Excel 表または範囲に接続する (Power Query)

Excel の取得と変換 (Power Query) を利用し、ブック内の既存の表や範囲との動的接続を構築します。表のデータが変更されたとき、接続を更新できます。

  1. データ範囲内のセルを選択します。

  2. [データ] タブ、[テーブル/範囲から] の順にクリックします。

  3. 範囲の選択が求められた場合、[ソース テーブル] ダイアログ ボックスでは、[範囲の選択] をクリックすると、データ ソースとして使用する特定の範囲を選択できます。

    [テーブルから] ダイアログ ボックス

  4. データの表または範囲に列見出しが含まれる場合、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する] をオンにできます。見出しセルは、クエリの列名を定義するために使用されます。

  5. クエリ エディターで、[値の置換] をクリックします。

注: データ範囲が名前付き範囲として定義されている場合、あるいは Excel 表に入っている場合、Power Query は自動的に範囲全体を検出し、クエリ エディターに読み込みます。クエリ エディターに読み込まれるとき、プレーン データは表に変換されます。

  1. データ範囲内のセルを選択します。

  2. Power Query のリボン タブで、[ソース テーブル] をクリックします。

    Excel のデータ テーブルと接続する

  3. 範囲の選択が求められた場合、[ソース テーブル] ダイアログ ボックスでは、[範囲の選択] をクリックすると、データ ソースとして使用する特定の範囲を選択できます。

    [テーブルから] ダイアログ ボックス

  4. データの範囲に列見出しが含まれる場合は、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する] をオンにすることができます。 範囲の見出しセルは、クエリの列名を設定するために使用されます。

  5. クエリ エディターで、[値の置換] をクリックします。

注: データ範囲が名前付き範囲として定義されている場合、あるいは Excel 表に入っている場合、Power Query は自動的に範囲全体を検出し、クエリ エディターに読み込みます。クエリ エディターに読み込まれるとき、プレーン データは表に変換されます。

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

数式の例

クエリ エディターを使用すると、Power Query 用の式を作成できます。

= Excel.CurrentWorkbook(){[Name="Table1"]}[Content]

クエリ エディターの数式例

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

Power Query は Excel 2016 では [取得して変換] と呼ばれています

外部データ ソースからデータをインポートする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×