ERROR.TYPE 関数

ここでは、Microsoft Excel の ERROR.TYPE 関数の書式および使用法について説明します。

説明

Microsoft Excel のエラー値に対応する数値を返します。エラーがない場合は、#N/A を返します。 IF 関数の ERROR.TYPE を使用してエラー値を調べ、エラー値の代わりにメッセージなどの文字列を返すことができます。

書式

ERROR.TYPE(エラー値)

ERROR.TYPE 関数の書式には、次の引数があります。

  • エラー値    必ず指定します。 評価するエラー値を指定します。 エラー値には、実際のエラー値を指定することもできますが、通常はテストする数式を含むセルの参照を指定します。

エラ

ERROR.TYPE 関数の戻り値

#NULL!

1

#DIV/0!

2

#VALUE!

3

#REF!

4

#NAME?

5

#NUM!

6

#N/A

7

#GETTING_DATA

8

その他

#N/A

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

#NULL!

#DIV/0!

数式

説明

結果

=ERROR.TYPE(A2)

#NULL! エラーの数 (1)。

1

=IF(ERROR.TYPE(A3)<3,CHOOSE(ERROR.TYPE(A3),"範囲の共通部分がありません","除数がゼロです"))

セルが #NULL! エラー値または #DIV/0! エラー値のいずれかを含んでいるか チェックします。 含んでいる場合は、エラー値の数値が CHOOSE ワークシート関数で 2 つのメッセージのうちの 1 つを表示するのに使われ、含んでいない場合は、#N/A エラー値が返されます。

除数はゼロです。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×