EuroConvert 関数

EuroConvert 関数を使用して、ユーロとユーロ参加国の通貨とを換算できます。また、この関数では、中間通貨 (三通貨換算) としてユーロを使用することで、ユーロ参加国通貨を別のユーロ参加国通貨に換算できます。EuroConvert 関数は、欧州連合が設定した固定両替レートを使用します。

構文

EuroConvert ( number, sourcecurrency , targetcurrency [, fullprecision, triangulationprecision] )

EuroConvert 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

number

換算する数字、またはその数字を含む参照フィールドを指定します。

sourcecurrency

換算する通貨の国際標準化機構 (ISO) の頭文字に対応する文字列式、またはその文字列を含む参照フィールドを指定します。次の表に表示されている ISO コードのいずれかを指定できます。

通貨

ISO コード

計算 方法

表示桁数

ベルギー フラン

BEF

0

0

ルクセンブルク フラン

LUF

0

0

ドイツ マルク

DEM

2

2

スペイン ペセタ

ESP

0

0

フランス フラン

FRF

2

2

アイルランド プント

IEP

2

2

イタリア リラ

ITL

0

0

オランダ ギルダー

NLG

2

2

オーストリア シリング

ATS

2

2

ポルトガル エスクード

PTE

0

0

フィンランド マルカ

FIM

2

2

ユーロ

EUR

2

2

上記の表で、換算する通貨に応じて、結果を丸める通貨単位を決定するのが計算方法です。たとえば、ドイツ マルクに換算するには、計算方法の 2 を使用します。換算値は一番近いペニヒに丸められ、100 ペニヒは 1 マルクとされます。表示桁数は、結果を含むフィールドに表示する桁数を決定します。

EuroConvert 関数の最新バージョンでは、他の通貨がサポートされています。新しいユーロ参加通貨と最新の EuroConvert 関数の詳細については、Microsoft Office のユーロ通貨の Web サイトを参照してください。

通貨

ISO コード

デンマーク クローネ

DKK

ドラクマ

GRD

スウェーデン クローナ

SEK

ポンド

GBP

targetcurrency

換算する通貨の ISO コードに対応する文字列式、または文字列を含む参照フィールドを指定します。ISO コードの一覧は、sourcecurrency 引数での説明を参照してください。

fullprecision

省略可能。Boolean 値。True (1) は指定通貨の丸めルール (sourcecurrency 引数では表示桁数と説明) を無視して、6 桁の有効換算係数を使用します。False (0) は指定通貨の丸めルールを使用して、結果を表示します。パラメーターを省略した場合、既定値は False です。

triangulationprecision

省略可能。3 以上の整数を指定します。これは、2 か国間の通貨を換算するときに、中間のユーロ値に使用される計算方法で有効桁数を指定します。


解説

後続の 0 は切り捨てられ、無効なパラメーターが #Error を返します。

換算前通貨と換算後通貨に同じ国の ISO コードを指定した場合、元の数値がアクティブになります。

この関数は表示形式には適用されません。

EuroConvert 関数は、欧州連合が設定した両替レートを使用します。レートが変動すると、Microsoft が関数を更新します。ルールや最新両替レートについての詳細は、ユーロ通貨に関する欧州委員会の出版物をご覧ください。これらの出版物の入手方法については、Microsoft Office のユーロ通貨の Web サイトを参照してください。

最初の例では、1.20 ドイツ マルクを 1 ユーロの値に換算しています (answer = 0.61)。2 番目の例では、1.47 フランス フランをドイツ マルクに換算しています (answer = 0.44 DM)。両替レートは 1 ユーロ 6.55858 フランス フラン、1.92974 ドイツ マルクとします。

EuroConvert(1.20,"DEM","EUR")
EuroConvert(1.47,"FRF","DEM",TRUE,3)
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×