Excel ワークシートにクエリを追加する (Power Query)

Excel ワークシートにクエリを追加する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

Power Query では、いくつかのオプションによってクエリをブックに読み込みます。 [オプション] ダイアログ ボックスで、既定のクエリ読み込み設定を構成できます。

操作

クエリをブックに読み込む

読み込みのオプションを調整する

Excel データ モデルにクエリを読み込む

既定のクエリ読み込みの設定

クエリをブックに読み込む

次のようなオプションにより、クエリをブックに読み込みます。

  1. 検索結果から

    検索結果
  2. [ナビゲーター] ウィンドウから

    ナビゲーター
  3. クエリ エディター から

    クエリ エディター
  4. [ブック クエリ] ウィンドウおよびコンテキスト [クエリ] リボン タブから

    ブック クエリ

注: [ 読み込み先] を [ブック クエリ] ウィンドウからクリックしたときは、 ワークシートへの読み込みデータ モデルの読み込みのみを実行できます。 その他の読み込み先オプションでは、クエリの読み込み方法を調整できます。 すべての読み込みオプションの詳細については、「読み込みのオプションを調整する」を参照してください。

読み込みのオプションを調整する

Power Query の読み込み先のオプションを使うと、次のようなことを実行できます。

  • データの表示方法を選ぶ。

  • データの読み込み場所を選ぶ。

  • データをデータ モデルに追加する。

Excel データ モデルにクエリを読み込む

注: このセクションの手順には Excel 2013 が必要です。

Excel データ モデルは、Excel ブック内の複数のテーブルで構成されるリレーショナル データ ソースです。データ モデルは Excel の中で透過的に利用され、ピボットテーブル、ピボットグラフ、Power View レポートで使用される表形式のデータを提供します。

Power Query では、 クエリの [ワークシートへの読み込み] 設定を変更しても、 [データ モデル] のデータと注釈は維持されます。 2 つの読み込み設定のいずれかを変更しても、Power Query ではワークシートとデータ モデルの両方のクエリ結果はリセットされません。

Excel データ モデルにクエリを読み込むには

  1. [ 読み込み先] ダイアログ ボックスで [このデータをデータ モデルに追加する] をオンにします。 [ 読み込み先] ダイアログ ボックスの表示方法については、「クエリをブックに読み込む」を参照してください。

既定のクエリ読み込みの設定

既定のクエリ読み込みの設定を構成するには

  1. [POWER QUERY] リボン タブで、[オプション] をクリックします。

  2. [ オプション] ダイアログ ボックスで [既定のクエリ読み込み設定] を選びます。

オプション

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×