スプレッドシートから Excel に切り替える

ヒント

Excel のヒント

Google シートと Web 用 Excelの違いがわかります。 ここでは、 Web 用 Excel を簡単に切り替えるためのヒントをいくつか紹介します。

ヒント 1:必要な機能は [ホーム] タブにある

[切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、[書式の貼り付け] ボタンがある [ホーム] タブ、フォント、配置、数値の書式などの書式のオプション、行/列の挿入、合計と並べ替え

[ホーム] タブには、よく使用されるボタンと機能があります。たとえば、クリップボードのボタン (切り取り、コピー、貼り付けなど) と書式設定のオプション (色、配置、数値の書式設定など) などがあります。

[ホーム]タブの右側を確認してください。 ここで行や列の挿入、数値の合計、並べ替えを実行できます。

ヒント 2:[挿入] タブはテーブル、グラフなどに使用する

[挿入] タブは、テーブル、グラフ、ハイパーリンクなど、特殊な項目を挿入するための場所です。

行、列、セルを挿入する必要がある場合は、[ホーム]タブの右側に移動します。

[挿入] タブ、[グラフ] メニュー

ヒント 3: フォームが必要な場合 アンケートから始めます。

データベースを収集するフォームを挿入するには、まず OneDrive で [新規]、[Excel アンケート] の順にクリックしてアンケートを作成します。 これで、アンケートと、アンケートのデータを収集するブックが作成されます。

[新規] メニュー、[Excel アンケート] コマンド

ヒント 4:列と行を同時に固定する

列と行を同時に固定するには、固定する行の "下"にあり、固定する列の "右"にあるセルを選びます。 [表示]、[ウィンドウ枠の固定]、[ウィンドウ枠の固定] の順に選びます。

[表示] タブ、[ウィンドウ枠の固定] メニュー、[ウィンドウ枠の固定] コマンド

ヒント 5:テーブルを使ってフィルター処理を実行する

フィルター処理を実行するには、データ内をクリックし、[挿入]、[テーブル] の順にクリックします。 これでフィルター ボタンを使用できるようになります。

[挿入] タブ、[表] ボタン、[フィルター] メニュー

ヒント 6:オート SUM で範囲を検出 - 選択する必要なし

連続するセルに数値が入力されている場合、[オート SUM] ボタン [オート SUM] ボタン を使うと処理が簡単になります。 範囲が検出され、自動的に合計が計算されます。 この例では、セル C2 から C7 が合計対象として検出されます。 Google スプレッドシートのようにセル参照を入力する必要はありません。

[オート SUM] ボタンで自動的に検出されたセルの範囲

ヒント 7:オフラインで作業する

Google ドライブ アプリと同様に、OneDrive アプリではファイルをコンピューターと同期できます。 エクスプローラーまたは Mac Finder を開き、左側にある OneDrive フォルダーを表示します。 ファイルをこのフォルダーにコピーする、移動するなどの操作を行います。 インターネットから切断している場合でも、これらのファイルを開いて編集できます。 再接続すると、OneDrive と同期されます。

Windows エクスプローラー、OneDrive フォルダー、Excel ファイル

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×