Excel ブックを "唯一の真実 (One Version of The Truth)" として発行するためのロードマップ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

"唯一の真実" が確保された Excel ブックの作成には、SharePoint サイト管理者、ブックの作成者、およびさまざまなエンド ユーザー間の共同作業が必要です。このロードマップでは、"唯一の真実" が確保された安全なブックを発行するための基本的なプロセスのほか、だれが何をすべきか、および、導入にあたっての詳しい情報の入手先について説明しています。

この記事の内容

「真実の 1 つのバージョン」とは何ですか。

手順 1: の準備

手順 2: SharePoint サイト上のドキュメント ライブラリを作成します。

手順 3: Excel Services の信頼されたリソースを定義します。

手順 4: 権限を設定します。

手順 5: Office データ接続ファイルを作成します。

手順 6: データ接続ライブラリで利用できるように Office Excel 2007

手順 7: を作成および Office Excel 2007 ブックを公開します。

手順 8:「真実の 1 つのバージョン」を表示します。

"唯一の真実" とは

Excel Services 上の外部データ ソースに接続された Microsoft Office Excel 2007 ブックを発行する場合、一般的な要件として、常に一貫した値や数式の結果をユーザーに提供すること、および、ブックに安全かつ最新の接続情報が使われていることが挙げられます。このことは、しばしば、"唯一の真実" を確保すると表現されます。

たとえば、全社的な予算報告書を作成するために、四半期ごとに部署間で予算データを照合しているとします。このとき、ブックごとに値が違っている、数式が計算されるタイミングや結果が異なるなど、一貫性の欠如から生じる混乱や見解の相違を最小限に抑え、全員が信頼性と一貫性のあるデータを使って作業していなければ、このプロセスを円滑に進めることはできません。

ページの先頭へ

手順 1: 準備

最適な結果を得るためには、サイト管理者、ブック作成者、およびエンド ユーザー全員が互いに協力しながら、次の準備作業を行う必要があります。

データを収集する     次の情報を特定して収集します。

  • 外部データ ソース接続および接続情報 (サーバー、データベース、キューブ名、クエリ、資格情報など)。

  • 発行する Office Excel 2007 ブック。

  • 適切なユーザー、アクセス許可、ロール、およびクライアント コンピュータの ID。

ソフトウェアをインストールする    インストールする必要のあるソフトウェアはユーザーごとに異なります。

  • サイトの管理者には、Excel Services を含むMicrosoft Office SharePoint Server 2007の完全なインストールが必要です。

  • ブック作成者の場合は Office Excel 2007 が必要です。

  • エンド ユーザーは、SharePoint サイトへのアクセスのほか、発行済みのブックをクライアント コンピュータで開く場合は、Office Excel 2007 が必要です。

詳細については、TechNet Web サイトの Office SharePoint Server 2007 Planning Guide および次のトピックを参照してください。

  • スプレッドシートへのアクセスを計画する

  • 外部データとの統合を計画する

  • データ接続の管理を計画する

  • Plan Excel reports against OLAP cubes (英語)

  • Plan Excel reports against relational databases

  • Plan Excel Services data presentation (英語)

  • Excel Web Access Web パーツを計画する

  • 外部データとの統合を計画する

ページの先頭へ

手順 2: SharePoint サイトにドキュメント ライブラリを作成する

サイト管理者は、Office Excel 2007 ブックや Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) を格納するためのドキュメント ライブラリを、Office SharePoint Server 2007 または Windows SharePoint Services 3.0 を使って作成します。

詳細については、Windows SharePoint Services 3.0 のヘルプおよび次のトピックを参照してください。

  • ライブラリの概要

  • ライブラリを作成する

ページの先頭へ

手順 3: Excel Services のための信頼できるリソースを定義する

サイト管理者は、Office SharePoint Server 2007 およびサーバーの全体管理 Web アプリケーションを使用して、信頼できるファイルの保存場所、信頼できるデータ プロバイダ、データ接続ライブラリ (DCL) リスト、信頼できる DCL を作成し、さらに、信頼できる場所には外部データ接続だけが使用されるように定義する必要があります。

詳細については、TechNet Web サイトの Office SharePoint Server 2007 Planning Guide の記事「Excel Services のセキュリティを計画する」の「Plan trust levels」セクションを参照してください。

ページの先頭へ

手順 4: アクセス許可を設定する

サイト管理者は、Office SharePoint Server 2007 を使用して DCL のアクセス許可を設定し、アイテムの表示のみ可能なアクセス許可レベルを定義します。

詳細については、次を参照してください。

  • TechNet Web サイトの Office SharePoint Server 2007 Planning Guide の記事「Excel Services のセキュリティを計画する」

  • サーバーの全体管理ヘルプの次のトピック

    • 使用するセキュリティ グループを選択する

    • カスタム アクセス許可レベルを定義する

    • 使用するアクセス許可レベルとグループを決定する

    • サイトのセキュリティを計画する

  • Windows SharePoint Services 3.0 ヘルプの次のトピック

    • サイトおよびサイトのコンテンツへのアクセス制御について

    • SharePoint グループおよびユーザーの管理について

    • Windows SharePoint Services (Version 3) のセキュリティ機能について

    • アクセス許可レベルを管理する

    • リスト、ライブラリ、フォルダ、ドキュメント、またはリスト アイテムの権限を管理する

    • SharePoint グループを管理する

    • アクセス許可レベルと権限

ページの先頭へ

手順 5: Office データ接続ファイルを作成する

ODC ファイルを作成すること、適切な認証設定を定義すること、データへのアクセス時に常に ODC ファイルが使用されるようにすること、および、接続ファイルを DCL に保存することは、ブック作成者が Excel を使用して行う作業です。

詳細については、Office Excel 2007 のヘルプおよび次のトピックを参照してください。

  • 外部データへの接続を作成、編集、および管理する

  • 外部データに接続する (インポートする)

  • 接続プロパティ

ページの先頭へ

手順 6: Office Excel 2007 でデータ接続ライブラリを利用可能にする

サイト管理者は、Office SharePoint Server 2007 を使用しながら、クライアント コンピュータ用の DCL リストを定義し、さらに、ユーザーの個人用サイトを使用するか、ユーザーのコンピュータの登録キーを設定してクライアント コンピュータとサーバー コンピュータを関連付けることにより、少なくとも 1 つの DCL を Excel で使用できるようにします。

詳細については、TechNet Web サイトの Office SharePoint Server 2007 Planning Guide の記事「ビジネス インテリジェンスを計画する」で、「データ接続の管理を計画する」を参照してください。

ページの先頭へ

手順 7: Office Excel 2007 ブックを作成して発行する

Office Excel 2007を使用すると、ブックの作成者は ODC ファイルを使用して、Excel Services にブックを保存し (省略可能) 特定のワークシートを選択または名前付きアイテムは、グラフやピボット テーブル レポートなど、ブックを作成します。

詳細については、Office Excel 2007 のヘルプおよび次のトピックを参照してください。

  • Excel と Excel Services でのブックの使用の相違点

  • ブックを Excel Services に発行する

  • Office Excel Web Access で使用するためのブックのパラメータを定義する

  • Excel Services からブックを編集または削除する

ページの先頭へ

手順 8: "唯一の真実" を表示する

Office SharePoint Server 2007を使用して、エンドユーザーは Excel Services でブックを表示、操作、および必要に応じて詳細分析用が自分のコンピューター上でブックを開きます。

詳細については、Office SharePoint Server 2007 のヘルプや操作方法を説明したホーム ページを参照してください。

ヒント: すべての Excel Services のヘルプ トピックの概要については、Excel Web Access のツールバーで [ヘルプ] ボタンをクリックすることもできます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×