Excel 2010 で廃止、変更される機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel 2010 では、次の機能が廃止または大幅に変更されています。

この記事の内容

条件付き合計式ウィザード アドイン

ルックアップ ウィザード アドイン

スマート タグ

SmartArt

パターンの塗りつぶし

コントロールおよびオブジェクト

クリップアート] 作業ウィンドウ

検索ボックス

クリップの整理]

クリップ オーガナイザー

自動整理

電子メール受信者に添付ファイルとして送信します。

コレクションから削除します。

似たスタイルを検索します。

リスト ビューと詳細ビュー

英文アシスタント サービスの廃止

韓国語言語参照 (KOLR) サービスの廃止

条件付き合計式ウィザード アドイン

このアドインが Excel 2010 に付属ありません。以前のバージョンの Excel では、指定した条件を満たす値の合計を計算する数式を作成するために条件付き合計式ウィザードを使用する可能性があります。Excel 2010 では、 SUMIFSUMIFS関数など、そのタスクを支援するように設計された関数を使用して条件付き数式を作成することができます。

このウィザードによって生成された数式は、Excel 2010 でも動作します。 これらの数式は、別の方法を使用して編集できます。

ページの先頭へ

ルックアップ ウィザード アドイン

このアドインが Excel 2010 に付属ありません。以前のバージョンの Excel では、行と列が交差する位置にある値を検索する値を検索する数式を作成するために、ルックアップ ウィザードを使用する可能性があります。この機能は使用できる検索/行列関数 (参照)関数ウィザードで置き換えられました。

このウィザードによって生成された数式は、Excel 2010 でも動作します。 これらの数式は、別の方法を使用して編集できます。

ページの先頭へ

[Smart tags]

操作タグは、Excel 2010 ではサポートされていません。セルを選択したとき、またはセルの上にマウス ポインターを移動したときに、ワークシートに操作タグ アイコン (セルの隅に表示される紫の三角形など) が表示されなくなりました。代わりに、セルを右クリックし、ショートカット メニューの [追加のセル操作] をクリックすることで、セルの内容に関連付けられているカスタム操作を表示できます。

[追加のセル操作] は既定で無効になっています。この機能は、[オートコレクト] ダイアログ ボックスの [操作] タブで有効または無効にできます。このダイアログ ボックスを表示するには、[ファイル] タブ、[オプション]、[文章校正] カテゴリ、[オートコレクトのオプション] の順にクリックします。

ページの先頭へ

SmartArt

パターンの塗りつぶし

グラフの要素などの図形オブジェクト用のパターンの塗りつぶしインターフェイスは、Excel 2007 の新しい SmartArt テクノロジでは提供されませんでした。これは、以前のバージョンの Excel では、パターンの塗りつぶしを使用すると、表示に問題が発生するためです。Excel 2010 の SmartArt にはパターンの塗りつぶしインターフェイスが用意されており、図形オブジェクトにパターンの塗りつぶしを適用できます。Excel 97 ~ 2003 ブック内にあるパターンの塗りつぶしを含む図形オブジェクトは、そのブックを Excel 2010 で開いても、正確に表示されます。

コントロールとオブジェクト

Excel 2010 では、図形オブジェクトに加え、次のコントロールとオブジェクトも新しい SmartArt テクノロジに変更されています。

  • フォーム コントロール

  • Microsoft ActiveX オブジェクト

  • OLE オブジェクト

  • カメラ ツール オブジェクト

ことが重要と、図形のオブジェクトをで作成したか、Excel 2010 の [SmartArt の形式にアップグレードを Excel 2010 の [SmartArt の形式にアップグレードされていない、以前のバージョンの Excel で描画された図形のオブジェクトをグループ化できないことに注意してください。以降のすべてのバージョンの一番上に描画、図形のオブジェクトの以前のバージョンと、混在図形オブジェクトに配置されます。また、以前のバージョンの Excel で作成したダイアログ シートの Excel 2010 のグラフを表示できないことになります。クリックして、新しい図形のオブジェクトにアクセスすることはできませんオブジェクトの選択(ホーム] タブの [ 編集] グループ検索し、選択] ボタン)。新しい図形オブジェクトを選択するには、使用する必要があります、 複数オブジェクトの選択] コマンド (ファイル] タブの [ オプションリボンのユーザー設定)。

ページの先頭へ

クリップ アート

Bing 画像検索は、クリップアート

オンラインでクリップ アートや画像を検索する場合は、Bing にリダイレクトされます。ユーザーの責任において著作権を遵守してください。また、使用する画像を選ぶときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

[クリップの整理] リンク

クリップの整理] リンクが利用可能なではありません。開くには Microsoft クリップ オーガナイザーから Windows 7、Windows Vista または Windows xp の場合、Windows [スタート] ボタンをクリックして、[すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft Office] をクリックして、 Microsoft Office 2010 ツール] をクリックし、 Microsoft クリップ オーガナイザー] をクリックします。

ページの先頭へ

クリップ オーガナイザー

クリップ オーガナイザーは、ハード ディスク上に保存されているクリップ アートなどのメディア ファイルを整理し、カタログを作成するツールです。既に説明したように、Microsoft Office プログラムの [クリップ アート] 作業ウィンドウから直接クリップ オーガナイザーにアクセスすることはできなくなりました。また、クリップ オーガナイザーに次の変更が加えられました。

自動整理

コンピューター上のメディア ファイルを自動的に検索し、コレクションに整理するコマンドはなくなりました。ただし、クリップ オーガナイザーにクリップを手動で追加したり、スキャナーまたはカメラからクリップをインポートしたりすることはできます。

電子メールの宛先への添付ファイルとしての送信

クリップを電子メール メッセージの添付ファイルとして送信するコマンドは使用できなくなりました。

コレクションからの削除

クリップ オーガナイザーからクリップを削除することはできますが、特定のコレクションからクリップを削除できなくなりました。

類似スタイルの検索

同様のスタイルのクリップを検索できるコマンドは使用できなくなりました。

リスト ビューと詳細ビュー

リスト ビューと詳細ビューは使用できなくなりました。代わりに、すべてのクリップが [クリップ オーガナイザー] ウィンドウに縮小表示されます。

ページの先頭へ

英文アシスタント サービスは使用できなくなりました。

利用率が低いため、英文アシスタントの機能とサービスは使用できなくなりました。 詳細については、「英文アシスタントはどうなったのですか?」を参照してください。

サービスを使用しようとすると、インターネットに接続されている場合でも "インターネットに接続されていないため、このサービスでの検索を実行できませんでした。 接続後に再度実行してください。" と表示されます。

ページの先頭へ

韓国語のリファレンス (KOLR) サービスは使用できなくなりました。

低の使用状況の理由により、韓国語言語リファレンス リサーチ サービスでは利用できなくします。これは、英語と韓国語バージョンの Excel に影響します。

サービスを使用しようとすると、インターネットに接続されている場合でも "インターネットに接続されていないため、このサービスでの検索を実行できませんでした。 接続後に再度実行してください。" と表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×