EPS 画像のサポートが Office で無効になっている

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

EPS ファイルのセキュリティの脆弱性が原因で、Office 2016、Office 2013、および Office 2010 では、EPS ファイルを Office ドキュメントに挿入する機能が無効になっています。この変更は、2017 年 4 月 11 日のセキュリティ更新プログラムの時点で有効です。

セキュリティ更新プログラムの技術的な詳細については、このセキュリティ情報を参照してください

Windows 版のすべてのバージョンの Office が影響を受けます (この変更は、2015 年から既に Office 2007 で適用されています)。

Office for Mac 2011 および Office 2016 for Mac はこの変更によって影響を受けません。

製品のバグのように見えますが、意図的なものです。

Officeドキュメントに EPS ファイルを挿入しようとした場合のみが画像のプレース ホルダーをで画像を表示できないというメッセージが表示されます。

EPS ファイルの場合、このメッセージは、悪意のある攻撃に対する脆弱性が大きすぎるので、Office で EPS ファイルを挿入する機能を無効にしていることを意味します。

Office 2010 以降、Office ドキュメントに挿入されるときに、EPS ファイルをより安全なメタファイル形式 (EMF) に自動的に変換することによってこの脆弱性が解決されました。これらの変換された EMF ファイルを含むファイルは引き続き正常に動作します。メタファイルは保持されドキュメント内に表示されたままになります。

この変更が加えられた理由

この変更は、ファイルを含むアクティブなセキュリティ インシデントに対応するために実施されました。EPS ファイルは、埋め込みスクリプトを許可し、そのために、EPS ファイルを挿入するか、EPS ファイルが含まれるドキュメント開くユーザーに対する悪意のある攻撃の手段となっていました。 Office ドキュメントの問題を軽減するための前の努力にもかかわらず、引き続き EPS 形式は悪意のある攻撃のソースになっています。悪意のあるコードを含む EPS ファイルのリスクを完全に排除するために、Office では、それらを挿入する機能を完全に無効にすることに決定しました。

Office で EPS ファイルを引き続き使用できますか?

使用しないことを強く推奨しますが、EPS ファイルを挿入する機能を有効にすることはできます。手順については、サポート技術情報の記事 2479871 を参照してください。この手順は複雑であり、Windows レジストリの変更が含まれます。この変更によって、悪意のあるコードに対する脆弱性が増加することに注意する必要があります。EPS 画像を Office ドキュメントに追加しないようにすることをお勧めします。

レジストリの変更を実行した場合は、レジストリの変更を適用したアプリケーションで EPS ファイルを挿入することができます。EPS ファイルは、メタファイルとして保存され、レジストリの変更を実行していないユーザーも保存したドキュメントで表示できます。レジストリにこの変更を加えると、EPS ファイルに基づく悪意のある攻撃に対して脆弱になることに注意してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×