Excel でデータ モデルを作成する

データ モデルは複数のテーブルからデータを統合する新しい方法で、リレーショナル データ ソースを Excel ブック内で効果的に構築します。データ モデルは Excel の中で透過的に利用され、ピボットテーブル、ピボットグラフ、および Power View レポートで使用される表形式のデータを提供します。詳細については、する前に一歩引いてと、ビデオ、または取得と変換と Power Pivot の学習ガイドを実行することがあります

注: この記事では、Excel 2013 のデータ モデルについて説明します。ただし、Excel 2013 で導入された Powerpivot 機能と同じデータ モデルにも適用 Excel 2016。これらのバージョンの Excel に効果的なマーケティング文書小さな違いがあります。

モデルの存在を意識することはほとんどないでしょう。Excel では、データ モデルはフィールド リスト内でテーブルの集まりとして可視化されます。モデルを直接扱うには、Power Pivot in Microsoft Excel 2013 アドインを使用する必要があります。

リレーショナル データをインポートする際、複数のテーブルを選ぶと、モデルの作成が自動的に始まります。

  1. Excel で、[データ]、[外部データの取り込み] の順に選択し、関連する複数のテーブルが格納されている Access または他のリレーショナル データベースからデータをインポートします。

  2. テーブルの選択を求める画面が表示されます。[複数のテーブルの選択を使用可能にする] チェック ボックスをオンにします。

    [テーブルの選択] ダイアログ ボックス

  3. 2 つ以上のテーブルを選び、[次へ]、[完了] の順にクリックします。

  4. [データのインポート] 画面で、新規シートのピボットテーブルなどのデータ可視化オプションを選び、レポートを作成します。

これで、インポートしたすべてのテーブルが格納されたデータ モデルが得られます。たとえばピボットテーブル レポートのオプションを選ぶと、ピボットテーブル レポートの作成で使用するフィールド リストにモデルが表示されます。

ピボット テーブル フィールド リスト

このモデルを使ってどのようなことができるでしょうか。このモデルを使うことで、同じブック内でピボットテーブル、ピボットグラフ、Power View レポートを作成できます。テーブルを追加または削除することによってモデルを変更できます。また、PowerPivot アドインを使用する場合は、計算列、計算フィールド、階層、KPI を追加してモデルを拡張できます。

データ モデルを作成する際、可視化オプションは重要です。データの可視化には、ピボットテーブル レポートピボットグラフ、または Power View レポートを選びます。これらのオプションでは、すべてのテーブルをまとめて扱うことができます。上記のオプションではなくテーブルを選んだ場合は、インポートしたそれぞれのテーブルが個別のシートに置かれます。この場合、テーブルは個別に利用できますが、すべてのテーブルをまとめて使用するには、ピボットテーブル、ピボットグラフ、または Power View レポートが必要です。

注記: 

  • 2 つ以上のテーブルを同時に Excel にインポートすると、暗黙的にモデルが作成されます。

  • PowerPivot アドインを使用してデータをインポートすると、明示的にモデルが作成されます。このアドインでは、モデルはタブ レイアウトで表示され、各タブに表形式のデータが表示されます。SQL Server データベースを使用したデータ インポートの基礎については、「Power Pivot アドインを使用してデータを取得する」を参照してください。

  • テーブルを 1 つだけ含むモデルを作成することもできます。1 つのテーブルを基にモデルを作成するには、そのテーブルを選んで、PowerPivot の [データ モデルに追加] を選びます。これは、データセットのフィルター処理、計算列、計算フィールド、KPI、階層などの PowerPivot の機能を使いたい場合に行います。

  • プライマリ キーおよび外部キーのリレーションシップを持つ関連テーブルをインポートする場合、テーブルのリレーションシップは自動的に作成されます。Excel では、データ モデル内のテーブルのリレーションシップの基準として、通常はインポートしたリレーションシップ情報を利用できます。

  • データ モデルのサイズを小さくするために役立つヒントについては、「Excel 2013 と Power Pivot アドインを使用して、メモリを効率的に使用するデータ モデルを作成する」を参照してください。

  • 詳細については、「チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析」を参照してください。

ヒント: ブックにデータがあることはすぐにわかりますが、データ モデルにデータが格納されていることを知る方法はあるでしょうか。PowerPivot ウィンドウを開くことでモデルの状態をすばやく確認できます。タブにデータが表示されていれば、モデルが存在していることになります。詳細については、「ブックのデータ モデルで使用されているデータ ソースを探す」を参照してください。

他のピボットテーブル、ピボットグラフ、または Power View レポートを使用する

1 つの Excel ブックに格納できるデータ モデルは 1 つだけですが、ブック内でそのモデルを何度も利用できます。

  1. Excel で、[挿入]、[ピボットテーブル] の順にクリックします。

  2. [ピボットテーブルの作成] 画面で、[外部データ ソースを使用]、[接続の選択] の順にクリックします。

  3. [既存の接続] 画面で、[テーブル] をクリックします。

  4. [このブックのデータ モデル] の下にある [ブックのデータ モデルのテーブル] が既定で選択されています。[開く] をクリックし、[OK] をクリックします。ピボットテーブルのフィールド リストが表示され、モデル内のすべてのテーブルが示されます。

既存の関連しないデータをデータ モデルに追加する

たとえば、モデルで使用する多くのデータをインポートまたはコピーしたものの、インポート中に [このデータをデータ モデルに追加する] チェック ボックスをオンにしなかったとします。この場合、新しいデータをモデルに追加するのは意外と簡単です。

  1. モデルに追加するデータから始めます。どのデータ範囲でも構いませんが、名前付き範囲を使用するのが最も良いでしょう。

  2. 追加するセルを選びます。または、データがテーブルか名前付き範囲にある場合は、セル内にカーソルを置きます。

  3. 以下のいずれかの方法を使用してデータを追加します。

  4. [PowerPivot]、[データ モデルに追加] の順にクリックします。

  5. [挿入]、[ピボットテーブル] の順にクリックし、[ピボットテーブルの作成] ダイアログ ボックスで [このデータをデータ モデルに追加する] チェック ボックスをオンにします。

これで、範囲またはテーブルがリンク テーブルとしてモデルに追加されます。モデル内でのリンク テーブルの利用方法については、「Power Pivot の Excel リンク テーブルを使用してデータを追加する」を参照してください。

PowerPivot アドインのデータ モデルを調整、拡張する

Excel では、データ モデルはレポート機能の向上と充実のために存在します。特にこれは、レポート機能においてピボットテーブルまたはデータの検討や分析を目的としたその他のレポート フォーマットが使用される場合に当てはまります。 データ モデルは重要ですが、意図的にバックグラウンドに隠蔽されているので、データ モデルを利用して何を行うかに注力することができます。

しかし、モデルそのものを直接処理したい場合もあります。フィールド リストがモデルをベースにしていると分かっている場合に、リストの中に不要なテーブルやフィールドがあれば、それを削除したいと考えるでしょう。または、モデルで提供されるすべての基礎データを表示したり、KPI、階層、ビジネス ロジックを追加したい場合もあるかもしれません。こうした理由から、データ モデルを直接編集することがあります。

変更するか、データ モデルの管理、 PowerPivotアドインを使用します。このアドインは、Office Professional Plus の Excel 2013 に含まれる機能ですが、既定では有効になっていません。Power Pivot in Microsoft Excel アドインを起動の詳細

PowerPivot 内のテーブルとシート内のテーブルの違い

PowerPivot では、Excel  ワークシートで使用できるような新しい行を直接入力する方法では、テーブルに行を追加できません。行を追加するには、貼り付けコマンドデータの更新を使用します。

Excel ワークシートのデータは、変わりやすく、不規則な場合がよくあります。たとえば、ある行には数字データ、次の行には図やテキスト文字列が入ることがあります。これに対し、PowerPivot のテーブルはリレーショナル データベースのテーブルに似ており、各行には同じ数の列があり、ほとんどの列にデータが含まれます。

Power View でデータ モデルを使用する

Power View レポートでは、その基盤としてデータ モデルを使用します。PowerPivot アドインを使用すると、Power View レポートを改善するモデルの最適化を実行できます。最適化には、既定フィールド リストの指定、行を一意に特定する代表的なフィールドまたは画像の選択、レポート アプリケーションにおける繰り返し値 (同一名の従業員または顧客など) の処理方法の指定などがあります。

  1. 複数の関連テーブルをインポートし、データ モデルを作成します。

  2. [PowerPivot]、[管理] の順にクリックし、[PowerPivot] ウィンドウを開きます。

  3. テーブルを選び、最適化を行います。

    1. [詳細設定]、[既定のフィールド セット] の順にクリックします。親テーブルをクリックするときに Power View レポートに自動的に現れるフィールドを選びます。詳細については、「Power View レポートの既定のフィールド セットの構成」を参照してください。

    2. [詳細設定]、[テーブルの動作] の順にクリックします。データをグループ化するレポート レイアウトを最適化します。グループ化は既定の動作によって影響を受ける場合があり、別々にリストされる行の結合など、意図しない結果が生じることがあります。詳細については、「Power View レポートのテーブル動作プロパティの構成」を参照してください。

    3. [詳細設定]、[データ カテゴリ] の順にクリックします。一部のレポートの可視化は、データ タイプに特有のものです。たとえば、日付や時刻に基づくテーブルがある場合、Power View で時刻ベースの可視化に役立つ日付カテゴリを割り当てることができます。

  4. これらの処理を別のテーブルにも繰り返します。

  5. Excel で、[挿入]、[Power View] の順にクリックして、新しいレポートを開始します。詳細については、「Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション」を参照してください。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×