Excel 起動時に特定のブックまたはテンプレートを自動的に開く

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel を使用して、常に同じブックで作業したり、同じテンプレートを基にして新しいブックを作成したりする場合、 起動時にそのブックまたはテンプレートを開くように Excel を設定することができます。

Excel を起動するたびに同じブックを開くには、[ファイル] メニューで [名前を付けて保存]、[コンピューター]、[参照] の順にクリックし、XLSTART フォルダーを参照します。

  • Windows Vista 以降の新規インストールでは、XLSTART フォルダーのパスは通常、次のようになります。

    Office 2013 - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Microsoft\Excel\XLSTART


Office 2013 C2R - C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Microsoft\Excel\XLSTART

  • 別のバージョンの Windows からアップグレードした場合は、次のようなパスになることもあります。

    Office 2013 - C:\Program Files\Microsoft Office\Office 15\XLSTART

    Office 2013 C2R - C:\Program Files\Microsoft Office 15\root\Office 15\XLSTART

注:  Auto_Open などのブックを開いたときに自動的に実行されるマクロがブックまたはテンプレートに含まれている場合があります。既定では、このマクロは Excel を起動したときにも実行されます。

代替のスタートアップ フォルダーを使う

スタートアップ ブックを異なる場所に保存する場合は、次の操作を行います。

  1. [ファイル]、[Excel のオプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開くフォルダー] ボックスに、代替スタートアップ フォルダーとして使用するフォルダーのフルパスを入力します。

注:  Excel は、代替スタートアップ フォルダーにあるすべてのファイルを開こうとするので、Excel で開くことができるファイルのみが含まれるフォルダーを指定してください。XLSTART フォルダーと代替スタートアップ フォルダーの両方に同じ名前のファイルが存在する場合は、XLSTART フォルダー内のファイルが開かれます。

Excel 起動時に特定のブックが開かれるのを停止する

Excel 起動時にブックが自動的に開かれるのを停止するには、次の操作を行います。

  • ブックが保存されたフォルダー (XLSTART フォルダーまたは代替フォルダーの場所) に移動し、ブックを選んで Del キーを押します。

Excel 起動時にブックのテンプレートを自動的に開く

頻繁に使用するブックの設定をブック テンプレートに保存し、Excel を起動するたびにそのブック テンプレートを自動的に開くことができます。

ブック テンプレートを使用するには、テンプレートを使用するたびに使用するシート、既定のテキスト (ページの見出し、列/行の見出しなど)、数式、マクロ、スタイル、その他の書式が含まれるブックを作成します。

テンプレートに保存できる設定:

  • セルとシートの書式。

  • 各シートのページの書式と印刷領域の設定。

  • セルのスタイル。

  • ブック内のシートの数と種類。

  • ブックの保護された非表示の領域。シート、列、および行を非表示にして、ブックのセルが変更されないようにすることができます。

  • ページ、列、行のラベルなどの繰り返し使用するテキスト。

  • データ、グラフィック、数式、グラフ、およびその他の情報。

  • データ検証の設定。

  • フォーム上のマクロ、ハイパーリンク、および ActiveX コントロール。

  • ブックの計算オプションとウィンドウの表示オプション。

テンプレートを作成するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  2. [ファイルの種類] ボックスの [テンプレート] をクリックします。

  3. [保存先] ボックスで、テンプレートを保存するフォルダーを選びます。

  4. [ファイル名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のブック テンプレートを作成するには、「Book」と入力します。

    • 既定のワークシート テンプレートを作成するには、「Sheet」と入力します。

    • カスタマイズしたブックまたはワークシートのテンプレートを作成するには、使用する名前を入力します。

  5. [保存] をクリックします。

  6. [ファイル] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

Excel 起動時に自動マクロが実行されないようにする

ブックに記録されている自動マクロ (Auto_Open など) はそのブックを開くと直ちに実行されます。

  • マクロが実行されないようにするには、Shift キーを押したまま Excel を起動します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×