデータの間にリレーションシップを作成したり、数式を使用して集計列や計算メジャーを作成したり、ピボットテーブルやピボットグラフを作成したりして、データのさらなる分析を行うことができます。これにより、IT 部門に頼ることなく、ビジネス上の意思決定をすばやく行うことができます。

Power Pivot for Excel の詳細についてはこちらを参照してください

ソルバー アドインの向上

Excel 2010 には、What-If 分析の最適解を見つけることを用途としたソルバー アドインの新バージョンが搭載されています。ソルバーは、ユーザー インターフェイスが改善されているほか、新しい (遺伝的アルゴリズムに基づき、Excel 関数を駆使してモデルを処理する) 進化的ソルバー、新しいグローバル最適化オプション、線形プログラミング/非線形最適化方式、新しい線形レポートと実行可能性レポートなどを特徴としています。また、ソルバーは 64 ビット版でも使用できるようになりました。

Frontline Systems のソルバーについて詳しくは、「ソルバーのヘルプ」をご覧ください。

関数の正確さの向上

教育界、工業界、および科学界からのフィードバックに基づいて、Excel 2010 には、より正確な統計関数およびその他の関数が用意されています。また、既存の一部の関数は、その目的をより的確に表すように名前が変更されました。

  • 精度の向上    精度を向上するために多数の関数が最適化されました。たとえば、Excel 2010 はβ分布およびカイ 2 乗分布のより正確な結果を返します。

  • より一貫性のある関数    特定の統計関数は、科学界の関数定義および Excel の他の関数との間でより一貫性を持つように、名前が変更されました。新しい関数名は、その関数の機能をより正確に表しています。元の関数は [互換性] カテゴリに残っているため、以前のバージョンの Excel で作成されたブックも、このような名前の変更に関係なく、引き続き機能します。

    Excel 2010 の関数

その他」をご覧ください

フィルター機能の向上

既に説明したスライサー以外にも、Excel 2010 には、データの並べ替えやフィルター処理を容易にするための新機能が導入されています。

  • 新しい検索フィルター    Excel のテーブル、ピボットテーブル、ピボットグラフなどに含まれるデータをフィルター処理するときには、新しい検索ボックスを使って、長い一覧から必要な情報を見つけることができます。たとえば、100,000 点を超える品目を記載したカタログから特定の商品を検索するとき、検索語句を入力すると瞬時に、関連性の高い品目が一覧表示されます。この結果は、不要な品目を除外していくことによって、さらに絞り込むことができます。

    フィルター リストの [検索] ボックス

  • どこでもできるフィルターと並べ替え    Excel テーブルでは、長いテーブルを下にスクロールするときに、列の上部にある標準のワークシートの見出しがテーブルの見出しに置き換わります。テーブルの列に [オートフィルター] とテーブルの見出しが表示されたままになっているので、テーブルの上部までスクロールしなくても、データをすばやく並べ替えてフィルターできます。

    Excel テーブルの列の見出しに表示されている [オートフィルター]

    その他」をご覧ください

64 ビット Excel

Excel 2010 には 64 ビット版があります。パワー ユーザーやアナリストは、より大きく複雑なブックを作成できるようになりました。64 ビット版を使用することによって、32 ビット版の Excel に存在する 2 ギガバイト (GB) の制限を超える物理メモリ (RAM) のアドレス管理が可能となります。

パフォーマンスの強化

Excel 2010 では、従来よりも効率よくデータを扱うことができるように、パフォーマンスが改善されています。具体的には、次のような点が強化の対象となりました。

  • 全般的な向上    お客様からのフィードバックに応えて、Excel 2010 は、さまざまな領域でパフォーマンスが改善されています。たとえば、グラフの移動やサイズ変更、ページ レイアウト ビューでの作業、ワークシート上の図形の操作などで、Excel 2010 の応答性が向上しています。

  • 大きなデータ セットのサポート    Excel 2010 は、膨大な量のデータを含んだブックを効率よく扱うことができます。具体的には、データのフィルター処理や並べ替え、ワークシート間のコピーと貼り付け、フィル機能による数式のコピーなど、大きなデータ セットに対して実行される一般的な操作を従来よりも短時間で済ませることができます。

  • マルチコア関連の強化    Excel 2010 はマルチスレッド処理の強化によって、ピボットテーブルや Excel テーブルでのデータの取得、並べ替え、フィルターの処理を高速で行えるようになりました。加えて、大きなファイルを開いたり保存したりする操作全般も、以前と比べて高速化しています。

  • 計算の高速化    ブックが組織のビジネス プロセスの中核を担うようなケースでは、計算速度がボトルネックにならないようにすることが重要です。計算性能の高速化を達成するために、Excel 2010 では、複数の Excel 計算スレッドを使用しなくても同時に実行できる非同期のユーザー定義関数がサポートされました。独自の方法でワークシートにデータをインポートする場合や、ハイ パフォーマンス コンピューティング (HPC) のシナリオで大いに役立てることができます。

より視覚的なインパクトのあるブックを作成する

どれほど潤沢にデータがあったとしても、そこから意味のある情報を発見し、グラフ、図、写真、スクリーンショットなど、見た目にも説得力がある方法で、自在に伝える手段がなければ宝の持ち腐れです。

グラフ作成の向上

Excel 2010 は、従来よりもグラフを容易に扱うことができるようになりました。具体的な改良点は次のとおりです。

  • グラフ作成の新しい制限    Excel 2010 では、グラフに作成できるデータ要素の数の制限がなくなりました。データ要素の個数は、使用可能なメモリによってのみ制限されます。この点は特に科学技術分野のユーザーにとって大きな進化であり、大量のデータを効果的に視覚化し、分析することができます。

  • 書式設定オプションへのすばやいアクセス    Excel 2010 では、グラフ要素をダブルクリックすると、書式設定オプションにすばやくアクセスできます。

  • グラフ要素のマクロ記録    Office Excel 2007 では、グラフや他のオブジェクトの書式を設定しているときにマクロを記録しても、マクロ コードは生成されませんでした。Excel 2010 では、マクロ記録を使って、グラフや他のオブジェクトに対する書式設定の変更を記録できます。

詳細については、グラフを作成する」をご覧ください

数式のサポート

Excel 2010 の新しい数式編集ツールを使うと、一般的な数式をワークシートに挿入したり、数学記号のライブラリを使用して独自の数式を作成したりすることができます。テキスト ボックスなどの図形の中に新しい数式を挿入することもできます。作業を開始するには、[挿入] タブの [記号と特殊文字] で [数式] の横の矢印をクリックします。

[数式] の一覧の書式付きの数式

テーマの拡充

Excel 2010 では、従来と比べてはるかに多くのテーマとスタイルを使用できます。これらの要素を使用することによって、ブックを始めとする Microsoft Office ドキュメント全体に、一貫性のあるプロフェッショナルなデザインを適用することができます。テーマを選択すれば、Excel 2010 によって自動的にデザイン作業が実行されます。テキスト、グラフ、グラフィックス、テーブル、描画オブジェクトなどすべての要素が、選択されたテーマに合わせて変化することで、ブック内のすべての要素が視覚的に協調し合い、全体的なテーマが形成されます。

Excel 2010 のテーマ ギャラリー

Excel ブックへのテーマの適用に関するその他の読み取りします。

リアルタイムのプレビューを使用した貼り付け

リアルタイムのプレビューを使用した貼り付けは、Excel 2010 内または他のプログラムとの間でコンテンツを再利用するときの手間を省く機能です。この機能を使って、[元の列幅を保持]、[罫線なし]、[元の書式を保持] など、さまざまな貼り付けオプションをプレビューすることができます。貼り付け後のコンテンツがどのように見えるかをリアルタイムのプレビューで視覚的に確認したうえで、実際にワークシートへ貼り付けることが可能です。[貼り付けのオプション] の上にポインターを移動して結果をプレビューするとメニューが表示されますが、そこに表示される項目は、再利用するコンテンツに合わせて変化します。適切なオプションを選択できるように、ポップアップ テキストには補足的な情報が表示されます。

[貼り付けプレビュー] メニューのオプション

画像編集ツールの向上

Excel 2010 でのアイデアの伝達は、数字やグラフの表示がすべてではありません。写真、描画、または SmartArt を使用して視覚的な情報を伝達する場合、次の機能を利用できます。

従来にない新たな方法でブックの共同作業が可能

Excel 2010 では、ブックの発行、編集、および組織内の他のユーザーとの共有を簡単に実行できるようになりました。

ブックを共同編集する

Office Online の 1 つである Excel Online を使用すれば、離れた場所にいる人どうしでブックを同時に編集できるようになります。規模の小さい企業や個人事業、学校で使用する場合、無償の Windows Live アカウントさえあれば、他のユーザーと共同で同時にブックを編集することができます。Microsoft SharePoint 2010 テクノロジを運用している企業ユーザーは、この機能をファイアウォール内で使用することもできます。

Excel Services の向上

これまで Excel Services を使って、Excel ブックを SharePoint Server サイトで共有していた組織は、次の改善点に注目してください。

  • ユーザー エクスペリエンスの向上    目立った変更としては、ページを要素単位で更新する機能 (変更のたびにページを更新しなくてもよい) や、スクロール バーの追加 (ワークシート全体を簡単にスクロール可能) が挙げられます。

  • SharePoint 2010 機能との連携強化    このバージョンの Excel Services では、SharePoint 2010 の重要な機能 (セキュリティ、コンテンツ管理、バージョン管理、データ接続管理、サービス管理機能など) との連携性が強化されています。加えて、Excel Services は、SharePoint に標準搭載されているビジネス インテリジェンス機能との連携性も向上しています。

  • ブック機能のサポート強化    従来は、サポートされていない機能がブックに含まれていると、ブラウザーではまったく開くことができませんでした。サポートされていない Excel 機能を含んだブックでも、ほとんどの場合、ブラウザーで開くことができます。加えて、Excel Services では、スパークラインやスライサーなど、Excel 2010 の新機能も含め、より多くの Excel 機能がサポートされています。

  • アプリケーション開発のサポート強化    開発者もそうでないユーザーも、REST アプリケーション プログラミング インターフェイスなどの新しいツールをビジネス アプリケーションの構築に活用できます。

Excel Services の詳細については、「Excel Services と Excel Web Access を使ってみる」を参照してください。

アクセシビリティ チェック

Excel 2010 の新しいアクセシビリティ チェック ツールを使うと、障碍のあるユーザーによるブックの読み取りや操作が困難になる問題を検索して修正できるようになります。アクセシビリティ チェックは、[ファイル] タブをクリックし、[問題のチェック] をクリックして、[アクセシビリティのテスト] をクリックすることによって開くことができます。エラーおよび警告が作業ウィンドウに表示されます。これらの問題に目を通して、何を解決すればよいかを確認します。

アクセシビリティ チェックに加え、ワークシート内のオブジェクト (Excel のテーブル、ピボットテーブルなど) に代替テキストを追加する方法もあります。視覚障碍のあるユーザーの場合、こうしたオブジェクトを見ることが難しいケースもあるため、これは有用な情報と言えます。

その他」をご覧ください

言語ツールの向上

複数の言語を利用するユーザーは、編集、表示、ポップアップ テキスト、ヘルプなどに使用する言語を [Excel のオプション] ダイアログ ボックスですばやく設定することができます。また、Excel で言語設定を変更すると、該当するすべての Microsoft Office 2010 アプリケーションに自動的に変更が反映されます。必要なソフトウェアまたはキーボード レイアウトがインストールされていない場合は、そのことを通知するメッセージが表示され、リンクをたどってすばやく簡単に問題を解決することができます。

言語設定の詳細については、「編集言語、表示言語、またはヘルプ言語を設定する」を参照してください。

従来にない新しい方法でブックを拡張することが可能

ブックのカスタム ソリューション開発では、従来にない新しい拡張方法を利用できます。

プログラマビリティ機能の向上

開発者向けの機能強化は、次のとおりです。

  • XLL SDK の変更    XLL ソフトウェア開発キット (SDK) では、新しいワークシート関数の呼び出し、非同期のユーザー定義関数の開発、計算クラスターへのオフロードができるクラスター セーフなユーザー定義関数の開発、64 ビット XLL アドインの作成などが新たにサポートされました。

  • VBA の機能強化    Excel 2010 には、Excel 4.0 形式の既存のマクロを VBA に移行するためのさまざまな機能があります。強化された点には、VBA ではアクセスできなかったグラフのプロパティや、印刷に関連したメソッドのパフォーマンス向上が含まれます。

  • ユーザー インターフェイスの拡張性の向上    ブックのカスタム ソリューションを開発する場合、リボンと新しい Backstage ビューをプログラムからカスタマイズするための選択肢が拡充されています。たとえば、リボン上のタブをプログラムからアクティブにしたり、カスタム タブを組み込みのコンテキスト タブと同様に動作させ、特定のイベントが発生したときにだけタブを表示させたりすることができます。また、リボンのサイズの変化に合わせてカスタム リボン グループを伸縮させたり、豊富なコントロールを使ってコンテキスト メニューをカスタマイズしたりすることも可能です。カスタム UI などの要素を Backstage ビューに追加することもできます。

  • Open XML SDK の変更    Open XML SDK 2.0 は現在、Open XML SDK 1.0 でサポートされていたパーツ レベルのオブジェクトに加えて、スキーマ レベルのオブジェクトをサポートしています。これによって、サーバー ベースのソリューションなど、Office 2010 デスクトップ アプリケーションの外部から、ブックやその他のドキュメントをプログラミングで容易に操作できるようになります。

開発者向けの機能の詳細についてします。

ハイ パフォーマンス コンピューティングのサポート

ハイ パフォーマンス コンピューティング (HPC) クラスターは、計算能力を増大するための手段として多くの組織に利用されています。たとえば、膨大な計算が伴う金融モデルの計算は、完了までにかなりの時間を要します。金融商品を取り扱う企業では、クラスターを使用することによって、こうした金融モデルの計算を高速化することができます。Excel 2010 には、HPC クラスターと連携する機能が備わっています。サポートされているクラスターが利用できる場合、ユーザーは、[Excel のオプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] オプションでコネクタを選んで、使用する名前を構成することによって、そのクラスターを使用するように Excel に命令することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×