Duet Enterprise 2.0 でコラボレーション ワークスペースを構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP Server 2.0 を使うと、コラボレーション ワークスペースを作成、使用して、SAP ビジネス データを同僚と一緒に扱うことができます。コラボレーション ワークスペース サイトには、コンテキスト ドキュメントとビジネス データ (関連ドキュメントやレポートへのリンクなど) の共有や更新に使えるツールが用意されています。インスタント メッセージを使って同僚と通信できるほか、 コメントやタグ付けなどのツールを使って、同僚に共有ドキュメントを編集してもらうこともできます。ドキュメントへの変更をリアルタイムで一緒に行い、インスタント メッセージを使って互いにやり取りし、SAP 担当者と連絡を取ることもできます。

たとえば、顧客の注文に問題が見つかった場合に、Duet Enterprise 2.0 で、その注文と関連付けられた顧客用のコラボレーション ワークスペースを作成し、 この新しいコラボレーション ワークスペースで、営業担当者やマネージャーと注文情報を共有できます。これにより、共同作業を効率的に進めて問題の解決を図ることができます。

コラボレーション ワークスペースを作成、使用するために必要な条件は以下のとおりです。

  • ビジネス データ コラボレーション機能が、コレクション レベルでアクティブになっている。アクティブになっている場合、ユーザーはコラボレーション ワークスペースを作成できます。

  • コラボレーション用のエンティティ センター サイトが作成されている。エンティティ センター サイトにはルート ノードが用意され、このルート ノードの下に、指定したエンティティのすべてのコラボレーション ワークスペースが作成されます。たとえば、Customers というエンティティ センター サイトを作成し、ここでユーザーが特定の顧客のコラボレーション ワークスペースを作成することができます。

  • コラボレーション ワークスペースの作成に使われるサイト テンプレートは、開発者によって作成されています。

この記事の内容

ビジネス データ コラボレーション機能をアクティブにする

注: コラボレーション機能をアクティブにするには、サイト コレクション管理者である必要があります。

コラボレーション機能をアクティブにするには、次の手順を実行します。

  1. コラボレーション機能を使うサイト コレクションに移動します。

  2. [サイトの設定] をクリックします。

  3. [サイトの設定] ページの [サイト コレクションの管理] セクションで、[サイト コレクションの機能] をクリックします。

    注: この手順を実行する際は、[サイトの設定] ページのトップ レベルにいることをご確認ください。そうでない場合は、[移動] をクリックしてサイトの設定のトップ レベルに移動してください。

  4. [サイト コレクションの機能] ページの [ビジネス データ コラボレーション] 行で [アクティブ化] をクリックします。

エンティティ センター サイトを作成する

エンティティ センター サイトにはルート ノードが用意され、このルート ノードの下に、指定したエンティティのすべてのコラボレーション ワークスペースが作成されます。ビジネス データ コラボレーション機能をアクティブにするのと同じサイト コレクションに外部リストを作成します。開発者または SharePoint 管理者によって、作成するエンティティ センター サイトに対するエンティティの外部コンテンツ タイプが作成されていることをご確認ください。

注: 外部リストを作成するには、所有者グループのメンバー、サイト コレクション管理者、またはファーム管理者グループのメンバーである必要があります。外部コンテンツ タイプに対する [クライアントで選択可能] 権限を持っていることも必要です。

エンティティ センター サイトを作成するには、次の手順を実行します。

  1. ビジネス データ コラボレーション機能がアクティブになっているサイト コレクションに移動します。

  2. サイド リンク バーの [サイト コンテンツ] をクリックします。

  3. [サイト コンテンツ] ページで [アプリの追加] をクリックします。

  4. [自分のアプリ] ページの [追加できるアプリ] セクションで、[外部リスト] をクリックします。

  5. [外部リストの追加中] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスで、サイト全体で表示する外部リストの名前を入力します。

  6. [データ ソースの構成] セクションで、[外部コンテンツ タイプを選択します] をクリックします。

  7. [外部コンテンツ タイプの選択] ダイアログ ボックスの [外部データ ソース] 列で、エンティティ センター サイトを作成するエンティティをクリックして [OK] をクリックします。

  8. [作成] をクリックします。

外部リストが表示されたら、他のリストと同じようにリストを編集できます。たとえば、複数のタイム ゾーンからリストを使う場合は、場所ごとの表示設定を構成できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×