Excel または Visio でプロジェクト データのビジュアル レポートを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[ビジュアル レポートを使用すると、Excel 2010 でピボット テーブルの拡張を使用してプロジェクトの情報を表示できます。Excel にエクスポートしたプロジェクト情報をさらにピボット テーブルの機能の強化された Excel 2010 でレポートをカスタマイズする、フィルター スライサー、ピボット テーブル内での検索、ピボット テーブル内でのスパーク ラインを表示するなど、すぐの傾向] と [OLAP 書き戻し機能強化。

Excel 2010 のピボット テーブルの変更の詳細。

この記事の内容

使用可能な視覚的なレポート

テンプレートを使用してビジュアル レポートを作成する.

既存のビジュアル レポート テンプレートを編集します。

新しいビジュアル レポート テンプレートを作成します。

レポートのデータをエクスポートします。

使用可能なビジュアル レポート

[ビジュアル レポート: レポートの作成] ダイアログ ボックス ([プロジェクト] タブの [レポート] にある [ビジュアル レポート] をクリックすることでアクセスできます) では、レポート テンプレートは 6 つのカテゴリに分かれています。次のセクションでは、各カテゴリのビジュアル レポートについて説明します。

独自のユーザー設定レポートを作成することもできます。ユーザー設定レポートは、使用するデータの種類に応じたカテゴリに表示されます。

タスク配分状況カテゴリ

次の表は、タスク配分状況カテゴリのビジュアル レポートを示しています。これらのレポートは、時間配分のタスク データに基づいています。

注: 時間配分の割り当てデータは、割り当て配分状況カテゴリのレポートで使用できます。

名前

種類

説明

コスト表レポート

Excel

このレポートを使用して、コストと累積コストの金額を時間経過に沿って棒グラフに表示します。

達成額の実績レポート

Excel

このレポートを使用して、実績コスト (Actual Cost of Work Performed)、予定額 (Budgeted Cost of Work Scheduled)、および達成額 (Budgeted Cost of Work Performed) を時間経過に沿って描画するグラフを表示します。

リソース配分状況カテゴリ

次の表は、リソース配分状況カテゴリのビジュアル レポートを示しています。これらのレポートは、時間配分のリソース データに基づいています。

注: 時間配分の割り当てデータは、割り当て配分状況カテゴリのレポートで使用できます。

名前

種類

説明

コスト表レポート

Visio

このレポートを使用して、プロジェクトの予定コストと実績コストを時間経過に沿って表示するダイアグラムを表示します。コストはリソースの種類 (時間単価型、数量単価型、およびコスト型) ごとに表示されます。マークは、予定コストが基準コストを超えているかどうかを示します。

リソース利用可能時間レポート

Visio

このレポートを使用して、プロジェクトのリソースの作業時間と残りの利用可能時間を表示するダイアグラムを表示します。時間は、リソースの種類 (時間単価型、数量単価型、およびコスト型) ごとに表示されます。赤色のフラグは、割り当て超過の各リソースの横に表示されます。

リソース コスト サマリー レポート

Excel

このレポートを使用して、リソース コストにおける、3 種類のリソース (コスト型、数量単価型、および時間単価型) の割合を示す円グラフを表示します。

リソースの割り当て可能作業時間レポート

Excel

このレポートを使用して、時間単価型リソースの作業可能な時間数の合計、作業時間、および残存余力を時間経過に沿って棒グラフに表示します。

リソース作業時間サマリー レポート

Excel

このレポートを使用して、リソースの利用可能時間の合計、作業時間、残存余力、および実績作業時間を作業時間の単位で表す棒グラフを表示します。

割り当て配分状況カテゴリ

次の表は、割り当て配分状況カテゴリのビジュアル レポートを示しています。これらのレポートは、[タスク配分状況] ビューおよび [リソース配分状況] ビューに表示されるデータと同様に、時間配分のデータに基づいています。

名前

種類

説明

基準コスト レポート

Excel

このレポートを使用して、プロジェクトの基準コスト、予定コスト、および実績コストをタスク全体にわたって示す棒グラフを表示します。

基準レポート

Visio

このレポートを使用して、四半期ごと、さらにタスクごとに細分化したプロジェクトのダイアグラムを表示します。このレポートでは、予定の作業時間およびコストと、基準の作業時間およびコストを比較します。マークは、予定作業時間が基準作業時間を超える時点、および予定コストが基準コストを超える時点を表示します。

基準作業時間レポート

Excel

このレポートを使用して、プロジェクトの基準作業時間、予定作業時間、および実績作業時間をタスク全体にわたって表す棒グラフを表示します。

予算コスト レポート

Excel

このレポートを使用して、予算コスト、基準コスト、予定コスト、および実績コストを時間経過に沿って表す棒グラフを表示します。

予算作業時間レポート

Excel

このレポートを使用して、予算作業時間、基準作業時間、予定作業時間、および実績作業時間を時間経過に沿って表す棒グラフを表示します。

達成額の実績レポート

Excel

このレポートを使用して、実績コスト (Actual Cost of Work Performed)、予定額 (Budgeted Cost of Work Scheduled)、および達成額 (Budgeted Cost of Work Performed) を時間経過に沿って描画するグラフを表示します。

タスク サマリー、リソース サマリー、および割り当てのサマリー カテゴリ

次の表は、タスク サマリー、リソース サマリー、および割り当てのサマリーの各カテゴリのビジュアル レポートを示しています。サマリー レポートには、時間配分のデータは含まれません。

カテゴリ

名前

種類

説明

タスク サマリー

クリティカル タスク進捗レポート

Visio

このレポートを使用して、クリティカル タスクと非クリティカル タスクの作業時間および残存作業時間を表すダイアグラムを表示します。データ バーは、作業時間の達成率を示します。

タスク サマリー

タスク進捗レポート

Visio

このレポートを使用して、プロジェクト内のタスクの作業時間と作業時間の達成率のダイアグラム、および基準作業時間が作業時間を超える時点、基準作業時間が作業時間と等しくなる時点、作業時間が基準作業時間を超える時点を表す記号を表示します。データ バーは、作業時間の達成率を示します。

リソース サマリー

リソース残存作業時間レポート

Excel

このレポートを使用して、各時間単価型リソースの残存作業時間と実績作業時間を作業時間単位で表す棒グラフを表示します。

割り当てのサマリー

リソース進捗レポート

Visio

このレポートを使用して、プロジェクトのリソースごとに作業時間とコストの値のダイアグラムを表示します。作業時間の達成率は、ダイアグラムの各ボックスの網かけで表されます。割り当てられた作業時間の達成にリソースが近づくにつれて、網かけが濃くなります。

ページの先頭へ

テンプレートを使用したビジュアル レポートの作成

  1. [表示] タブの [レポート] グループで、 [ビジュアル レポート] をクリックします。
    レポート グループ グラフィック

  2. [ビジュアル レポート] ダイアログ ボックスの [すべて] タブで、作成するレポートをクリックします。

    作成するレポートが一覧に表示されていない場合は、[次の場所のレポート テンプレートを含める] チェック ボックスをオンにし、[変更] をクリックして、レポートがある場所を選択します。

    ヒント: レポートを含むカテゴリがわかっている場合、そのカテゴリのタブをクリックして、短いレポート一覧を表示することもできます。Excel または Visio でのみ開くレポートを一覧表示する場合は、[Microsoft Excel] または [Microsoft Visio] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. レポートに含まれる利用状況データのレベルを変更するには、[レポートに含める利用状況データのレベルを選択してください] ボックスの一覧で、[]、[四半期]、[]、[]、または [] をオンにします。

    注: 既定では、利用状況データのレベルは、プロジェクトのサイズに応じて推奨されるレベルに設定されます。これはほとんどのプロジェクトでは、週です。より詳細なレベルのデータを含むように指定すると、レポートのパフォーマンスが低下する可能性があります。最適なパフォーマンスを得るためには、同じプロジェクトの複数のレポートを同時に表示している場合、データ レベルを変更しないでください。データ レベルを変更した場合、ローカルに格納されている一時的なレポート データベースが再作成される必要があります。レポートに利用状況データを含める必要がない場合、最適なパフォーマンスを得るためには、データ レベルを [] に設定します。

  4. [表示] をクリックして、レポートを生成し、Excel または Visio で開きます。

ページの先頭へ

既存のビジュアル レポート テンプレートの編集

  1. [表示] タブの [レポート] グループで、 [ビジュアル レポート] をクリックします。
    レポート グループ グラフィック

  2. [ビジュアル レポート] ダイアログ ボックスの [すべて] タブで、編集するレポートをクリックします。

    ヒント: レポートを含むカテゴリがわかっている場合、そのカテゴリのタブをクリックして、短いレポート一覧を表示することもできます。Excel または Visio でのみ開くレポートを一覧表示する場合は、[Microsoft Excel] または [Microsoft Visio] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. [テンプレートの編集] をクリックします。

  4. [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスで、レポートに追加またはレポートから削除するフィールドをクリックし、[追加]、[削除]、または [クリア] をクリックし、[利用可能なフィールド] ボックスと [選択したフィールド] ボックスとの間、または [利用可能なユーザー設定フィールド] ボックスと [選択したユーザー設定フィールド] ボックスとの間でフィールドを移動します。

    [選択したフィールド] ボックスと [選択したユーザー設定フィールド] ボックスのフィールドがレポートに追加されます。

  5. [テンプレートの編集] をクリックして、フィールドの一覧が変更されたレポートを作成します。

  • [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスでは、一部のフィールドはディメンションとして識別されます。レポートに対して選択するディメンションは、6 個未満にすることが重要です。7 個以上のディメンションを選択すると、レポートのパフォーマンスが大幅に低下します。

  • レポートによっては使用できないフィールドもあります。一部のフィールドは、Visio レポートでのみ使用でき、Excel レポートでは使用できません。

  • 追加するフィールドが [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックス内に見つからない場合、別のデータ カテゴリに格納されている可能性があります。たとえば、[タスク サマリー] フィールドと考えられることがあるフィールドの多くは、実際には [割り当てのサマリー] フィールドです。

ページの先頭へ

新しいビジュアル レポート テンプレートの作成

  1. [表示] タブの [レポート] グループで、 [ビジュアル レポート] をクリックします。
    レポート グループ グラフィック

  2. [ビジュアル レポート] ダイアログ ボックスで、[新しいテンプレート] をクリックします。

  3. [アプリケーションの選択] で、[Excel] をクリックして Excel テンプレートを作成するか、[Visio] をクリックして Visio テンプレートを作成します。

  4. [データ型の選択] で、レポートで使用するデータの種類を選択します。

    時間配分のデータを含めるには、[データ型の選択] の一覧の [タスク配分状況]、[リソース配分状況]、または [割り当て配分状況] をクリックします。

  5. [フィールドの選択] をクリックします。

  6. [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスで、Ctrl キーを押しながら、[利用可能なフィールド] ボックスでレポートに追加する既定の Project フィールドをクリックします。

  7. [追加] をクリックして、それを [選択したフィールド] ボックスに移動します。

  8. Ctrl キーを押しながら、[利用可能なユーザー設定フィールド] ボックスでレポートに追加するユーザー設定フィールドをクリックします。

  9. [追加] をクリックして、ユーザー設定フィールドを [選択したユーザー設定フィールド] ボックスに移動します。

  • 英語版の Office Project 2007 がインストールされている場合、米国の単位を使用する Visio テンプレートを作成することもできます。

  • レポートからフィールドを削除するには、[ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスで、[選択したフィールド] ボックスまたは [選択したユーザー設定フィールド] ボックスのフィールドをクリックし、[削除] をクリックします。レポートから既定のフィールドまたはユーザー設定フィールドをすべて削除するには、[選択したフィールド] または [選択したユーザー設定フィールド] の [クリア] をクリックします。

  • レポートによっては使用できないフィールドもあります。一部のフィールドは、Visio レポートでのみ使用でき、Excel レポートでは使用できません。

  • 追加するフィールドが [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックス内に見つからない場合、別のデータ カテゴリに格納されている可能性があります。たとえば、[タスク サマリー] フィールドと考えられることがあるフィールドの多くは、実際には [割り当てのサマリー] フィールドです。

  • [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスでは、一部のフィールドはディメンションとして識別されます。レポートに対して選択するディメンションは、6 個未満にすることが重要です。7 個以上のディメンションを選択すると、レポートのパフォーマンスが大幅に低下します。

  • ビジュアル レポートの作成が完了したら、既定のテンプレートの場所 (c:\Program Files\Microsoft Office\Templates) に保存することも、コンピューターやネットワーク上の別の場所に保存することもできます。既定のテンプレートの場所に保存されたテンプレートは、[ビジュアル レポート: レポートの作成] ダイアログ ボックスに自動的に表示されます。

  • カスタムのビジュアル レポート テンプレートを保存した後に別の言語パックを使用し始めた場合、テンプレートは引き続き使用できますが、内容がなくなります。元のフィールド名は、新しい言語では認識されず、レポートに含まれていません。

ページの先頭へ

レポート データのエクスポート

特定のデータを選択してカテゴリ (OLAP キューブ) 内にエクスポートしたり、すべてのプロジェクト データをレポート データベースとしてエクスポートしたりできます。

OLAP キューブとしてのデータのエクスポート

  1. [表示] タブの [レポート] グループで、 [ビジュアル レポート] をクリックします。
    レポート グループ グラフィック

  2. [ビジュアル レポート] ダイアログ ボックスで、[データの保存] をクリックします。

  3. [レポート キューブの保存] で、保存するデータの種類を含むカテゴリを選択します。

  4. [フィールドの選択] をクリックして、エクスポートするデータの一覧に含まれるフィールドを変更します。

  5. [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスで、エクスポートするデータの一覧に追加または一覧から削除するフィールドをクリックし、[追加]、[削除]、または [クリア] をクリックし、[利用可能なフィールド] ボックスと [選択したフィールド] ボックスとの間、または [利用可能なユーザー設定フィールド] ボックスと [選択したユーザー設定フィールド] ボックスとの間でフィールドを移動します。

    [選択したフィールド] ボックスと [選択したユーザー設定フィールド] ボックスのフィールドが、エクスポートされるデータに追加されます。

  6. [ビジュアル レポート: フィールドの選択] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、[キューブの保存] をクリックします。

  7. キューブ データを保存する場所を選択し、[保存] をクリックします。

  • キューブ データは .cub ファイルとして保存されます。

  • Visio を使用してキューブ データにアクセスしている場合は、.cub ファイルをネットワーク共有上に保存できません。

レポート データベースとしてのデータのエクスポート

  1. [表示] タブの [レポート] グループで、 [ビジュアル レポート] をクリックします。
    レポート グループ グラフィック

  2. [ビジュアル レポート] ダイアログ ボックスで、[データの保存] をクリックします。

  3. [データベースの保存] をクリックします。

  4. データベースを保存する場所を選択し、[保存] をクリックします。

    データは Microsoft Office Access データベース (.mdb) ファイルとして保存されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×