Excel の外部データ モデルに接続された Power View シートの作成

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel 2013 では、すべてのブックに、Excel、、Excel の Power View シートで変更できる内部データ モデルを含めることができます。1 つのブックに含めることができる内部データ モデルは 1 つだけですが、その同じブック内のデータ モデルまたは外部データ ソース (別のブック、または SQL Server 2012 Analysis Services (SSAS) テーブル モデル) を基に Power View シートを作成できます。1 つの Excel ブックに複数の Power View シートを含めることができ、各シートはそれぞれ異なるデータ モデルを基に作成できます。データ モデルPowerPivot

  1. 外部データ モデルを基に Power View シートを作成するには、ブックに空の Excel ワークシートを挿入し、[データ] タブの [外部データの取り込み] をクリックします (接続を作成するか、既存の接続を使用します)。

    • このブックで既に使用している接続を再利用する場合は、[既存の接続] をクリックし、使用する接続を選択して [開く] をクリックします。

注: PowerPivot ウィンドウで外部データを取り込んだ場合は、自動的に内部データ モデルに追加されるため、別個のデータ モデルにはなりません。

  1. データ接続ウィザードで必要な情報を入力します。

  2. 最後に、[データのインポート] ダイアログ ボックスで、[Power View レポート] をクリックします。

Excel で新しい Power View シートが開き、フィールド リストに外部データ モデルが表示されます。

各 Power View シートには、独自のグラフ、テーブル、およびその他の視覚エフェクトが含まれています。2 つのシートが同じデータ モデルを基に作成されている場合にのみ、シート間でグラフやその他の視覚エフェクトをコピーして貼り付けることができます。

Excel のデータ モデルの詳細については、こちらをお読みください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×