Excel 2010 と Excel 2013 の PowerPivot データ モデルの間のバージョン互換性

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

以前に SQL Server PowerPivot アドインを使って Excel 2010 で埋め込みデータ モデルを作成したことがある場合は、それ以降のバージョンの Excel での新しい統合データ モデルに驚くことはほとんどないでしょう。Excel 2013 以降では、PowerPivot で使っていたのと同じデータ モデルの機能が、そのまま Excel 用 SQL Server アドインの範囲から Excel 固有へと移動します (つまり、DAX 式、KPI、階層などが完全にサポートされます)。

これは機能の配置における大きなパラダイム シフトで、サーバー レベルで 1 つの系を持ちます。以下の図で示すように、共同作業環境でブック データ モデルを参照、消費、管理したい場合には、データ モデルをアップグレードすると新しいホスティング要件が導入されます。同時に、Excel 2013 にアップグレードすると、クラウドでモデルを使用できるようになります。ただしその場合、相互運用性が低下します。アップグレード後には、Excel 2010 のブック データ モデルを、以前のリリースの PowerPivot for Excel アドインを使って編集または使用したり、SharePoint Server 2010 の Excel Services を使ってホスティングしたりすることはできなくなります。このように、データ モデルに関して言えば、クライアントからずっと離れたホスティング プラットフォームまで、アップグレードは一方通行です。

同じコンピューティング環境でデスクトップまたはサーバーのアプリケーションを混在させる組織では、新しいフォーマットへとモデルをアップグレードしたときに、同僚が引き続き Excel 2010 と以前のバージョンの PowerPivot for Excel を使っている場合にバージョン互換性の問題が発生することになります。この記事では、アップグレード パスおよび、クライアントとサーバーのアプリケーション間の依存関係について説明し、異なるバージョンが混在する環境でデータ モデルを使用したときに表示されるエラー メッセージを示します。

データ モデルに関するクライアントとサーバーのアップグレード パス

上図の各部を 1 つずつ確認してその意味を理解しましょう。

Excel 2010 のために、ピボットテーブル、ピボット表、そして (SQL Server 2012 でのみ) Power View レポートでのデータ分析を簡素化し強化する、一連のデータ モデル構築用 Excel アドインが SQL Server からリリースされています。PowerPivot for Excel アドインにより、データ モデルをオーサリングするためのキャンバスと、デスクトップ上でデータをロードおよびクエリするための内部コンポーネントが提供されています。

SharePoint でデータ分析を共有したい場合は、水面下でデータ モデルをロードおよびクエリするための同等のサーバー コンポーネントが必要でした。PowerPivot for SharePoint がそのニーズを満たしていました。

サーバーを (次のバージョンの PowerPivot for SharePoint に移動するか、SharePoint Server 2013 に移行して) アップグレードするときには、モデルを新しいフォーマットへとアップグレードせずに、データ モデルをそのまま使い続けられることにご注意ください。これは、データ モデルから後続バージョンの各サーバーに向かって斜めに、前方向にのみ延びる点線によって示されています。

注: 新しいサーバー プラットフォームを古いPowerPivotブックを使用しているときと同じ機能する前に、マイナス スケジュールによるデータ更新を取得します。サーバーのバージョンに準拠したデータ モデルについてのみサポート スケジュールによるデータ更新を使用します。詳細については、 [ブックのアップグレードし、スケジュールされたデータ更新 (SQL Server 2012 SP1)を参照してください。

Excel 2013 ブック データ モデルまで進む

異なるバージョンが混在する環境でのエラー メッセージ

"データ ソースの初期化に失敗しました。"

"このブックには、以前のバージョンのPower Pivot アドインを使って作られた、Power Pivot データ モデルが存在します。Power Pivot in Microsoft Excel 2013 を使って、このモデルをアップグレードする必要があります。”

“ブックにサポートされない Power Pivot モデルが含まれています。”

その他の情報

Excel 2013 ブック データ モデルまで進む

図の右側で、データ モデルがどのように内部機能として Excel 2013 と Excel Services に完全に統合されているかにご注意ください。データ モデルを保存するために Excel が拡張されたのと同様に、Excel Services はサーバー プラットフォーム上でデータ モデルをストリーミングするために拡張されました。現在は、Excel がモデリング操作を所有しているため、モデルの保存とデータのレンダリングは、Excel ブックのために使用するホスティング プラットフォーム (クラウドは含まれますが、Office Online サーバーは除かれます) の全体にわたって連動します。Office Online サーバーでは、ブック データ モデルの作成、編集、または消費の操作はサポートされません。

SharePoint Server 2013 では、SQL Server 2012 (SP1) PowerPivot for SharePoint アドインが、追加機能であるスケジュールされたデータ更新、PowerPivot Gallery、PowerPivot Management Dashboard を提供するためだけに存在します。以前から引き継がれなかった機能として、PowerPivot for SharePoint の SQL Server 2012 SP1 バージョンでは、メモリに保存されたデータ モデルへのクエリのリダイレクトに関して複雑な作業が実行されなくなりました。

SharePoint モードの SQL Server 2012 SP1 Analysis Services が現在も図に含まれていることにご注意ください。オンプレミスでは、SQL Server Analysis Services では引き続きデータ モデルが保存されますが、現在は SharePoint の外側で実行され、データのロードとクエリ要求を、PowerPivot Web Service ではなく Excel Services から直接に受け入れます。

SharePoint Server 2010 の顧客への注意: データ モデルの作成に使うクライアント アプリケーションは、データ モデルをホスティングするサーバー アプリケーションと協調する必要があります。SharePoint Server 2010 の場合、これはデータ モデルの作成と保守のためには引き続き Excel 2010 と PowerPivot for Excel アドインを使う必要があることを意味します。Excel 2013 を使用しても、SharePoint Server 2010 で動作するデータ モデルを作成することはできません。

異なるバージョンが混在する環境でのエラー メッセージ

このセクションでは、使用しているバージョンの Excel と互換性を持たないデータ モデルを使用した場合に発生するエラーについて説明します。

"データ ソースの初期化に失敗しました。"

このエラーは、古いバージョンの PowerPivot アドインで新しいデータ モデルを開いたときに発生します。たとえば、データ モデルを Excel 2013 で作成して Excel 2010 で開いた場合です。

このエラーを回避するには、Excel 2013、Office Professional Plus edition にアップグレードします。Excel 2013 で作成したデータ モデルは、Excel 2013 で開かれたブックでのみ動作します。

追加情報: Power Pivot エラー: “データ ソースの初期化に失敗しました。”

"このブックには、以前のバージョンの PowerPivot アドインを使って作られた、PowerPivot データ モデルが存在します。 Power Pivot in Microsoft Excel 2013 を使って、このモデルをアップグレードする必要があります。”

このエラー メッセージが表示されるのは、古いデータ モデル (Excel 2010 でバージョン 2008 R2 または 2012 の PowerPivot アドインを使って作成) を Excel 2013 または Excel 2016 で開いた場合です。このメッセージは、新しいモデル フォーマットへのアップグレードを求めています。

追加情報: Power Pivot エラー: "このブックには、以前のバージョンの Power Pivot アドインを使って作られた Power Pivot データ モデルが存在します。Power Pivot in Microsoft Excel を使って、このモデルをアップグレードする必要があります。”

“ブックにサポートされない PowerPivot モデルが含まれています。”

このエラー メッセージが表示されるのは、新しいデータ モデル (Excel 2013 以降で作成) を SharePoint Server 2010 で開いた場合です。SharePoint Server 2010 では、新しいデータ モデルのフォーマットは認識されません。

すぐには SharePoint 2013 へとアップグレードしない場合は、以前のバージョンのブックを探し、Excel 2010 と PowerPivot アドインを使ってデータ モデルを保守してください。または、Office 365 を使ってブックを保存することができます。Office 365 では、PowerPivot for SharePoint を使わないデータ モデルのロードとクエリがサポートされます。Microsoft データセンターでは、Excel 2013 または Excel 2016 ブックに埋め込まれているデータ モデルのホスティングが内部的にサポートされます。

追加情報: Power Pivot エラー: “ブックにサポートされない Power Pivot モデルが含まれています。”

その他の情報

Excel 2013 以降のブックのデータ モデルを使うと、埋め込み Power View レポートの可視化を含めた強力なデータ分析が可能になります。新機能、アップグレードの利点、その他の関連コンテンツの説明については、下記のリンクをクリックしてください。

Power View in Excel と Power View in SharePoint Server の新機能

PowerPivot データ モデルの Excel 2013 または Excel 2016 へのアップグレード

ブックのアップグレードとスケジュールされたデータの更新 (SQL Server 2012 SP1)

Power Pivot バージョン互換性 ([TechNet WIKI では英語のみ)

データ モデルの仕様と制限

Excel Services (SharePoint Server 2013) のビジネス インテリジェンス機能:「データ モデル」のセクション。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×