Excel の保護とセキュリティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel では、作業内容を保護する機能を他のユーザーがパスワードを使わずにブックを開く、ブックを読み取り専用のアクセスを許可する、または任意の数式を誤って削除しないようにもワークシートを保護するかどうか。このトピックでは、プライマリを利用できるさまざまな方法について説明を保護し、Excel ファイルを配布するオプション。

警告: 

  • パスワードを忘れたか、なくした場合、Microsoft がそれを取り戻すことはできません。

  • ブックまたはワークシートの安全であることをパスワードで保護するためにだけをものいない常に考えてくださいクレジット_カード番号、社会などの個人情報を含む Excel ブックを配布する前にセキュリティ番号、従業員 id、いくつかの名前です。

  • セキュリティ機能としては、ワークシート レベルの保護することはありません。単純に、ユーザーが、ワークシート内でロックされたセルを変更できなくなります。

次に、さまざまなオプションを Excel データを保護します。

  • ファイル レベル:パスワードを指定し、Excel ファイルをロックする機能です。ファイルを開いたり、改ざんしたりできなくなります。これには 2 つの選択肢があります。

    • ファイルの暗号化:このオプションを選択した場合、パスワードを指定し、Excel ファイルをロックします。他のユーザーはファイルを開けなくなります。詳細については、「Protect an Excel file」 (Excel ファイルを保護する) を参照してください。

    • ファイルを開いたり、編集したりするためのパスワードを設定する:ファイルを開いたり、編集したりするためのパスワードを指定します。読み取り専用アクセスや編集アクセスを他のユーザーに与える必要があるとき、このオプションを使用します。詳細については、「Protect an Excel file」 (Excel ファイルを保護する) を参照してください。

    • 最終版にする:Excel ファイルを最終版にして他のユーザーによる変更を禁止する場合、このオプションを使用します。詳細については、「文書、ブック、プレゼンテーションの保護の追加または削除」を参照してください。

    • アクセスを制限する:組織が Information Rights Management (IRM) を利用してアクセス許可を設定している場合、利用できる IRM アクセス許可を自分の文書に適用できます。詳細については、「文書、ブック、プレゼンテーションの保護の追加または削除」を参照してください。

    • デジタル署名:Excel ファイルにデジタル署名を追加できます。詳細については、「Office ファイルでデジタル署名を追加または削除する」を参照してください。

      注: デジタル署名を追加するには、証明書機関 (CA) の有効な証明書が必要になります。

  • ブック レベル:パスワードを指定し、ブック構成をロックできます。ブック構成をロックすると、他のユーザーはワークシートを追加、移動、削除、非表示、名称変更できなくなります。ブックの保護の詳細については、「Protect a workbook」 (ブックを保護する) を参照してください

  • ワークシート レベル:シートの保護については、ワークシート内でユーザーが実行できる操作を制御できます。シート内でユーザーが実行できる操作を厳密に指定できます。それにより、ワークシートの重要なデータが変更されません。たとえば、ユーザーに行と列の追加のみを許可したり、オートフィルターの並べ替えと使用のみを許可したりできます。シート保護を有効にすると、セル、範囲、数式、ActiveX、フォーム コントロールなど、他の要素を保護できます。ワークシートの保護の詳細については、「Protect a worksheet」 (ワークシートを保護する) を参照してください

どのレベルの保護を使用する必要がありますか。

  • Excel ファイルに対するアクセス レベルを制御するには、ファイル レベルの保護を使用します。チーム メンバーの週間ステータス レポートを Excel ファイルで用意するとします。チーム以外の人はこのファイルを開けないようにします。2 つの選択肢があります。

    • 他人が自分のファイルを開けないようにしたい:Excel ファイルを暗号化できます。これは最も一般的に利用される手法です。これは基本的にパスワードによるロックです。本人以外は開けなくなります。

    • 読み取り専用アクセスまたは編集アクセスを他のユーザーに許可したい:たとえば、チーム マネージャーに週間ステータス レポートの編集アクセスを与え、チーム メンバーには読み取り専用アクセスを与えます。2 つのパスワードを指定し、Excel ファイルを保護できます。1 つは開くためのパスワードで、もう 1 つは編集するためのパスワードです。その後、チームとパスワードを共有できます (与えられたアクセス許可に基づく)。

  • 内のワークシートにユーザーが連携方法を制御するため、ブックの構造、ブック レベルの保護を使用する。たとえば、ステータス レポートのブックには、複数のワークシートが含まれているし、チーム メンバーが付けられる各ワークシートします。各チーム メンバーは、独自のワークシートにデータを追加できますが、ブックで、ワークシートのいずれか、新しいワークシートを追加するか、ブック内のワークシートを移動するかどうかを変更することはできないかどうかを確認します。

  • 個々のワークシート内でユーザーが実行できる操作を制御するには、ワークシート レベルの保護を使用します。たとえば、ステータス レポート ブックの各ワークシートに、ヘッダー行や特定のレポート レイアウトなど、すべてのワークシートに共通するデータが含まれており、その変更は誰にも許可しないとします。ワークシートを保護することで、シート内で特定の機能の実行のみをユーザーに許可します。たとえば、データの入力を許可するが、行や列の削除を禁止します。または、ハイパーリンクの挿入やデータの並べ替えのみを許可します。

自身または組織のニーズに基づき、1 つまたは複数の保護レベルを Excel データに適用できます。利用できるオプションをすべて利用したり、オプションを組み合わせて利用したりできます。Excel データに適用するセキュリティのレベルに合わせて決定してください。たとえば、共有 Excel ファイルを暗号化し、ブックとワークシートの保護を有効にできます。または、個人のブックでワークシート保護を適用し、数式をうっかり削除しないようにできます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Excel ファイルを保護する

ブックを保護する

ワークシートを保護する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×