Excel を計算機として使用する

Excel を計算機として使用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

電卓を使用する代わりに、Microsoft Excel を使用して計算します。

ワークシートでは、[ユーザーの追加、分割、乗算、および 2 つ以上の数値を減算する簡単な数式を入力できます。数式でこれらのいずれかを手動で入力せずに、値の系列をすばやく集計にオート Sum機能を使用することもできます。数式を作成した後は、隣接するセルにコピーできます: 何度も同じ式を作成する必要はありません。

これらの簡単な数式に慣れてきたら、複雑な数式の作成方法について学び、Excel で利用できるたくさんの数式の中からいくつかお試しになることをお勧めします。詳細については、「Overview of formulas (Excel の数式の概要)」と「Excel 関数 (機能別)」を参照してください。

注: 次の図は、 Excel 2016の要素を表示します。ビューは、別のバージョンの Excel を使っている場合は、異なる場合があります。

簡単な数式について

数式のすべてのエントリは、等号 (=) (=) から開始します。単純な数式の入力後に、数値を計算して、数学演算子を使用する等号 (=) するだけで、マイナス記号 (-)、減算、乗算、アスタリスク (*) を追加するには、プラス記号 (+) とスラッシュ (/) に分割します。ENTER キーを押してとすぐに計算され、数式の結果が表示されます。

たとえば、セル C5 に =12.99+16.99 と入力して Enter キーを押すと、Excel は結果を計算して、そのセルに 29.98 を表示します。

単純な数式の例

セルに入力した数式は、数式バーに表示されたままで、そのセルが選択されたときには常に確認できます。

重要: SUM関数が、減算関数はありません。マイナスの代わりに、使用する数式 (-) 演算子たとえば、8、=-3 + 2 ~ 4 + 12 します。または、マイナス記号を使用するには、SUM 関数の負の値に数値を変換するには数式の =SUM(12,5,-3,8,-4) が 12 を追加する SUM 関数を使用するたとえば、5、3 を減算する 8 を追加すると、その順序になるように、4 を減算します。

オート SUM を使用する

SUM 数式をワークシートに追加する最も簡単な方法では、オート Sum を使用します。すぐ上の空のセルを選択するか、合計] に、リボンの [ホームまたは数式] タブで目的の範囲] の下の [オート Sum ] をクリックして >合計を計算します。[オート Sum を合計して、数式を作成する範囲検知自動的にします。これは、場合にも適用水平方向の合計を計算する必要がある範囲の右または左にあるセルを選択します。

注: オート ​​SUM は、連続していないセル範囲では機能しないことにご注意ください。

オート SUM ウィザードを使用すると、自動的に SUM 数式を作成できます。集計する上/下または左/右の範囲を選び、リボンの [数式] タブに移動して、[オート SUM] の [合計] を選びます。

縦方向にオート SUM

セル B6 はオート SUM の合計の数式を示す: =SUM(B2:B5)

上記の図では、オート Sum 機能は、合計範囲と、セル b2: b5 を自動的に検出する表示されます。確認のために ENTER キーを押して実行する必要がある、です。以上のセルの追加/除外する必要がある場合は、選択範囲のと同じになるまで、Shift キーを押しながら選択した方向キーを保持できます。タスクを完了する Enter キーを押します。

Intellisense 関数ガイド:関数の下にタグを浮動 (数値 1, [数値 2],...) の合計が、intellisense によるガイドです。合計または関数の名前をクリックすることがその関数のヘルプ トピックに o 青いハイパーリンクが変わります。個々 の要素をクリックすると、数式内のそれぞれの代表的な部分が強調表示されます。この例では、のみ b2: b5 が強調表示、この数式で番号の参照を 1 つだけであるため。任意の関数の Intellisense タグが表示されます。

横方向にオート SUM

セル D2 はオート SUM の合計の数式を示す: =SUM(B2:C2)

SUM 関数は、[記事の詳細について説明します。

数式を再作成を回避します。

数式を作成した後は、他のセルにコピーできます: 同次数式を改訂する必要はありません。いずれかの数式をコピー]、または隣接するセルに数式をコピーする、フィル ハンドルを使って フィル ハンドル できます。

たとえば、セル B6 の数式をセル C6 にコピーすると、セル B6 の数式は自動的に変更され、C 行のセル範囲で更新されます。

数式をコピーするときに、セル範囲が自動的に更新されます。

数式をコピーする場合は、セル参照が正しいことを確認します。相対参照がある場合、セル参照を変更できます。詳細については、コピーと貼り付けを別のセルまたはワークシートに数式を参照してください。

電卓キーと同じ機能を持つ数式の記号

電卓のキー

Excel のキー

説明、例

結果

+ (プラス記号キー)

+ (プラス)

数式で使用すると、数字を加算します。例: =4+6+2

12

-(マイナス記号キー)

- (マイナス)

数式で使用すると、数字を減算するか、負の値を示します。

例: =18-12

例: = 24 *-5 (24 にマイナス 5 を乗算)


6

-120

x (乗算キー)

* (アスタリスク、または "星印" とも呼ばれます)

数式で使用すると、数字を乗算します。例: =8*3

24

÷ (除算キー)

/ (スラッシュ)

数式で使用すると、1 つの数字を別の数字で除算します。例: =45/5

9

% (パーセント キー)

% (パーセント)

* を数式で使用すると、パーセントで乗算します。例: =15%*20

3

(平方根)

SQRT 関数

SQRT 関数を数式で使用すると、数字の平方根を検索します。例: =SQRT(64)

8

1/x (逆数)

=1/n

数式で =1/n を使用します (n は、1 で除算する数字です)

例: =1/8

0.125

Excel で特定の質問がある場合

Excel のコミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Excel の機能を向上させるためのお願い

次のバージョンの Excel の改善に関する提案していますか。必要な場合をチェック アウトのトピックでは、 Excel ユーザーの音声

関連項目

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×