スプレッドシートから Excel に切り替える

Excel での作業

Excel での作業

Web 用 Excelの概要を簡単に説明します。 とても簡単で、これまでの操作方法と似ています。

ファイルに名前を付ける

上部に、ブック名 (または Book2 または Book3) が自動的に表示される Web 用 Excel ことがわかります。わかりやすい名前を付けるには、次の操作を行います。

  1. 現在の名前をクリックします。

  2. 任意の名前を入力します。

    ファイルに名前を付けるなど、 Web 用 Excel で行った操作は、シートと同様に、自動的に保存されることに注意してください。

ファイル名をクリックするカーソル

ファイルを編集する

ファイルに名前を付けたら、データの入力、書式の追加、数式の入力、グラフの作成など、通常どおりの作業を実行できます。 すべての機能は、上部にあるタブから使用できます。

タブの領域が広すぎる場合はタブをクリックしてください。リボンが折りたたまれ、編集領域が広くなります。

[挿入] タブ、[グラフ] メニュー

デスクトップ アプリを使って編集する

Web 用 Excel が必要なものが見つからない場合は、常に完全な Excel デスクトップアプリケーションでファイルを編集できます。 デスクトップ アプリケーションに切り替えるには:

  1. [Excel で編集] をクリックします。

    Excel アプリケーションが起動し、ファイルが開かれます。

  2. そのまま作業を続けます。

    アプリケーションで変更を保存すると、OneDrive に保存されます。 [名前を付けて保存] を実行したり、ファイルを再アップロードしたりする必要はありません。

[Excel で編集] ボタン

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×