Excel と Excel Services のビジネス インテリジェンス (SharePoint Server 2013)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ビジネス インテリジェンス (BI) は、データを収集して意味のある情報へと変えることで、より良い決定が行えるようにするための一連のツールとプロセスです。Excel 2013 は多くの新しい BI 機能を備え、データの収集や、データを使用した強力なレポート、スコアカード、ダッシュボードの作成をより簡単に行うことができます。SharePoint Server 2013 (オンプレミス) の Excel Services を利用すると、Excel と同じように、ブラウザー ウィンドウでブックの共有、表示、参照、更新を行うことができます。

この記事では、Excel の BI 機能、および Excel Services と Excel Online でどの機能がサポートされているかについて説明します。

注: この記事の情報は、Excel 2013 および SharePoint Server 2013 (オンプレミス) にのみ適用されます。 クラウドでの BI に関する情報については、「Office 365、Excel、および SharePoint Online の Power BI の BI 機能」を参照してください。

この記事の内容

Excel で使用できる BI 機能

SharePoint Server 2013 でサポートされる Excel の BI 機能

Excel Web App (Office Web Apps サーバー) と併用して Excel Services (SharePoint Server) でサポートされる Excel の BI 機能

Microsoft BI ツールの関連情報

Excel で使用できる BI 機能

Excel 2013 では、組織の BI ソリューションの一環として、データの取得からレポートの作成に至る、幅広いタスクを実行できます。次の表に、Excel で使用できる強力な BI 機能の概要を示します。

タスク

説明

Excel へのデータ取得

SQL Server テーブル、SQL Server Analysis Services キューブ、 Microsoft Azureデータ、OData データなど、外部データ ソースからデータをインポートすることができます。

Power Query for Excel を使用すると、内部および外部のデータ ソースを含む、幅広いソースでのデータの検索、結合、絞り込みを行うことができます。

データを Excel にインポートしたり、データ接続を使って外部データを使ったチャート、テーブル、レポートを作ったりすることができます。

Excel でのデータの並べ替え、整理、操作

フラッシュ フィルを使用すると、特定の形式で表示するようにデータ列を書式設定できます。

1 つ以上のデータ テーブルを 1 つのデータ ソースに結合するデータ モデルを作成して、Power View で作成するビューなどのレポートの作成に使用することもできます。

クイック分析を使用するデータを選ぶし、そのデータをビジュアル化推奨される方法を参照してください。

Excel でのデータの可視化

表、折れ線グラフ、棒グラフ、レーダー チャートなどさまざまなレポートを作成できます。

Power Map を使用すると、地球儀に 3D データの視覚エフェクトを作成できます。

Power View を使用すると、インタラクティブなグラフと表が含まれるマッシュアップを作成できます。

また、条件付き書式や主要業績評価指標 (KPI) を使用したレポートも作成でき、1 つ以上の基準について業績達成の状況が一目でわかります。

Excel のグラフと表へのフィルターの適用

ワークシートにさらに詳しい情報に注目するが簡単には、スライサータイムライン コントロールフィルターを追加できます。

Excel でのデータの調査と分析

Quick Explore を使用すると、ピボットグラフ レポートやピボットテーブル レポートで情報を調査し、画面上で新しいグラフまたは表の値に関する詳細情報を表示できます。また、Excel ではその他多くの BI 機能を使用してデータを分析することもできます。

さらに高度な分析機能の使用

上級ユーザー向けの機能として、Analysis Services データを使用するピボットグラフ レポートやピボットテーブル レポートの計算メジャーと計算メンバーを作成できます。また、PowerPivot では、計算フィールドを作成できます。

Excel の新機能の詳細については、「Excel 2013 の新機能」を参照してください。

SharePoint Server 2013 でサポートされる Excel の BI 機能

Excel で使用できる BI 機能の多くは、SharePoint Server 2013 (オンプレミス) の Excel Services でサポートされます。そのため、Excel クライアントを使う場合と同様に、ブラウザー ウィンドウでブックの表示と操作を行うことができます。通常、次の機能がサポートされます。

ブラウザー ウィンドウでブックを使用している場合は、タイムライン コントロール、ピボットグラフ レポート、ピボットテーブル レポート、計算メンバー、計算メジャーなどの特定の種類のアイテムを作成することはできません。ただし、Excel でこれらのアイテムを作成し、SharePoint Server 2013 のライブラリにブックをアップロードしてから、ブラウザーでそのブックを表示することはできます。

Excel Online (Office Web Apps サーバー) と併用して Excel Services (SharePoint Server) でサポートされる Excel の BI 機能

組織で SharePoint Server 2013 サーバー (オンプレミス) と Office Online を併用している場合、サポートされる BI 機能は、構成内容に応じて異なります。ブラウザー ウィンドウでブックを表示するには、Excel Services (SharePoint Server 2013) と Excel Online (Office Online サーバー) のいずれかが使用されます。

Excel Services と Excel Online は厳密には同じでないため、この決定は、ブラウザー ウィンドウでブックを使用する場合にどの BI 機能が使用できるかに影響します。次の表は、主要な機能の一部をまとめたものです。

機能

Excel Online を使ってブックを表示する場合にサポートされる機能

Excel Services を使ってブックを表示する場合にサポートされる機能

ブラウザー ウィンドウのブックのデータ更新

安全な外部データ接続のほとんどがサポートされません。詳細については、「Excel Services で外部データを操作する」を参照してください。

ほとんどの外部データ接続と、ブラウザー ウィンドウでのデータ更新機能がサポートされます。詳細については、「Excel Services で外部データを操作する」を参照してください。

Excel のデータ モデル

データ モデルが含まれているブックを表示できますが、通常は、特定の項目 (データ モデルをデータ ソースとして使用する、ピボットグラフ レポート、ピボットテーブル レポート、タイムライン コントロールなど) のデータを参照できません。

ブラウザー ウィンドウではデータの更新はサポートされていませんが、Excel でブックを開いてデータを更新することができます。

データ モデルが含まれているブック内の項目を表示し、操作できます。

フラッシュ フィル

ブラウザー ウィンドウでブックを表示または編集するときにフラッシュ フィルを使う機能はサポートされません。この機能を使用するには、Excel でブックを開く必要があります。

ブラウザー ウィンドウでブックを表示するときにフラッシュ フィルを使う機能はサポートされません。この機能を使用するには、Excel でブックを開く必要があります。

クイック分析

ブラウザー ウィンドウでブックを表示または編集するときにクイック分析を使う機能はサポートされません。この機能を使用するには、Excel でブックを開く必要があります。

ブラウザー ウィンドウでブックを表示するときにクイック分析を使う機能はサポートされません。この機能を使用するには、Excel でブックを開く必要があります。

グラフと表ピボットテーブルピボットグラフレポート、スコアカード

Excel を使って作成されたレポートやスコアカードを表示、並べ替え、フィルター、操作する機能はブラウザー ウィンドウでサポートされます。

レポートやスコアカードを表示、並べ替え、フィルター、操作する機能はブラウザー ウィンドウでサポートされます。

Power Map

現時点で、Power Map を使用して作成されたビューはサポートされていません。この機能を使用するには、Excel でブックを開く必要があります。

現時点で、Power Map を使用して作成されたビューは、ブラウザー ウィンドウでサポートされていません。この機能を使用するには、Excel でブックを開く必要があります。

Power View

Power View を使って作成されたビューは、Excel Online ではサポートされません。

Power View を使って作成されたビューは、Excel Services でサポートされます。

スライサータイムライン コントロール

既存のスライサーとタイムライン コントロールを使う機能はサポートされます。

既存のスライサーとタイムライン コントロールを使う機能はサポートされます。

クイック調査

クイック調査を使う機能はブラウザー ウィンドウでサポートされます。

クイック調査を使う機能はブラウザー ウィンドウでサポートされます。

計算メジャーと計算メンバー

計算メジャーと計算メンバーが含まれるブックがサポートされます。

計算メジャーと計算メンバーが含まれるブックがサポートされます。

PowerPivot の集計フィールド

Excel Online では集計フィールドはサポートされません。

既存の集計フィールドを使う機能は Excel Services でサポートされます。

Microsoft BI ツールの関連情報

この記事では Excel と Excel Services の BI について説明していますが、これ以外の Microsoft BI ツールも使用できます。ポスターを取得してください   。

Office と SharePoint のビジネス インテリジェンス

Office と SharePoint の BI ツールの詳細については、 Office と SharePoint のビジネス インテリジェンスにします。

このポスターには、オンプレミスとクラウドで使用できるすべての BI ツールの要約と、各ツールに関する追加情報へのリンクが含まれています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×