EOF 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Microsoft Jet Expression Service がサンドボックス モードで実行されている場合 (安全でない可能性がある式の評価は行われません)、このトピックで説明する関数、メソッド、オブジェクト、またはプロパティは無効です。サンドボックス モードの詳細については、ヘルプで "サンドボックス モード" を検索してください。

Random またはシーケンシャル Input で開かれたファイルの末尾に達した場合、Boolean 値 True を含む整数を返します。

構文

EOF( filenumber )

filenumber argument は必須の引数です。有効な file number を含む整数です。

解説

EOF を使用して、ファイルの末尾を越える入力を試行した場合にエラーが生成されないようにします。

ファイルの末尾に達するまで、EOF 関数は False を返します。Random または Binary アクセスで開かれたファイルの場合、最後に実行した Get ステートメントでレコード全体を読み取れなくなるまで、EOFFalse を返します。

バイナリ アクセス用に開かれたファイルでは、Input 関数を使って、EOFTrue を返すまでファイルを読み取ろうとすると、エラーが発生します。Input でバイナリ ファイルを読み取るときは、EOF の代わりに LOF 関数と Loc 関数を使います。または、EOF 関数を使うときは Get を使います。Output で開かれたファイルの場合、EOF は常に True を返します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、EOF 関数を使用してファイルの末尾を検出します。この例では、MYFILE は数行のテキストを含むテキスト ファイルです。

Dim InputData
' Open file for input.
Open "MYFILE" For Input As #1
' Check for end of file.
Do While Not EOF(1)
' Read line of data.
Line Input #1, InputData
' Print to the Immediate window.
Debug.Print InputData
Loop
' Close file.
Close #1

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×