Echo マクロ アクション

"Echo/エコー" マクロ アクションを使用すると、Access デスクトップ データベースでエコーを有効にするかどうかを指定できます。たとえば、このアクションを使用して、マクロの実行中にマクロの結果を非表示にするかどうかを指定できます。

注: このアクションは、データベースが信頼されていない場合は許可されません。

注: "Echo/エコー" マクロ アクションは、Access Web アプリでは利用できません。

設定

"Echo/エコー" マクロ アクションには次の引数があります。

アクションの引数

説明

Echo On/エコーの設定

マクロ ビルダー ウィンドウの [アクションの引数] セクションで、[エコーの設定] ボックスの [はい] (エコーが有効) または [いいえ] (エコーが無効) をクリックします。既定値は [はい] です。

ステータス バーのテキスト

エコーが無効なときにステータス バーに表示されるテキスト。たとえば、エコーが無効なときに、ステータス バーに "マクロが実行中です" と表示できます。

解説

Access でマクロを実行すると、更新される画面には、マクロの機能には重要ではない情報が表示されることがよくあります。[エコーの設定] 引数を [いいえ] に設定すると、画面が更新されずにマクロが実行されます。マクロが完了すると、Access のエコーが自動的に有効に戻り、ウィンドウが再描画されます。[エコーの設定] 引数で [いいえ] 設定を選んでも、マクロの機能や結果に影響はありません。

"Echo/エコー" アクションでは、モーダル ダイアログ ボックス (エラー メッセージや、プロパティ シートなどのポップアップ フォーム) の表示は抑制されません。エコーが無効な場合でも、ダイアログ ボックスとポップアップ フォームを使用して情報の収集または表示を行うことができます。エラー メッセージ ボックスと、ユーザーが情報を入力する必要があるダイアログ ボックスを除き、すべてのメッセージまたはダイアログ ボックスの表示を抑制するには、"SetWarnings/メッセージの設定" アクションを使用します。

"Echo/エコー" アクションは、1 つのマクロで複数回実行できます。複数回実行することで、マクロの実行中にステータス バーのテキストを変更できます。

エコーが無効な場合、"Hourglass/砂時計ポインター" アクションを使用して、マウス ポインターを砂時計アイコン (または、"ビジー" 用に設定したマウス ポインター アイコン) に変更して、マクロが実行中であることを視覚的に示すことができます。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールで "Echo/エコー" アクションを実行するには、DoCmd オブジェクトの Echo メソッドを使います。

マクロを使用してコントロールの値を設定する

次のマクロでは、[仕入先] フォームのボタンから [商品の追加] フォームを開きます。"Echo/エコー"、"Close/閉じる"、"OpenForm/フォームを開く"、"SetValue/値の代入"、および "GoToControl/コントロールの移動" の各アクションの使い方を説明します。"SetValue/値の代入" アクションでは、[商品] フォームの [仕入先コード] コントロールに、[仕入先] フォームの現在の仕入先を設定します。"GoToControl/コントロールの移動" アクションで、[仕入先コード] フィールドにフォーカスを移動し、そこで新しい製品のデータを入力できます。このマクロは、[仕入先] フォームの [商品の追加] ボタンに設定します。

アクション

引数: 設定

コメント

Echo

Echo On/エコーの設定: いいえ

マクロの実行中に画面の更新を停止します。

Close/閉じる

Object Type/オブジェクトの種類: フォーム

Object Name/オブジェクト名: 製品/サービス項目の一覧

Save/保存:いいえ

製品/サービス項目の一覧フォームを閉じます。

OpenForm/フォームを開く

"Form Name/フォーム名":商品

View/ビュー: フォーム

Data Mode/データ モード: Add/追加

Window Mode/ウィンドウ モード: 標準

[商品] フォームを開きます。

"SetValue/値の代入"

"Item/アイテム": [Forms]![商品]![仕入先コード]

"":仕入先コード

[仕入先コード] コントロールに [仕入先] フォームの現在の仕入先を設定します。

GoToControl/コントロールの移動

"Control Name/コントロール名":商品コード

[商品コード] コントロールに移動します。

マクロを使用してフォームを同期する

次のマクロは、仕入れ先フォームの下右隅で製品一覧フォームを開き、現在の仕入れ先の製品を表示します。"Echo/エコー"、"MsgBox/メッセージボックス"、"GoToControl/コントロールの移動"、"StopMacro/マクロの中止"、"OpenForm/フォームを開く"、"MoveSize/サイズ変更" アクションの使用が表示されます。"MsgBox/メッセージボックス"、"GoToControl/コントロールの移動"、"StopMacro/マクロの中止" アクションの条件式の使用も表示されます。このマクロは仕入れ先フォームの [製品レビュー] ボタンに関連づけられている必要があります。

条件

操作

引数: 設定

コメント

Echo

Echo On/エコーの設定: いいえ

マクロの実行中に画面の更新を停止します。

IsNull([Supplier ID])

MsgBox

メッセージ:製品を確認する仕入れ先の記録に移動し、[製品レビュー] ボタンを再度クリックします。

警告音: "はい"

Type/種類: なし

タイトル:仕入先を選択する

仕入先フォームに現在の仕入先がない場合、メッセージが表示されます。

...

GoToControl/コントロールの移動

コントロール名: CompanyName

CompanyName コントロールにフォーカスを移動します。

...

StopMacro

マクロを停止します。

フォームを開く

フォーム名:製品一覧

View/表示: データシート

フィルター名

Where Condition: [Supplier ID] = [Forms]![Suppliers]![SupplierID]

Data Mode/データ モード: 読み取り専用

Window Mode/ウィンドウ モード: 標準

製品一覧フォームを開き、現在の仕入先の製品を表示します。

MoveSize/サイズ変更

:0.7799"

:1.8"

仕入れ先フォームの右下に製品一覧フォームを配置します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×