EOP と Office 365 でメールが迷惑メールとして検出されないようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

適切なアクセス資格情報を持っている Exchange Online または Exchange Online Protection (EOP) 管理者は、次の手順で、このサービスを介したメール メッセージが迷惑メールとして検出されないようにすることができます。

正当で適切なメールが迷惑メールとして検疫またはブロックされ、検疫フォルダーに送られると、困ることがあります。信頼できる差出人のリストやメール フロー ルールを使用すると、迷惑メール フィルター処理を回避し、適切なメール メッセージが迷惑メールとして検出されないようにすることができます。メッセージが迷惑メール フィルターによって誤って迷惑メールと検出された場合、誤検知と呼ばれます。Office 365 迷惑メール フィルターには、エンド ユーザーがカスタマイズして誤検知を防ぐことができるオプションも用意されています。

検出漏れメール、つまり誤って検出されなかった迷惑メールを解決する方法については、「Office 365 のスパム フィルターでスパムや迷惑メールをブロックして、検出漏れ問題を防止する」のヒントを参照してください。

EOP のみのユーザー: ディレクトリ同期の使用

EOP は、クラウドベースのメール フィルター サービスです。迷惑メールとマルウェアに対して組織を保護するために役立ちます。Office 365 にメールボックスがある場合、Office 365 は EOP の一部なので、メールボックスは自動的に EOP で保護されます。

EOP のみの顧客にした場合は、つまり、社内 Exchange サーバーに使用する EOP サービスに登録する、ディレクトリ同期を使用して、サービスにユーザー設定を同期する必要があります。これを行う確実に、信頼できる差出人のリストが EOP が尊重されます。詳細については、 EOP でのメール ユーザーの管理の「ユーザーのメールを管理するディレクトリ同期を使用する」を参照してください。

接続フィルターの IP 許可一覧を使って誤検知メールを防ぐ

ある差出人のメールが常に組織の迷惑メール フォルダーに送信される場合、そのメールの差出人の IP アドレスを接続フィルターの IP 許可一覧に追加することができます。通常、こうすることで、組織内のすべての受信者についてその差出人の誤検知応答が回避されます。ただし、ユーザーが Outlook の [[セーフ リスト] のみ:[差出人セーフ リスト] または [宛先セーフ リスト] に登録されたユーザーやドメインが差出人や宛先にあるメールだけが受信トレイに配信されます] オプションを有効にして、その差出人を信頼できる差出人のリストに追加していない場合は例外です。このオプションの上書きについては、「トラブルシューティング:EOP がメッセージを迷惑メールではないと判断してもメッセージが迷惑メール フォルダーに送られる」を参照してください。

フィルターの IP を接続に IP アドレスを追加するには、リストを許可します。

  1. ヘッダーを入力できるようにする送信者から送信されたメッセージから取得します。メッセージ ヘッダー アナライザーで説明するよう、Outlook または Outlook on the Web などのメール クライアントからこれを実行できます。

  2. X-Forefront-Antispam-Report ヘッダーの CIP タグをたどるか、リモート接続アナライザーの [メッセージ アナライザー] タブを使用して、手作業で IP アドレスを探します。

  3. Ip アドレスを追加する IP アドレスに入力できるようにリストを使用して既定の接続フィルター ポリシーを編集する EAC」の手順に従って、接続フィルター ポリシーを構成するします。

スパム フィルター ポリシーを構成して誤検知メールを防ぐ

次の手順で、[迷惑メール フィルター ポリシーを設定するを許可する] ボックスの一覧に、ドメインまたは個々 のメール アドレスを追加できます。

高度なスパム フィルター ポリシーを確認する

ドメイン全体がブロックされている場合に特別な制限がスパム フィルター ポリシーをたとえばで設定した場合かどうかは、原因となって誤を確認することを確認します。、迷惑メール フィルター ポリシーを設定するを参照してくださいし、[迷惑メールとしてマークするメッセージを引き起こす可能性のあるその他のの高度なスパム フィルター オプションをオフにします。

適切なメールがスパムとして検出されないように、エンド ユーザーが信頼できる差出人のリストを作成する作業を支援します。

ユーザーに通知するOutlookまたはWeb 版 Outlook での場合は、その差出人セーフ リストに信頼できる差出人アドレスを追加します。初めに、Web 版 Outlook で、選択設定 ConfigureAPowerBIAnalysisServicesConnector_settingsIcon >オプション>ブロックまたは許可するします。次の図は、差出人セーフ リストに追加するには何かの例を示します。

Outlook Web App で信頼できる差出人を追加する

EOP では、ユーザーの信頼できる差出人と宛先のリストは適用されますが、信頼できるドメインは適用されません。ドメインが Outlook on the web と Outlook のどちらで追加されたか、ディレクトリ同期によって同期されたかにかかわらず、適用されません。

トラブルシューティング:EOP がメッセージを迷惑メールではないと判断してもメッセージが迷惑メール フォルダーに送られる

ユーザーが Outlook のオプションで、[[セーフ リスト] のみ:[差出人セーフ リスト] または [宛先セーフ リスト] に登録されたユーザーやドメインが差出人や宛先にあるメールだけが受信トレイに配信されます] を有効にしている場合、受信者の信頼できる差出人のリストに登録されていない差出人からのすべてのメールは、迷惑メールに送られます。EOP がメッセージを迷惑メールではないと判断したかどうか、または管理者がメッセージを迷惑メールではないと判断するルールを EOP に設定したかどうかにかかわらず、この処理は実行されます。

Outlook ユーザーの [[セーフ リスト] のみ] オプションを無効にするには、「Outlook:迷惑メール UI とフィルター処理機構を無効にするポリシー設定」の指示に従って操作してください。

Outlook on the web でメッセージを表示している場合、受信者の信頼できる差出人のリストに差出人が登録されていないため、メッセージが迷惑メール フォルダーに送られた、という黄色の安全に関するヒントが表示されます。

メッセージのヘッダーを確認する場合は、スタンプ SFV:SKN (IP 許可または ETR を許可する) または (スパム以外)、SFV:NSPM を含める場合は、メッセージが引き続きユーザーの迷惑メール] フォルダーに配置されています。ユーザーが「セーフ リスト] のみ」有効になっていることを示すメッセージのヘッダーに何もはありません。これは、Outlook 内のユーザーによって設定「セーフ リスト] のみ」オプション EOP 設定を上書きするために発生します。

確認するには、理由差出人セーフ リストからのメッセージがスパムとしてマーク以外のメッセージのヘッダーがまだ終了ユーザーの迷惑メール] フォルダーで

  1. Exchange Online PowerShell への接続方法については、 Exchange Online PowerShell への接続を参照してください。

  2. 次のコマンドを実行して、ユーザーの迷惑メール構成設定を確認します。

    Get-MailboxJunkEmailConfiguration example@contoso.com | fl TrustedListsOnly,ContactsTrusted,TrustedSendersAndDomains

    TrustedListsOnly が True に設定されている場合、[[セーフ リスト] のみ] が有効であることを示します。ContactsTrusted が True の場合、ユーザーが連絡先と信頼できる差出人の両方を信頼していることを示します。TrustedSendersAndDomains では、ユーザーの信頼できる差出人のリストの内容が表示されます。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

迷惑メール フィルターの概要

ブロックまたは許可 (迷惑メール設定)

検出漏れ問題を防ぐために、Office 365 スパム フィルターで迷惑メールをブロック

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×