Excel と Excel Services の集計アイテム

Excel と Excel Services の集計アイテム

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excel 2013 には、強力なレポート、スコアボード、およびダッシュボードを作成するために使用できるさまざまなビジネス インテリジェンス機能があります。新規機能と改善された機能には、計算メジャー、計算メンバー、計算フィールドなどの集計アイテムを作成する能力が含まれます。この記事では、集計アイテムと、それらが Excel Services でサポートされているかどうかについて説明します。

Excel Services の集計アイテム

Excel では、計算メジャー計算メンバー、および計算フィールドを含む集計アイテムを作成できます。ユーザーは、集計アイテムを使用して、ピボットグラフ レポートまたはピボットテーブル レポートを作成するために使用するデータベース内に存在しないユーザー設定の計算とアイテム セットを定義して使用できます。

集計アイテムを含むブックがある場合は、そのブックを SharePoint ライブラリにアップロードすることで、他のユーザーと共有できます。SharePoint 環境の構成方法に応じて、ユーザーは、通常は、集計アイテムを含むブックをブラウザー ウィンドウに表示して使用できます。ただし、一部の環境では、この機能はサポートされません。

組織で SharePoint Server 2013 (オンプレミス) と共に Office Online サーバーを使用している場合は、Excel Services (SharePoint Server 2013) と Excel Web App (Office Web Apps サーバー)のいずれかを使用してブラウザー ウィンドウでブックを表示します。この決定は、計算フィールド (Power Pivot for Excel を使用して作成されます) がブラウザー ウィンドウに表示されるかどうかに影響する可能性があります。

以下の表に、集計アイテムが Excel Services (SharePoint Server 2013)、Excel Online (Office Online サーバー)、および (SharePoint Online 内の) Excel Online でサポートされるかどうかの概要を示します。

集計アイテム

Excel Services (SharePoint Server 2013、オンプレミス)

Excel Online (Office Online、オンプレミス)

Excel Online ( SharePoint Online の場合)

計算メジャー

はい

はい、SharePoint Online で使用されているデータ ソースがサポートされている場合。SharePoint Online のブックで外部データを使用するを参照してください。

計算メンバー

はい

はい、SharePoint Online で使用されているデータ ソースがサポートされている場合。SharePoint Online のブックで外部データを使用するを参照してください。

集計フィールド

はい

いいえ。

計算フィールドとデータ モデルを含む PowerPivot 機能は Office Online サーバー (オンプレミス) ではサポートされません。

はい、SharePoint Online で使用されているデータ ソースがサポートされている場合。SharePoint Online のブックで外部データを使用するを参照してください。

詳細については、次のリソースを参照してください。

重要: 集計アイテム (またはサポートされていない機能) を含むブックを表示しようとし、ブックがサポートされていないとのエラー メッセージが表示された場合、ブックを Excel 2013 で開いてみてください。

ページの先頭へ

計算メジャーの概要

計算メジャーは、SQL Server Analysis Services に保存されている多次元データを操作するときに Excel 内に作成できるユーザー定義の計算です。計算メジャーは、データベース内に存在していない計算を定義する場合に使用します。次のいずれも、ユーザー定義の計算の例と見なすことができます。

  • 特定の計算式を使う販売ノルマ計算

  • グループ内の項目の構成比率計算

  • 複雑なクエリを使う粗利益計算

  • 粗利益と製造コストの合計を使う収益計算

計算メジャーを作成するときは、多次元式 (MDX) クエリを定義します。これは、Excel の [計算メジャー] ダイアログ ボックスを使うと簡単に実行できます。ここでドラッグ アンド ドロップ機能を使ってクエリを設定できます。

Excel で計算メジャーを作成する方法

  1. Analysis Services キューブに格納されているデータを使用して、ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを作成します。

  2. [分析] タブで、[計算] グループの [OLAP ツール] をクリックし、[MDX 計算メジャー] をクリックします。[計算メジャーの新規作成] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [名前] ボックスに計算メジャーの名前を入力します。

  4. (オプションの手順) 計算メジャーがピボットテーブル フィールド リスト (またはピボットグラフ フィールド リスト) に表示されるかどうかを指定するには、次のいずれか、または両方の手順を実行します。

    • 計算メジャーがピボットテーブル フィールド リスト (またはピボットグラフ フィールド リスト) に表示される場所を指定するには、[メジャー グループ] リストを使います。メジャー グループを指定しない場合、計算メジャーは [] というグループに表示されます。

    • 計算メジャーの表示フォルダーを作成するには、[フォルダー] ボックスに名前を入力します。

  5. [フィールドとアイテム] タブから、測定値などのアイテムを [MDX] ペインにドラッグします。

  6. +、-、/、* などの演算子を [MDX] ペインのアイテムの後に追加します。

  7. [フィールドとアイテム] タブから、別のアイテムを [MDX] ペインにドラッグします。

  8. アイテムが揃い数式が設定できるまで、手順 5 ~ 7 を繰り返します。
    たとえば、"収益" という名前の計算メジャーを作成する場合、[MDX] ペインに次のようなクエリを入力します。
    [Measures].[Product Cost]+[Measures].[Gross Profit]

  9. [MDX のテスト] を選び、クエリが適切に動作することを確認します。

  10. [OK] をクリックして計算メジャーを作成します。

  11. 計算メジャーを使うには、[ピボットテーブルのフィールド] (または [ピボットグラフのフィールド]) リストで選択します。手順 4 で指定した場所から見つかります。

注: SQL Server Analysis Services データ ソースのセッション特定の計算を作成するのには、Excel MDX 計算メジャーを使用するため、計算メジャーがセッションと使用するデータ ソースの接続に制限されます。作成セッションを範囲と計算メンバーご覧ください。

ページの先頭へ

計算メンバーの概要

計算メンバーは、SQL Server Analysis Services に保存されている多次元データを操作するときに Excel 内に定義できるメンバーのセットです。計算メンバーは、データベース内に存在していないアイテムのセットを定義する場合に使用します。次のいずれも、ユーザー定義セットの例と見なすことができます。

  • 国、地域、県などの特定の地理的領域から構成された領域

  • 営業担当者のノルマに考慮される製品グループ

  • 特定のマーケティング キャンペーンに関連する販売活動のセット

計算メジャーと同様に、計算メンバーを作成するときは、MDX クエリーを定義します。これは、Excel の [計算メンバー] ダイアログ ボックスを使うと簡単に実行できます。ここでドラッグ アンド ドロップ機能を使ってクエリを設定できます。

注: Excel のピボットテーブルで作業をしており、OLAP ツールを使って計算メンバーを追加する場合、SQL Server 2008 以前を実行するサーバーとデータ ソースが接続されていると、[フィールド リスト] のドロップダウン リストで計算メンバーの選択を解除できません。 SQL Server 2008 R2 以降を実行するサーバーとデータ ソースが接続されている場合は、フィルター ドロップダウン リストで計算メンバーを選択または選択解除できます。

Excel で計算メンバーを作成する方法

  1. Analysis Services キューブに格納されているデータを使用して、ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを作成します。

  2. [分析] タブで、[計算] グループの [OLAP ツール] をクリックし、[MDX 計算メンバー] をクリックします。[計算メンバーの新規作成] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [名前] ボックスに計算メンバーの名前を入力します。

  4. 計算メンバーがピボットテーブル フィールド リスト (またはピボットグラフ フィールド リスト) に表示される場所を指定するには、[親階層] リストを使います。
    何を選ぶかによくご注意ください。計算メンバーをピボットテーブル レポート (またはピボットグラフ レポート) で使うためには、計算メンバーを指定した場所をわかっている必要があります。

  5. [フィールドとアイテム] タブから、ディメンション階層などのアイテムを [MDX] ペインにドラッグします。

  6. +、-、/、* などの演算子を [MDX] ペインのアイテムの後に追加します。

  7. [フィールドとアイテム] タブから、別のアイテムを [MDX] ペインにドラッグします。

  8. アイテムと数式が設定されるまで、手順 5 ~ 7 を繰り返します。
    たとえば、2 つの製品カテゴリを除くすべての製品カテゴリを含む主力製品という名前の計算メンバーを作成する場合、[MDX] ウィンドウには次のようなクエリを指定します。
    [Product].[Product Categories]-[Product].[Product Categories].[Category].&[4]-[Product].[Product Categories].[Category].&[3]

  9. [MDX のテスト] を選び、クエリが適切に動作することを確認します。

  10. [OK] をクリックして計算メンバーを作成します。

  11. 計算メンバーをピボットテーブル レポート (またはピボットグラフ レポート) に追加するには、次の手順に従います。

    1. レポートに対して少なくとも 1 つのメジャーが選ばれていることを確認します。

    2. [ピボットテーブルのフィールド] (または [ピボットグラフのフィールド]) リストで、手順 4 で指定したディメンションを展開します。

    3. 計算メンバーの作成に使った階層に対応するディメンション階層の横のチェック ボックスをオンにします。作成した計算メンバーを含むグループ内のすべてのディメンション メンバーに対する情報がレポートに表示されます。

  12. (オプション) 計算メンバーのみの情報をレポートに表示するには、次の手順に従います。

    1. [ピボットテーブルのフィールド] (または [ピボットグラフのフィールド]) リストで、計算メンバーを含むディメンション階層をポイントします。

    2. 下向き矢印が表示されたら、クリック (またはタップ) して [フィールドの選択] ダイアログ ボックスを開きます。

    3. 作成した計算メンバーを除くすべてのアイテムのチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

計算フィールドの概要

計算フィールドは、Analysis Services に格納された多次元データを使わないピボットテーブルやレポート内に計算アイテムを作成するときに便利ですが、代わりに、Excel 内の PowerPivot を使って作成したブック内データ モデル内のデータを使います。集計フィールド内の値は、コンテキストに応じて変わります。コンテキストは行、列、フィルター、または PowerPivot 内の Data Analysis Expressions (DAX) を使うユーザー設定の数式の選択範囲によって決まります。

計算メンバーや計算メジャーと同様に、集計フィールドはピボットテーブル フィールド リスト (またはピボットグラフ フィールド リスト) の通常は値のグループ内に表示されます。集計フィールドを作成するには、いくつかの選択肢があります。

Excel で計算フィールドを作成する方法

集計フィールドの作成と操作方法の詳細については、次のリソースを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×