Excel 向けの外部リストをエクスポートする

Excel 向けの外部リストをエクスポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

外部リストと Microsoft Excel との間でデータを同期し、両方のデータ セットを最新状態に維持することができます。たとえば、共有や更新を容易にするために商品在庫情報をリストで保持し、一方で Microsoft Excel を使用して定期的な在庫分析を行うことができます。

注: Excel 2013 よりも前のバージョンと外部リストを同期することはできません。この操作を実行しようとすると、「リストに接続できません」というメッセージが表示されます。

詳細については、外部データに関するコンテンツを検索するを参照してください。

外部データを使うには、データに安全にアクセスできるよう、いくつかの必須タスクを実行する必要があります。後続の手順を計画するには、次に示す情報が役に立ちます。また、外部データを使うときに問題が発生した場合にも、この情報で問題を特定できます。外部データにアクセスするには、ユーザーまたは管理者は次の手順を行う必要があります。

外部データ ソースを準備する    適切なユーザーがデータにアクセスでき、データが不適切なユーザーの手に渡らないようにするために、管理者はアカウントを作成してデータ ソースへの権限を設定することが必要になる場合があります。外部データベースでは、管理者は必要最低限のものしか結果に表示しないテーブル、ビュー、クエリなどを作成して、パフォーマンスを向上させることができます。

SharePoint サービスおよびアカウントを構成する    管理者は、Business Data Connectivity Service、Secure Store Service をアクティブにする必要があります。これらのサービスを使用する方法については、「SharePoint 2013 用に Business Connectivity Services ソリューションを構成する」と「Business Connectivity Services と Secure Store を使用して SQL Azure のテーブルから外部リストを作成する」を参照してください。

Secure Store Service を構成する    管理者は、外部データ ソースに最適なアクセス モードの決定、ターゲット アプリケーションの作成、ターゲット アプリケーションに対する資格情報の設定を行う必要があります。Secure Store ターゲット アプリケーションを作成または編集します

Business Data Connectivity Service を構成する    管理者は、外部コンテンツ タイプを作成したユーザーに Business Data Connectivity メタデータ ストアへの権限を与えると共に、外部リストの基礎になる外部コンテンツ タイプへの権限を適切なユーザーに与える必要があります。詳細については、「SharePoint 2013 用に Business Connectivity Services ソリューションを構成する」を参照してください。

外部コンテンツ タイプを作成する    ユーザーは、接続、権限、操作の方法、列、フィルター、および外部データ ソースからデータを取得するために使用されるその他のメタデータに関する情報などの、外部コンテンツ タイプを定義する必要があります。

外部リストを作成する    ユーザーは、外部コンテンツ タイプを基礎にした外部リストに加え、必要に応じて外部リストの 1 つ以上のビューを作成する必要があります。

Office 製品が使用できる状態であることを確認する    外部データを Office 製品と同期するには、各クライアント コンピューターに Windows 7 以降と、無料のソフトウェア製品である SQL Server Compact 4.0、.NET Framework 4、および WCF Data Services 5.0 for OData V3 がインストールされていることを確認する必要があります (必要であれば、ソフトウェアをダウンロードするよう自動的に指示されます)。また、Office インストール オプション [Business Connectivity Services] が有効になっていることを確認してください (既定の設定)。このオプションにより、Business Connectivity Services Client Runtime がインストールされます。これは、外部データのキャッシュと同期、ビジネス データと外部コンテンツ タイプのマッピング、Office 製品での外部アイテム ピッカーの表示を行うほか、Office 製品内でカスタム ソリューションを実行します。

必要なソフトウェア製品をダウンロードする場合には、次を参照してください。「Office 2013 で外部データを使うために必要なソフトウェア」。

外部データを使用してその他の概要についてを参照してください:外部データに関するコンテンツを検索します。

Excel に外部リストをエクスポートする

  1. リストを含む SharePoint サイトに移動します。

  2. サイドリンク バーで SharePoint リストの名前をクリックするか Office 365 の [設定] ボタン 、[サイト コンテンツ] または [すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、リスト セクションの下でリストの名前をクリックします。

  3. [リスト]、[Excel にエクスポート] を順にクリックします。

    既定では、この機能は外部リストに対しては有効になっていますが、無効にすることもできます。

  4. 操作を確認するかどうかをたずねられたら、[OK] をクリックします。

  5. [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで、[開く] をクリックします。

  6. コンピューターでデータ接続を有効にするかどうかをたずねられたら、SharePoint サイトとのデータ接続を有効にしても危険でない場合は、[有効] をクリックします。

データ接続を使って、Web クエリ ファイルをベースにした Excel の表が作成されます。エクスポート テーブルに入る列は、現在の外部リスト ビューにより決まります。エクスポートされる外部データは、外部コンテンツ タイプと外部リスト ビューで定義されたフィルター、および SharePoint サイトの言語設定によって決まります。ページの制限はすべて無視されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×