ENCODEURL 関数

ENCODEURL関数は URL でエンコードされた文字列を返し、特定の英数字以外の文字をパーセント記号 (%) で置き換えます。16進数を指定します。

注: 

  • ENCODEURL 関数は Web 用 Excel または Excel for Mac では使用できません。

  • Excel for Mac の関数ギャラリーには ENCODEURL 関数が表示されますが、Windows オペレーティングシステムの機能に依存しているため、Mac では結果が返されません。

書式

ENCODEURL(文字列)

ENCODEURL 関数の書式には、次の引数があります。

  • 文字列    URL 形式でエンコードする文字列です。

ここでは、Microsoft SharePoint server 上の Excel ファイルを参照する簡単な例を示します。 

= ENCODEURL ("http://contoso.sharepoint.com/teams/Finance/Documents/April レポート/損益計算書. .xlsx")

 結果:

http% 3 A% 2 f% 2 f% 2 f% 2 f teams% 2 f% 2 f ドキュメント% 2 F 4 月% 2 0:% 2 f 利益% 2 0、% 2 0% 2 0 の報告  

ENCODEURL 関数は、 WEBSERVICE 関数と組み合わせて使うこともできます。 例:

=WEBSERVICE("http://xml.weather.yahoo.com/forecastrss/"&ENCODEURL(B2)&"_f.xml")  

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×