Excel の起動方法をカスタマイズする

Microsoft Office Excel を起動する前に、ユーザー設定が含まれる特定のブック、ブック テンプレート、またはシート テンプレートが Excel の起動時に自動的に開くように設定できます。特定のブックを開く必要がなくなった場合は、Excel の起動時にそのブックが開かないようにすることもできます。

Excel の起動時に開くブックに自動マクロ (Auto_Open など) が含まれている場合は、ブックが開くとマクロが実行されます。必要に応じて、Excel の起動時にこのようなマクロが自動的に実行されるのを防ぐことができます。

ヒント: 

Excel の起動時に特定のブックを自動的に開く

Excel の起動時に特定のブックを自動的に開くには、XLStart フォルダにブックを配置します。また、XLStart フォルダ以外に、代替スタートアップ フォルダーを使用することもできます。

XLStart フォルダーの場所を確認する

XLStart フォルダーに配置した任意のブック、テンプレート、またはワークスペース ファイルは、Excel を起動したときに自動的に開かれます。XLStart フォルダーのパスを確認するには、セキュリティ センターの設定を確認します。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[Microsoft Office Excel セキュリティ センター] の下にある [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  3. [信頼できる場所] をクリックし、信頼できる場所の一覧で XLStart フォルダのパスを確認します。

代替起動フォルダを使用する

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開くフォルダ] ボックスに、代替起動フォルダとして使用するフォルダの完全なパスを入力します。

    Excel は代替起動フォルダ内のすべてのファイルを開こうとするため、指定したフォルダには、Excel で開くことのできるファイルだけが含まれていることをご確認ください。

注: XLStart フォルダと代替起動フォルダに同じ名前のブックが含まれている場合は、XLStart フォルダ内のファイルが開きます。

Excel の起動時に特定のブックが開かないようにする

Excel の起動時にブックが開かないようにするには、起動時に自動的に開くブックの場所に応じて、次のいずれかの操作を行います。

  • ブックが XLStart フォルダに保存されている場合は、このフォルダからブックを削除します。

  • ブックが代替起動フォルダーに保存されている場合は、次の手順を実行します。

    注:  起動フォルダーの場所を確認する詳細については、「XLStart フォルダーの場所を確認する」をご覧ください。

    1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

    2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開くフォルダ] ボックスの内容を削除し、[OK] をクリックします。

    3. Windows エクスプローラで、Excel の起動時に代替起動フォルダのブックを自動的に開くように設定されているアイコンを削除します。

      ヒント: 該当するアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[ショートカット] タブでブックへの参照を削除することもできます。

Excel の起動時にブック テンプレートまたはシート テンプレートを自動的に開く

頻繁に使用するブックの設定をブック テンプレートに保存し、Excel を起動するたびにそのブック テンプレートを自動的に開くことができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ブック テンプレートを使用するには、ブックを作成して、そのブック テンプレートを基にする新規ブックで使用するシート、既定のテキスト (ページ ヘッダー、列ラベル、行ラベルなど)、数式、マクロ、スタイル、およびその他の書式設定を含めます。

    • シート テンプレートを使用するには、ワークシートを 1 つだけ含むブックを作成します。そのワークシートに、シート テンプレートを基にするすべての新規ワークシートで使用する書式設定、スタイル、テキスト、およびその他の情報を含めます。

      ブックまたはワークシート テンプレートに保存できる設定

      • セルとシートの書式。

      • 各シートのページ書式と印刷範囲の設定。

      • セルのスタイル。

      • ブック内のシートの数と種類。

      • ブックの保護された領域と非表示の領域。シート、行、および列を非表示にし、ワークシートのセルが変更されないようにすることができます。

      • 繰り返し使用するテキスト (ページ ヘッダー、行ラベル、列ラベルなど)。

      • データ、グラフィックス、数式、グラフなどの情報。

      • データの入力規則の設定。

      • フォーム上のマクロ、ハイパーリンク、および ActiveX コントロール。

      • ブックの計算方法の設定とウィンドウの表示オプション。

  2. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの [テンプレート] をクリックします。

  4. [保存先] ボックスのテンプレートを保存するフォルダをクリックします。

    • 既定のブック テンプレートまたは既定のワークシート テンプレートを作成するには、[XLStart] フォルダーか代替起動フォルダーを選択します。起動フォルダーのパスを確認するには、「XLStart フォルダーの場所を確認する」をご覧ください。

    • ユーザー設定のブック テンプレートまたはシート テンプレートを作成する場合は、Templates フォルダーが選択されていることを確認します。

      パスは通常、次のようになります。C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Templates

  5. [ファイル名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のブック テンプレートを作成する場合は、「Book」と入力します。

    • 既定のワークシート テンプレートを作成する場合は、「Sheet」と入力します。

    • ユーザー設定のブックまたはワークシート テンプレートを作成するには、使用する名前を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

  7. [ファイル]、[閉じる] の順にクリックします。

Excel の起動時に自動マクロが実行されないようにする

Excel の起動時に開くブックに記録されている自動マクロ (Auto_Open など) は、ブックが開いた直後に自動的に実行されます。

  • マクロが自動的に実行されないようにするには、Shift キーを押しながら Excel を起動します。

ヒント: 自動マクロの詳細については、「マクロを実行する」を参照してください。

Excel の起動時に特定のブックを自動的に開く

Excel の起動時に特定のブックを自動的に開くには、XLStart フォルダにブックを配置します。また、XLStart フォルダ以外に、代替スタートアップ フォルダーを使用することもできます。

XLStart フォルダにブックを配置する

XLStart フォルダに配置したブック、テンプレート、またはワークスペース ファイルは、Excel の起動時に自動的に開きます。この XLStart フォルダは、Excel のインストール時に作成され、通常、次のいずれかの場所にあります。

  • Windows Vista の場合、通常、XLStart フォルダのパスは次のとおりです。

    C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Excel¥XLStart

  • Microsoft Windows XP の場合、通常、XLStart フォルダーのパスは次のとおりです。

    C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Microsoft¥Excel¥XLStart

    ヒント: XLStart フォルダーの正確なパスは、セキュリティ センターで確認できます。

    XLStart フォルダーの場所を確認する方法

    1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [セキュリティ センター] をクリックし、[Microsoft Office Excel セキュリティ センター] の下にある [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

    3. [信頼できる場所] をクリックし、信頼できる場所の一覧で XLStart フォルダのパスを確認します。

代替起動フォルダを使用する

  1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。次に、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

  2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開くフォルダ] ボックスに、代替起動フォルダとして使用するフォルダの完全なパスを入力します。

    Excel は代替起動フォルダ内のすべてのファイルを開こうとするため、指定したフォルダには、Excel で開くことのできるファイルだけが含まれていることをご確認ください。

注: XLStart フォルダと代替起動フォルダに同じ名前のブックが含まれている場合は、XLStart フォルダ内のファイルが開きます。

Excel の起動時に特定のブックが開かないようにする

Excel の起動時にブックが開かないようにするには、起動時に自動的に開くブックの場所に応じて、次のいずれかの操作を行います。

  • ブックが XLStart フォルダに保存されている場合は、このフォルダからブックを削除します。

    • Windows Vista の場合、通常、XLStart フォルダのパスは次のとおりです。

      C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Excel¥XLStart

    • Microsoft Windows XP の場合、通常、XLStart フォルダーのパスは次のとおりです。

      C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Microsoft¥Excel¥XLStart

  • ブックが別の起動フォルダーに保存されている場合は、次の手順を実行します。

    1. [Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。次に、[詳細設定] カテゴリをクリックします。

    2. [全般] の [起動時にすべてのファイルを開くフォルダ] ボックスの内容を削除し、[OK] をクリックします。

    3. Windows エクスプローラで、Excel の起動時に代替起動フォルダのブックを自動的に開くように設定されているアイコンを削除します。

      ヒント: 該当するアイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[ショートカット] タブでブックへの参照を削除することもできます。

Excel の起動時にブック テンプレートまたはシート テンプレートを自動的に開く

頻繁に使用するブックの設定をブック テンプレートに保存し、Excel を起動するたびにそのブック テンプレートを自動的に開くことができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ブック テンプレートを使用するには、ブックを作成して、そのブック テンプレートを基にする新規ブックで使用するシート、既定のテキスト (ページ ヘッダー、列ラベル、行ラベルなど)、数式、マクロ、スタイル、およびその他の書式設定を含めます。

    • シート テンプレートを使用するには、ワークシートを 1 つだけ含むブックを作成します。そのワークシートに、シート テンプレートを基にするすべての新規ワークシートで使用する書式設定、スタイル、テキスト、およびその他の情報を含めます。

      ブックまたはワークシート テンプレートに保存できる設定

      • セルとシートの書式。

      • 各シートのページ書式と印刷範囲の設定。

      • セルのスタイル。

      • ブック内のシートの数と種類。

      • ブックの保護された領域と非表示の領域。シート、行、および列を非表示にし、ワークシートのセルが変更されないようにすることができます。

      • 繰り返し使用するテキスト (ページ ヘッダー、行ラベル、列ラベルなど)。

      • データ、グラフィックス、数式、グラフなどの情報。

      • データの入力規則の設定。

      • フォーム上のマクロ、ハイパーリンク、および ActiveX コントロール。

      • ブックの計算方法の設定とウィンドウの表示オプション。

  2. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの [テンプレート] をクリックします。

  4. [保存先] ボックスのテンプレートを保存するフォルダをクリックします。

    • 既定のブック テンプレートまたは既定のワークシート テンプレートを作成するには、[XLStart] フォルダーか別の起動フォルダーを選択します。

      • Windows Vista の場合、通常、XLStart フォルダーのパスは次のとおりです。

        C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Local¥Microsoft¥Excel¥XLStart

    • Microsoft Windows XP の場合、通常、XLStart フォルダーのパスは次のとおりです。

      C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Microsoft¥Excel¥XLStart

    • ユーザー設定のブック テンプレートまたはシート テンプレートを作成する場合は、Templates フォルダが選択されていることを確認します。

      • Windows Vista の場合、通常、Templates フォルダは次の場所にあります。

        C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Templates

      • Microsoft Windows XP の場合、通常、Templates フォルダーは次の場所にあります。

        C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Microsoft¥Templates

  5. [ファイル名] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のブック テンプレートを作成する場合は、「Book」と入力します。

    • 既定のワークシート テンプレートを作成する場合は、「Sheet」と入力します。

    • ユーザー設定のブックまたはワークシート テンプレートを作成するには、使用する名前を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

  7. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[閉じる] をクリックします。

Excel の起動時に自動マクロが実行されないようにする

Excel の起動時に開くブックに記録されている自動マクロ (Auto_Open など) は、ブックが開いた直後に自動的に実行されます。

  • マクロが自動的に実行されないようにするには、Shift キーを押しながら Excel を起動します。

ヒント: 自動マクロの詳細については、「マクロを実行する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×