Excel のテーブルの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

関連するデータのグループを簡単に管理および分析できるようにするには、セルの範囲を Microsoft Office Excel のテーブル (以前の Excel リスト) に変換します。 テーブルには一般的にワークシートの一連の行と列に関連データが含まれ、それらがテーブルとして書式設定されています。 テーブル機能を使用すると、ワークシート内の他の行および列内のデータから独立して、テーブル内の行および列内のデータを管理できます。

Excel のテーブルのデータ

注: Excel テーブルを what-if 分析と呼ばれるコマンド群の一部であるデータ テーブルと混同しないようにしてください。データ テーブルの詳細については、「データ テーブルを使って複数の結果を計算する」を参照してください。

Excel のテーブルの要素について

テーブルには、次の要素を含めることができます。

  • 見出し行:    既定では、テーブルには見出し行があります。 すべてのテーブルの列でフィルター処理が有効になっているので、テーブルのデータのフィルター処理または並べ替えをすばやく行うことができます。

    Excel テーブルのヘッダー行

  • 縞模様 (行):    既定では、データを区別しやすくするためにテーブル内の行に網掛けまたは縞模様が交互に適用されています。

    Excel テーブルの縞模様 (行)

  • 集計列:    テーブルの列の 1 つのセルに式を入力することで、そのテーブルの列内の他のすべてのセルに式を直ちに適用する集計列を作成できます。

    Excel テーブルの計算列

  • [集計] 行   表 (、平均、またはSUM関数など) の集計へのアクセスを提供するには、[集計] 行を追加できます。すばやくを合計を計算することができますが、合計行の各セルの] ボックスの一覧が表示されます。

    Excel の表の集計行

  • サイズ変更ハンドル:    テーブルの右下にあるサイズ変更ハンドルを使うと、必要なサイズになるようにテーブルをドラッグすることができます。

    Excel テーブルの最後のセルの右下隅にあるサイズ変更ハンドル

Excel のテーブルのデータを管理する

1 つのテーブルを使用してデータを管理できますが、複数のデータのグループを管理する場合は、同じワークシート内に複数のテーブルを挿入できます。

Windows SharePoint Services サイトのアクセス権および編集アクセス許可を持っている場合は、このサイトを使用して他のユーザーとテーブルを共有することができます。 テーブル データを SharePoint リストにエクスポートすることによって、他のユーザーが SharePoint リスト内のテーブル データを表示、編集、更新することができます。 SharePoint リストへの 1 方向の接続を作成すると、ワークシートのテーブル データを更新して、SharePoint リストで行われたデータの変更を取り込むことができるようになります。 Excel でテーブル データに加えた変更を反映するように SharePoint リストを更新することはできません。 テーブル データを SharePoint リストにエクスポートした後で、SharePoint リストを Excel で読み取り専用で開くことができます。変更する必要がある場合は、SharePoint サイトのデータのみを変更できます。

注: ブックが共有ブックの場合は、テーブルを作成することはできません。

テーブル データを管理するために使用できるテーブルの機能

  • 並べ替えとフィルター処理   フィルターのドロップダウン リストは、テーブルの見出し行に自動的に追加されます。昇順または降順では、色、または表を並べ替えることができますかをユーザー設定の並べ替え順序を作成することができます。指定すると、または色で表示する条件を満たすデータだけを表示するテーブルをフィルター処理することができます。フィルター処理する方法やデータの並べ替えの詳細については、データのフィルター処理並べ替えのデータを参照してください。

  • テーブル データを書式設定する:    事前に定義されたテーブル スタイルまたはカスタム テーブル スタイルを適用すると、テーブル データをすばやく書式設定できます。 [表のスタイル] オプションを選んで、見出しまたは集計行が含まれるテーブルまたは含まれないテーブルを表示し、行または列の縞模様を適用して、テーブルを読みやすくしたり、テーブル内の最初の列または最後の列と他の列を区別しやすくしたりすることができます。 テーブル データの書式設定方法の詳細については、「Excel のテーブルを書式設定する」を参照してください。

  • テーブルの行と列を挿入および削除する:    次のいずれかの方法を使用して、テーブルに行と列を追加することができます。 テーブルの末尾に空白の行をすばやく追加する、隣接するワークシートの行または列をテーブルに含める、または必要な場所にテーブル行およびテーブル列を挿入することができます。 必要に応じて行や列を削除できます。 重複するデータが含まれる行をテーブルからすばやく削除することもできます。 テーブルの行および列の追加および削除の詳細については、「Excel のテーブルの列や行を追加または削除する」を参照してください。

  • 集計列を使用します。   数式を使用して 1 つを調整するテーブルの各行について、集計列を作成できます。数式は直ちにそれらの行まで拡張されるように、追加の行を追加するのには、集計列が自動的に拡張します。集計列を作成する方法の詳細については、 Excel のテーブルの計算列を使用するを参照してください。

  • テーブル データの合計を表示および計算する:    テーブルの末尾に集計行を表示し、各集計行のセルでドロップダウン リストに表示される関数を使用して、テーブル内のデータの合計をすばやく計算できます。 テーブル データの合計を表示および計算する方法の詳細については、「Excel テーブルのデータを合計する」を参照してください。

  • 構造化参照を使用する:    A1、R1C1 などのセルの参照を使用する代わりに、式内でテーブル名を参照する構造化参照を使用できます。

  • データの整合性を確保します。    リンクされていないテーブルの SharePoint リスト、Excel の組み込みのデータの入力規則機能を使用することができます。たとえば、表の列の数値または日付のみを許可することもできます。データの整合性を確保する方法の詳細については、ワークシートの無効なデータ入力を禁止するを参照してください。

  • SharePoint リストにエクスポートする:    テーブルを SharePoint リストにエクスポートすると、他のユーザーがテーブル データを表示、編集、更新することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×