Excel でブックやシートを開く方法をカスタマイズする

Excel を起動するとすぐに特定のシートが開くように設定できます。また、新しいブックの作成時に毎回使用するカスタム テンプレートを設定できます。Excel を起動したときや、新しいブックまたはシートを作成するときの表示内容を簡単な手順でカスタマイズできます。

必要に応じて、次の操作を行います。

Excel の起動時に特定のブックを自動的に開く

  • Finder で、使用するブックを /Applications/Microsoft Office 2011/Office/Startup/Excel フォルダーに移動します。

    使用するブックがネットワーク ドライブに格納されているか、ブックを現在の場所から移動したくない場合は、ファイルのエイリアスを作成します。エイリアスの作成については、Mac ヘルプを参照してください。

Excel の起動時にフォルダー内のすべてのブックを自動的に開く

  1. Excel メニューの 環境設定 をクリックします。

  2. 作成全般 ( [全般] ボタン ) をクリックします。

  3. 起動時にすべてのファイルを開くフォルダー ボックスに、Excel で自動的に開くファイルの場所を入力します。

すべての新規ブックにカスタム テンプレートを使用する

Excel で新しいブックを開くと、Workbook という名前のテンプレートから新しいファイルが作成されます。カスタム テンプレートを使用するには、既定の Workbook テンプレートを独自のテンプレートに置き換える必要があります。

  1. 新しい既定のテンプレートとして使用するテンプレートを開きます。

  2. Excel メニューの ファイル をクリックし、名前を付けて保存 をクリックします。

  3. 名前を付けて保存 ボックスに次のように入力します。

    Workbook

  4. 列ブラウザー を使用して Applications/Microsoft Office 2011/Office/Startup/Excel を選択し、保存 をクリックします。

  5. Finder で、Applications/Microsoft Office 2011/Office/Startup/Excel を開きます。

  6. Workbook ファイルを選択し、アクション ポップアップ メニュー  アクション ポップアップ メニュー情報を見る をクリックします。

  7. 名前と拡張子 パネルのファイル名が表示されているボックスで、ファイル名の .xltx 部分を選択し、delete キー、return キーの順番に押します。

    "拡張子“.xltx”を取り除いてもよろしいですか?" というメッセージが表示されます。

  8. 取り除く をクリックします。

    注: Excel で Workbook テンプレートの新しいバージョンを認識するためには、拡張子を削除する必要があります。

新規ブックのシート数を変更する

  1. Excel メニューの 環境設定 をクリックします。

  2. 作成全般 ( [全般] ボタン ) をクリックします。

  3. 新しいブックのシート数 ボックスに、ブックのシート数を入力します。

新しいシートで使用するフォントとフォント サイズを変更する

新しいブックを開くたびに使用される既定のフォントを変更できます。既定では、すべての Excel ブックのテキストは 12 ポイントの本文フォントになります。

  1. Excel メニューの 環境設定 をクリックします。

  2. 作成全般 ( [全般] ボタン ) をクリックします。

  3. 標準フォント ポップアップ メニューで、使用するフォントをクリックします。

  4. サイズ ボックスで、フォント サイズを入力またはクリックします。

    注: 新しく設定した既定のフォントとフォント サイズを有効にするには、Excel を終了して再起動する必要があります。新しい既定のフォントとフォント サイズは、Excel を再起動した後で作成した新規ブックにのみ適用されます。既存のブックのフォントとフォント サイズは変わりません。

関連項目

独自のテンプレートを作成して使用する

テンプレートから新しいドキュメントを作成する

ブックが自動的に開かれないようにする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×