Excel の起動方法をカスタマイズする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Office Excel を起動する前に、Excel を起動したときに、カスタム設定を含む特定のz0z_またはブックのテンプレートまたはワークシートのテンプレートまたはワークシートを自動的に開くようにすることができます。 特定のブックを開く必要がなくなった場合は、Excel の起動時にそのブックを開くことができないようにすることができます。

Excel を起動したときに開いているブックに Auto_Open などの自動マクロが含まれている場合、それらのマクロはブックが開くと実行されます。 必要に応じて、Excel を起動したときに自動的に実行されないようにすることができます。

ヒント: 

  • コマンドラインのスイッチとパラメーターをスタートアップコマンドに追加することで、Excel の起動方法をカスタマイズすることもできます。

  • 詳細については、「 Microsoft Office 製品のコマンドラインスイッチ」を参照してください。

空白のブックで自動的に Excel を起動する

Excel 2013 以降では、Excel の既定の設定では、起動時に最近使用したブック、場所、テンプレートが表示されます。 この設定は、この画面を無視して空白のブックを作成するように変更できます。 そのためには、次を実行します。

  1. [ファイル_GT_ のオプション] をクリックします。

  2. [全般] の [起動時の設定] で、[このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する] の横にあるボックスをクリックします。

  3. [ OK]をクリックします。

Excel 起動時に特定のブックを自動的に開く

Excel を起動したときに特定のブックを自動的に開くには、そのブックを XLStart フォルダーに配置するか、または、XLStart フォルダーに加えて、 _ z0z_を使用することができます。

[XLStart] フォルダーを見つける

Excel を起動すると、XLStart フォルダー内に配置されているブック、テンプレート、または [ z0z_ ] が自動的に開きます。 XLStart フォルダーのパスを確認するには、セキュリティセンターの設定を確認します。 そのためには、次を実行します。

  1. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [セキュリティセンター] をクリックし、[ Microsoft Office Excel セキュリティセンター] で [セキュリティセンターの設定] をクリックします。

  3. [信頼できる場所] をクリックし、信頼できる場所の一覧で [XLStart] フォルダーへのパスを確認します。

代替のスタートアップフォルダーを使用する

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開く] ボックスに、代替スタートアップフォルダーとして使用するフォルダーの完全なパスを入力します。

    Excel では、代替起動フォルダー内のすべてのファイルを開こうとしているため、Excel で開くことができるファイルのみを含むフォルダーを指定していることを確認してください。

注: 同じ名前のブックが、XLStart フォルダーと代替のスタートアップフォルダーの両方にある場合は、XLStart フォルダー内のファイルが開きます。

Excel 起動時に特定のブックが開かれないようにする

Excel を起動したときに自動的に開かれるブックの場所に応じて、次のいずれかの操作を実行して、ブックが起動時に開かれなくなるようにします。

  • ブックが XLStart フォルダーに保存されている場合は、そのフォルダーから削除します。

  • ブックが代替起動フォルダーに保存されている場合は、次の操作を行います。

    注: スタートアップフォルダーの場所の詳細については、「 XLStart フォルダーを探す」を参照してください。

    1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

    2. [全般] で、[起動時にすべてのファイルを開く] ボックスの内容をオフにして、[ OK] をクリックします。

    3. Windows エクスプローラーで、Excel を起動するアイコンをすべて削除し、代替起動フォルダーから自動的にブックを開きます。

      ヒント: または、そのアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[ショートカット] タブのブックへのすべての参照を削除することもできます。

Excel を起動したときにブックのテンプレートまたはワークシートのテンプレートを自動的に開く

頻繁に使用するブックの設定をブックテンプレートに保存し、Excel を起動するたびにそのブックテンプレートを自動的に開くことができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ブックテンプレートを使用するには、シート、既定のテキスト (ページヘッダー、列と行のラベルなど)、数式、マクロ、スタイル、およびブックのテンプレートに基づく新しいブックで使用するその他の書式設定を含むブックを作成します。

    • ワークシートテンプレートを使用するには、1つのワークシートを含むブックを作成します。 ワークシート上で、ワークシートテンプレートに基づくすべての新しいワークシートに表示する書式、スタイル、テキストなどの情報を含めます。

      ブックまたはワークシートのテンプレートに保存できる設定

      • セルとシートの書式。

      • 各シートのページの書式とz0z_の設定。

      • セルのスタイル。

      • ブック内のシートの数と種類。

      • ブックの保護された領域と非表示の領域。 シート、行、列を非表示にして、ワークシートのセルを変更できないようにすることができます。

      • ページのヘッダーや行と列のラベルなど、繰り返し使用するテキスト。

      • データ、グラフィック、数式、グラフ、その他の情報。

      • データの入力規則の設定。

      • フォーム上のマクロ、ハイパーリンク、および ActiveX コントロール。

      • ブックの計算オプションとウィンドウの表示オプション。

  2. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの [テンプレート] をクリックします。

  4. [保存先] ボックスで、テンプレートを保存するフォルダーを選びます。

    • _ Z0z_またはz1z_を作成するには、XLStart フォルダーまたは代替スタートアップフォルダーのいずれかを選択します。 スタートアップフォルダーのパスを確認するには、「 XLStart フォルダーを見つける」を参照してください。

    • ユーザー設定のブックまたはワークシートのテンプレートを作成するには、[テンプレート] フォルダーが選択されていることを確認します。

      パスは通常、次のようになります。 C:\Users\<user name>\AppData\Roaming\Microsoft\Templates

  5. [ファイル名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のブックテンプレートを作成するには、「 Book」と入力します。

    • 既定のワークシートテンプレートを作成するには、「 Sheet」と入力します。

    • ユーザー設定のブックまたはワークシートのテンプレートを作成するには、使用する名前を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

  7. [ファイル>閉じる] をクリックします。

Excel 起動時に自動マクロが実行されないようにする

Excel を起動したときに開かれるブックに記録されている自動マクロ (Auto_Open など) は、ブックが開くとすぐに自動的に実行されます。

  • マクロが自動的に実行されないようにするには、SHIFT キーを押しながら Excel を起動します。

ヒント: 自動マクロの詳細については、「マクロを実行する」を参照してください。

Excel 起動時に特定のブックを自動的に開く

Excel を起動したときに特定のブックを自動的に開くには、そのブックを XLStart フォルダーに配置するか、または、XLStart フォルダーに加えて、 _ z0z_を使用することができます。

XLStart フォルダーにブックを配置する

Excel を起動すると、XLStart フォルダー内に配置されているブック、テンプレート、または [ z0z_ ] が自動的に開きます。 この XLStart フォルダーは、Excel をインストールしたときに作成され、通常、次のいずれかの場所にあります。

  • Windows Vista では、通常、XLStart フォルダーへのパスは次のようになります。

    C:\Users\user name\AppData\Local\Microsoft\Excel\XLStart.

  • Microsoft Windows XP では、通常、XLStart フォルダーへのパスは次のようになります。

    C:\documents and と Settings\user という \ アプリケーション Data\Microsoft\Excel\XLStart.

    ヒント: セキュリティセンターでは、XLStart フォルダーへの正確なパスを見つけることができます。

    [XLStart] フォルダーを見つける方法

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

    2. [セキュリティセンター] をクリックし、[ Microsoft Office Excel セキュリティセンター] で [セキュリティセンターの設定] をクリックします。

    3. [信頼できる場所] をクリックし、信頼できる場所の一覧で [XLStart] フォルダーへのパスを確認します。

代替のスタートアップフォルダーを使用する

  1. Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックして、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

  2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開く] ボックスに、代替スタートアップフォルダーとして使用するフォルダーの完全なパスを入力します。

    Excel では、代替起動フォルダー内のすべてのファイルを開こうとしているため、Excel で開くことができるファイルのみを含むフォルダーを指定していることを確認してください。

注: 同じ名前のブックが、XLStart フォルダーと代替のスタートアップフォルダーの両方にある場合は、XLStart フォルダー内のファイルが開きます。

Excel 起動時に特定のブックが開かれないようにする

Excel を起動したときに自動的に開かれるブックの場所に応じて、次のいずれかの操作を実行して、ブックが起動時に開かれなくなるようにします。

  • ブックが XLStart フォルダーに保存されている場合は、そのフォルダーから削除します。

    • Windows Vista では、通常、XLStart フォルダーへのパスは次のようになります。

      C:\Users\user name\AppData\Local\Microsoft\Excel\XLStart.

    • Microsoft Windows XP では、通常、XLStart フォルダーへのパスは次のようになります。

      C:\documents and と Settings\user という \ アプリケーション Data\Microsoft\Excel\XLStart.

  • ブックが代替起動フォルダーに保存されている場合は、次の操作を行います。

    1. Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックして、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

    2. [全般] で、[起動時にすべてのファイルを開く] ボックスの内容をオフにして、[ OK] をクリックします。

    3. Windows エクスプローラーで、Excel を起動するアイコンをすべて削除し、代替起動フォルダーから自動的にブックを開きます。

      ヒント: または、そのアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[ショートカット] タブのブックへのすべての参照を削除することもできます。

Excel を起動したときにブックのテンプレートまたはワークシートのテンプレートを自動的に開く

頻繁に使用するブックの設定をブックテンプレートに保存し、Excel を起動するたびにそのブックテンプレートを自動的に開くことができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ブックテンプレートを使用するには、シート、既定のテキスト (ページヘッダー、列と行のラベルなど)、数式、マクロ、スタイル、およびブックのテンプレートに基づく新しいブックで使用するその他の書式設定を含むブックを作成します。

    • ワークシートテンプレートを使用するには、1つのワークシートを含むブックを作成します。 ワークシート上で、ワークシートテンプレートに基づくすべての新しいワークシートに表示する書式、スタイル、テキストなどの情報を含めます。

      ブックまたはワークシートのテンプレートに保存できる設定

      • セルとシートの書式。

      • 各シートのページの書式とz0z_の設定。

      • セルのスタイル。

      • ブック内のシートの数と種類。

      • ブックの保護された領域と非表示の領域。 シート、行、列を非表示にして、ワークシートのセルを変更できないようにすることができます。

      • ページのヘッダーや行と列のラベルなど、繰り返し使用するテキスト。

      • データ、グラフィック、数式、グラフ、その他の情報。

      • データの入力規則の設定。

      • フォーム上のマクロ、ハイパーリンク、および ActiveX コントロール。

      • ブックの計算オプションとウィンドウの表示オプション。

  2. Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの [テンプレート] をクリックします。

  4. [保存先] ボックスで、テンプレートを保存するフォルダーを選びます。

    • _ Z0z_またはz1z_を作成するには、XLStart フォルダーまたは代替スタートアップフォルダーのいずれかを選択します。

      • Windows Vista では、通常、XLStart フォルダーへのパスは次のようになります。

        C:\Users\user name\AppData\Local\Microsoft\Excel\XLStart.

    • Microsoft Windows XP では、通常、XLStart フォルダーへのパスは次のようになります。

      C:\documents and と Settings\user という \ アプリケーション Data\Microsoft\Excel\XLStart.

    • ユーザー設定のブックまたはワークシートのテンプレートを作成するには、[テンプレート] フォルダーが選択されていることを確認します。

      • Windows Vista では、通常、テンプレートフォルダーは次のようになります。

        C:\Users\<user name>\AppData\Roaming\Microsoft\Templates.

      • Microsoft Windows XP のテンプレートフォルダーは、通常、次のようになります。

        C:\documents and と Settings\<user name>\Application Data\microsoft\templates

  5. [ファイル名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のブックテンプレートを作成するには、「 Book」と入力します。

    • 既定のワークシートテンプレートを作成するには、「 Sheet」と入力します。

    • ユーザー設定のブックまたはワークシートのテンプレートを作成するには、使用する名前を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

  7. Microsoft Office ボタン (z0z_) をクリックし、[閉じる] をクリックします。

Excel 起動時に自動マクロが実行されないようにする

Excel を起動したときに開かれるブックに記録されている自動マクロ (Auto_Open など) は、ブックが開くとすぐに自動的に実行されます。

  • マクロが自動的に実行されないようにするには、SHIFT キーを押しながら Excel を起動します。

ヒント: 自動マクロの詳細については、「マクロを実行する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×