スキップしてメイン コンテンツへ

Excel の数式に計算演算子を使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

演算子は、数式の要素に対して実行する計算の種類を指定します。Excel では、計算のための一般的な数学的ルールに従います。これは、かっこ指数乗算と除算足し算と減算、または頭字語のPEMDAS (親愛なる叔母サリーを許してください).かっこを使用すると、その計算順序を変更できます。

演算子の種類。計算演算子は、算術比較テキスト連結参照の 4 種類です。

  • 算術演算子

    次に挙げる算術演算子は、加算、減算、乗算、除算などの基本的な計算を実行し、数値を組み合わせて、計算結果として数値を返します。

    算術演算子

    意味

    使用例

    + (正符号)

    加算

    =3+3

    - (負符号)

    減算

    = 3 – 3
    =-3

    * (アスタリスク)

    乗算

    =3*3

    / (スラッシュ)

    除算

    =3/3

    % (パーセント記号)

    パーセント

    30%

    ^ (キャレット)

    べき算

    =3^3

  • 比較演算子

    2 つの値を比較する場合は、次の比較演算子を使います。これらの演算子を使って 2 つの値を比較すると、計算結果として論理値 TRUE または FALSE を返します。

    比較演算子

    意味

    使用例

    = (等号)

    等しい

    =A1=B1

    > (大なり記号)

    より大きい

    =A1>B1

    < (小なり記号)

    より小さい

    =A1<B1

    >= (より大か等しい記号)

    以上

    =A1>=B1

    <= (より小か等しい記号)

    以下

    =A1<=B1

    <> (不等号)

    等しくない

    =A1<>B1

  • テキスト連結演算子

    文字列演算子のアンパサンド (&) を使って、1 つ以上の文字列を連結 (結合) して、1 つの文字列を作成します。

    文字列演算子

    意味

    使用例

    & (アンパサンド)

    2 つの文字列を結合、または連結して、1 つの連続する文字列の値を作成する

    = "ノース" & "風" は "Northwind" で検索されます。
    ここで、a1 は "姓" を保持し、b1 は "姓", = a1 & "," & b1 "名" という名前の結果を保持します。

  • 参照演算子

    次の演算子を使用して、計算するセル範囲を結合します。

    参照演算子

    意味

    使用例

    : (コロン)

    セル範囲の参照演算子。指定した 2 つのセル参照と、その間に含まれるすべてのセルによって構成される 1 つの参照を作成する

    B5:B15

    , (カンマ)

    複数の範囲を表す参照演算子。複数の参照を 1 つの参照に結合する

    =SUM(B5:B15,D5:D15)

    (スペース)

    共通部分を示す参照演算子。2 つの参照に共通する 1 つのセル参照を作成する

    B7:D7 C6:C8

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×