Duet Enterprise 2.0 のワークフローとタスクの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP Server 2.0 を使うと、SAP のビジネス プロセスを Microsoft SharePoint 2013 でワークフローとして表示できます。ワークフローとは、プロセスに必要な一連のタスクのことです。ワークフローには、経費の承認に必要な一連のタスクや、従業員が休暇の承認を得るのに必要なタスクなどがあります。ワークフローは、組織が一貫したビジネス プロセスを使い、管理するのに役立ちます。ワークフロー タスクを実行する人は、ワークフローを管理することではなく、業務の遂行に専念できるため、ワークフローを使うことで組織の効率と生産性が向上します。

この記事の内容

ワークフローについて

ワークフローを使用する

電子メール通知からワークフロー タスクに応答を表示または

ワークフロー タスク ワークスペースからワークフロー タスクに応答する

ワークフローについて

ワークフローの用途の 1 つは、業務申請の承認です。たとえば、経費の承認が必要な場合は、ワークフローを使って経費の承認タスクを複数の担当者に送信し、確認や承認を求めることができます。

ワークフロー作成者がワークフローを開始すると、Duet Enterprise 2.0 が SAP のビジネス プロセスと承認ルールを使って、タスクを作成し、ワークフロー参加者にそのタスクを割り当てます。ワークフローの参加者はタスクが割り当てられたことを通知する電子メール メッセージを受け取ります。このメッセージには、承認する必要があるドキュメントへのリンクがあります。

ワークフローは、参加者が自分のタスクを完了したときに終了します。ワークフローが終了すると、Duet Enterprise はワークフローが完了したことを SAP システムに自動的に通知します。

ページの先頭へ

ワークフローを使用する

Duet のワークフローが開始されると、自分のタスクを開始できます。タスクの管理は、Microsoft Outlook 2013 から直接行うことも、SharePoint ワークフロー タスク ワークスペースから行うこともできます。各ワークフローには、SharePoint にある別個のワークフロー タスク ワークスペースが含まれているため、さまざまな場所にタスクが存在する可能性があります。使用中の環境でタスクを見つける方法については、ワークフロー マネージャーまたはサイト管理者にお問い合わせください。

ワークフロー マネージャーがワークフロー タスクをどのように準備しているかによって、タスクを完了するために行う必要があるアクションが決まります。最も一般的なアクションは承認と却下ですが、タスクによっては、他のオプションが用意されている場合もあります。たとえば、タスクの再作業または再割り当てのためのオプションが用意されている場合があります。タスクに対する変更を要求したり、タスクに関連するドキュメントを表示できる場合もあります。ワークフロー タスクを完了することによって、ワークフロー内に別のタスクが生成されることもあります。

ページの先頭へ

電子メール通知からワークフロー タスクの表示または応答を行う

タスクが割り当てられると、Outlook 受信トレイにタスク通知が自動的に届きます。この通知メッセージからタスクを開くことができます。

電子メール通知からワークフロー タスクの表示または応答を行うには、次の操作を行います。

  1. Outlook の受信トレイで、タスクが記載されているメッセージを開きます。

  2. [このタスクを開く [このタスクを開く] ボタン ] をクリックします。

  3. タスク ウィンドウで、タスクに見合った結果 (承認却下、またはタスクでサポートされる他の結果) を選びます。

ページの先頭へ

ワークフロー タスク ワークスペースからワークフロー タスクに応答する

ワークフロー タスク ワークスペースは、ワークフロー タスク タイプのすべてのタスクをホストする SharePoint サイトです。このサイトは、SharePoint 管理者が SAP ワークフロー タスク タイプを設定するときに作成されます。

注: サイト デザイナーは、個々のビジネス要件に合わせてワークフロー タスク ワークスペースをカスタマイズできます。ここでは、既定のワークフロー タスク ワークスペースからタスクを完了する手順を示します。

ワークフロー タスク ワークスペースからワークフロー タスクを表示するには、次の操作を行います。

  1. ブラウザーでワークフロー タスク ワークスペースに移動します。

  2. ワークスペース サイトで、実行するタスクをクリックします。[タスクの詳細] ページが開きます。
    [タスクの詳細] ページに、SAP の承認と SharePoint の権限レベルに応じたビジネス プロセスのオプションが表示されます。

  3. [タスクの詳細] ページで、リンク、添付ドキュメントなど、タスクを完了するのに役立つすべての情報を確認します。

  4. タスクに見合った結果 (承認却下、またはタスクでサポートされる他の結果) をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×