Excel テーブルを SharePoint にエクスポートする

Excel テーブルから SharePoint リストにデータをエクスポートできます。リストをエクスポートすると、Excel により、サイトで新しい SharePoint リストが作成されます。他の SharePoint リストと同様に、サイトでデータを操作できます。

注: テーブルをリストとしてエクスポートしたとき、SharePoint リストへのデータ接続が作成されることはありません。エクスポート後に Excel でテーブルを更新しても、更新は SharePointn リストで反映されません。

SharePoint サイトのリストに Excel スプレッドシートのテーブルをエクスポートするには、以下が必要です。

  • リストを作成している SharePoint サイト。

  • サイトでリストを作成するためのアクセス許可。アクセス許可の状態がわからない場合、SharePoint サイトの管理者にお問い合わせください。

SharePoint サイトのデータシート ビューのリストを表示するには、以下が必要になります。

  • Excel または Access。これらのプログラムは、SharePoint サイトでデータシート ビューを使用するために必要です。

    注: 64 ビット版の Microsoft Office では、データシート ビューはサポートされていません。SharePoint サイトのリストでデータシート ビューを使用するには、32 ビット版の Office をインストールすることが推奨されます。

テーブルを SharePoint リストにエクスポートする

  1. テーブルの内側をクリックします。

  2. [デザイン]、[エクスポート]、[テーブルを SharePoint リストにエクスポート] の順にクリックします。

    テーブルのエクスポート ウィザード

  3. [アドレス] ボックスに、SharePoint サイトのアドレスまたは URL を入力します。

    重要:  Web アドレスの中で “/default.aspx” の前にある部分をすべて入力します。たとえば、アドレスが http://contoso/default.aspx であれば、「http://contoso」と入力します。アドレスが http://contoso/teams/accounting/sitepages/home.aspx であれば、「http://contoso/teams/accounting」と入力します。

    [SharePoint へのエクスポート ウィザード] ダイアログ ボックス

  4. [名前] ボックスに、リストの一意の名前を入力します。

  5. 任意で、[説明] ボックスに説明を入力します。

  6. [次へ] をクリックします。

    注: Office 365 の資格情報、組織のドメインの資格情報、または両方の入力が求められることがあります。

  7. [] と [データ型] に入力されている情報を確認し、[完了] をクリックします。

  8. [OK] をクリックします。

テーブルが公開されたことを示すメッセージと Uniform Resource Locator (URL) が表示されます。URL をクリックすると、リストに移動します。ブラウザーでお気に入りとして URL を追加します。

注: リストを開くもう 1 つの方法は、SharePoint サイトに移動し、右上隅の歯車アイコンをクリックし、[サイト コンテンツ] をクリックすることです。

サポートされているデータ型

Excel のデータ型の中には、SharePoint サイト上のリストにエクスポートできないものもあります。サポートされていないデータ型がエクスポートされると、これらのデータ型は SharePoint リストと互換性があるデータ型に変換されます。たとえば、Excel で作成した数式は、SharePoint リスト内の値に変換されます。データを変換すると、SharePoint サイトで列の数式を作成できます。

Excel のテーブルを SharePoint サイトにエクスポートする際に、SharePoint リストの各列は次のデータ型のいずれかに割り当てられます。

  • テキスト (1 行)

  • テキスト (複数行)

  • 通貨

  • 日付/時刻

  • 数値

  • ハイパーリンク (URL)

列に異なるデータ型のセルがある場合、列内のすべてのセルで使用できるデータ型が Excel によって適用されます。たとえば、列に数字とテキストが含まれている場合、SharePoint リストのデータ型はテキストになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×