Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織によっては、データを収集するのにフォームとしての Microsoft Office Excel ブックを使用します。通常、これらのブックには、ユーザー データを入力するための空白セルが含まれます。Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートにブックを変換するには、InfoPath でインポート ウィザードを使用します。ブックをフォーム テンプレートに変換することによっては、ユーザーがスキーマ検証などの InfoPath 機能には、繰り返しセクション、およびデータの入力規則などのビジネス ロジックなどの動的なコントロールを利用できます。さらに、ことができますフォーム テンプレートに利用可能な幅広いユーザーにブラウザー対応フォーム テンプレートを作成します。ブラウザー対応フォーム テンプレートを作成するには、 InfoPath Forms Servicesを実行しているサーバーにブラウザー互換フォーム テンプレートを発行する必要があります。Web ブラウザーを使ってブラウザー対応フォーム テンプレートに基づくフォームに入力することができます。

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換するとき、インポート ウィザードの既定の設定を使用すると、変換されたフォーム テンプレートには Excel ブックのレイアウトが含まれます。さらに、一定の条件を満たす Excel ブックのセルが、ユーザーがデータを入力できるテキスト ボックス コントロールに自動的に変換されます。たとえば、四辺すべての境界線を表示するようにセルが書式設定されている場合、そのセルは、変換されたフォーム テンプレートではテキスト ボックス コントロールに変換されます。インポート ウィザードの既定の設定を使用しない場合は、Excel ブックをインポートする際にレイアウトだけを含むようにするか、特定の種類のセルだけをコントロールに変換するかを選択することができます。

ここでは、変換処理でサポートされていない機能や設定など、Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する際の基本概念と手順について説明します。

この記事の内容

Excel ブックの InfoPath フォーム テンプレートへの変換について

変換時に完全にサポートされていない機能と設定

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する

Excel ブックの InfoPath フォーム テンプレートへの変換について

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換するとき、ブックが、新しいフォーム テンプレートの青写真のように使用されます。ブックの表構造は、フォーム テンプレートのレイアウト テーブルとして再作成されます。ブックを変換するときに、データ収集に使用するセルを含めた場合は、ブックのフィールドの場所に対応して、レイアウト用の表のセルのフォーム テンプレートにテキスト ボックス コントロールが追加されます。サポートされているセルのサイズと位置、セルの罫線と網かけ、セルの結合の有無が、変換されたフォーム テンプレートで保持されます。

ブックに複数のワークシートが含まれる場合は、1 番目のワークシートのデータと書式が、新しいフォーム テンプレートの既定表示に追加され、残りのワークシートは、フォーム テンプレートの対応するビューに変換されます。追加された各ビューのタイトルは、ワークシートのタイトルと一致します。

InfoPath インポート ウィザードを使用して変換したブックと、変換されたフォーム テンプレートとの関係を理解するには、次のように考えるとわかりやすくなります。たとえば、保険会社の担当者が 2 つのワークシートを含む Claims.xls という名前のブックを持っているとします。1 番目のワークシートには "家"、2 番目には "自動車" という名前が付いています。各ワークシートの列には、"種類"、"説明"、"貸付金額"、"購入価格" という見出しが付いています。各ワークシートの "貸付金額" 列と "購入価格" 列は、通貨データ型で書式設定されています。すべての列見出しは、青色の太字の文字で書式設定されています。"家" ワークシートには、割賦予定を計算するための数式が含まれています。四辺すべてに境界線の付いたセルは、顧客の名前を入力するのに使用します。

インポート ウィザードを使用して Claims.xls をフォーム テンプレートに変換すると、Claims.xsn という名前のフォーム テンプレートが作成されます。

InfoPath フォーム テンプレートへの変換前後の Excel ブック。
Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換しても、レイアウトとその他の要素は保持されます。

新しいフォーム テンプレートには 2 つのビューがあります。既定ビューである "家 (既定)" には、"家" ワークシートのレイアウトと書式設定が引き継がれます。 2 番目のビューである "自動車" には、"自動車" ワークシートのレイアウトと書式設定が引き継がれます。各ビューには、"種類"、"説明"、"貸付金額"、"購入価格" という列見出しの付いた表が含まれ、元のブックと同様に、青色の太字の文字で書式設定されています。ただし、インポート ウィザードで選択した設定によっては、次に示すように、変換されたフォーム テンプレートの機能が異なる場合があります。

  • インポート ウィザードを使用して Claims.xls をフォーム テンプレートに変換する際に、レイアウトだけを保持するように指定した場合    変換されたフォーム テンプレートには、Excel ブックに対応するレイアウト用の表が含まれます。テキスト ボックス コントロールは含まれません。

  • インポート ウィザードを使用して Claims.xls をインポートする際に、レイアウトを保持し、さらにセルをコントロールに変換するように指定した場合     変換されたフォーム テンプレートには、繰り返しテーブルが含まれます。四辺すべてに境界線の付いたセルなど、一定の条件を満たすセルと、割賦予定を計算する数式を含むセルまたは参照するセルが、テキスト ボックス コントロールに変換されます。

    注: 数式を含むセルまたは参照するセルは、テキスト ボックス コントロールに変換されますが、変換されたフォーム テンプレートに数式は保持されません。InfoPath の適切な機能を使用して、数式で提供される機能を再作成する必要があります。

ページの先頭へ

変換時に完全にサポートされていない機能と設定

Excel ブックの設定と書式設定の中には、InfoPath でサポートされていないものがあります。サポートされていない設定が含まれるブックを変換しても、変換された InfoPath フォーム テンプレートには、その機能や設定は含まれません。たとえば、ヘッダーにイメージを含むブックの場合、InfoPath のヘッダーとフッターではイメージをサポートしていないので、変換された InfoPath フォーム テンプレートには、そのイメージは保持されません。

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換するときに保持されない機能と設定の一覧を次に示します。

  • [縮小して全体を表示する] 機能で書式設定されたセル

  • セルの背景画像

  • セルの背景パターン

  • セルのグラデーション

  • 条件付き書式

  • データの入力規則

  • 数式

  • マクロ

  • 印刷の設定 (A4 用紙のサイズ変更、モノクロ、用紙中央、先頭ページ番号、ページの順序、画像、罫線の印刷、印刷品質、行見出しと列見出し、各ページの行と列、拡大/縮小、および印刷範囲の設定)

  • 縦書きの配置

  • 既定フォントの 10 pt より狭い行

  • ワードアート

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換するときに一部サポートされる機能と設定の一覧を次に示します。

データの書式設定を持つセル     データの書式設定を持つセルに適用されているスタイルと色は変換されません。たとえば、負の値を赤色で表示するように書式設定されているセルは、数値は変換されますが、赤色の書式設定は変換されません。

サポートされていないプロトコルを参照するハイパーリンク     ハイパーリンクはすべて変換されますが、http:、https:、ftp:、または mailto: 以外のプロトコルを使用するハイパーリンクは、ユーザーがリンクをクリックしても機能しません。

ヘッダーとフッターの配置と書式設定     Excel ブックのヘッダーとフッターは左側、中央部、右側のセクションを設定できます。これらの設定は、InfoPath にインポートする際に連結されます。たとえば、ヘッダーの左側のセクションが "Wendy Wheeler" で、中央部が "業務報告書" で、右側が "2007 年 10 月 13 日" である場合、InfoPath フォーム テンプレートにインポートすると、"Wendy Wheeler 業務報告書 2007 年 10 月 13 日" のように 1 つのヘッダーになります。ブックのヘッダーまたはフッターの 1 つのセクションだけに文字列が含まれる場合は、変換されたフォーム テンプレートの文字列は、元のセクションに対応した配置になります。たとえば、ブックのヘッダーの右側のセクションだけに文字列が含まれる場合は、フォーム テンプレートの対応する文字列は右側に配置されます。その他の場合、すべてのヘッダーまたはフッターの文字列は、インポートされたときに左側に配置されます。ブックの最初のヘッダーまたはフッターのセクションに適用されているフォント設定は、変換された InfoPath フォーム テンプレートのすべてのヘッダーとフッターに適用されます。

フォント変換     InfoPath では、新しいフォーム テンプレートを作成するときにブックのフォントをインポートしますが、ブックのフォントが、インポートを実行しているコンピュータにない場合は、フォーム テンプレート用に代替フォントが自動的に選択されます。

暗黙的に結合されたセル     Excel では、現在のセルに適合する文字数よりも多くの文字数の文字列を入力すると、文字列が後続のセルの上に表示され、セルが結合されたように表示されます。InfoPath では、この機能はサポートされていません。変換されたセルに、セルの幅よりも多くの文字数が含まれている場合は、InfoPath では、次の行に文字列が折り返されます。この現象を避けるには、ブックをインポートする前に、文字列を含めるのに必要なだけのセルと後続のセルを選択し、そのセルを結合して、結合されたセルに文字列が適合するようにします。

ピボットテーブル レポート     ピボットテーブル レポートはレイアウト用の表として変換されます。

大きな表     InfoPath でサポートされる表は、最大 63 列、999 行までです。Excel ブックでこの制限値を超えている場合は、最初の 63 列と 999 行だけが変換されます。

注: パスワードを使わずに、いくつかの Excel ブックを開くことができません。場合、ブックの場合は、されないことができます InfoPath に正常にインポートします。この問題を修正するのには、インポートする前に、ブックのパスワード要件を削除するしてみてください。さらに、いくつかのブックは、ワークシートの名前を変更または移動、削除、非表示にして、ブック内の別の構造要素を変更するユーザーを防ぐために設計されています。場合、ワークシートの場合は、されないことができます InfoPath に正常にインポートします。この問題を修正するのには、インポートする前に、ブックの制限を編集する構造を削除してみてください。

ページの先頭へ

Excel ブックを InfoPath フォーム テンプレートに変換する

  1. [ファイル] メニューの [フォームのインポート] をクリックします。

  2. [インポート ウィザード] ダイアログ ボックスの [Excel ブック用 InfoPath インポータ] をクリックして、[次へ] をクリックします。

  3. [参照] をクリックします。

  4. 変換する Excel ブックを特定してクリックし、[開く] をクリックします。

  5. 既定のインポート動作を変更するには、[オプション] をクリックて、必要なオプションを選択します。

  6. [完了] をクリックします。

    注: レイアウトと Excel ブックの複雑さによっては、レイアウトの要素またはコントロールが、変換された InfoPath フォーム テンプレートに思いどおりに表示されないことがあります。そのため、変換後にフォーム テンプレートの調整が必要になる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×