Duet Enterprise サイトで SAP ワークフローを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP を使用すると、SharePoint Server に SAP ワークフロー サイトを構成できます。このようなワークフローのタスクは SharePoint サイトでユーザーに表示され、タスク イベントの通知が電子メール メッセージで表示されます。ユーザーが SharePoint または Outlook で作業しているときに SAP ワークフローが完了すると、Duet Enterprise により SAP システムが更新されます。

SharePoint の Duet Enterprise の SAP ワークフローには次の利点があります。

  • 使い慣れた Microsoft Office ツールを使用します。    ユーザーは、使い慣れた Microsoft Office 環境からタスクに応答し、多くの使い慣れた Office ツールを使って、作業内容を操作することができます。たとえば、ユーザー共同作業を行うタスクに関する Communicator、Word、Excel などのプログラムを使用します。

  • Web パーツを簡単に追加できる    サイトの所有者は、SAP レポートや補足資料などの関連情報の Web パーツをタスク フォームに簡単に追加できます。タスク フォームでは、ユーザーがクリックして情報を表示できるリンクの一覧がWeb パーツによって表示されます。

  • IT 支援が最小限で構成します。    サイト所有者が構成やの支援が最小限で SAP ワークフローをアクティブにする IT、および時間とコストのプログラミングのサポートを依頼する必要はありません。

  • カスタマイズ用ツールへのアクセス    サイト デザイナーは、タスク フォーム、メールの通知メッセージの内容およびタスクを一覧表示するページの外観をカスタマイズできます。SharePoint ServerまたはSharePoint Designer 2010の機能を使用するだけで、コードを記述することがなく、一部の要素をカスタマイズできます。またはより高度なカスタマイズの詳細に文書化のプログラミング インターフェイスの利点を取得できます。

SAP ワークフローを作成するには、サイト所有者の権限を持っている必要があります。

この記事の内容

手順 1 - ワークフローのサイトを作成します。

手順 2 - ワークフロー機能をアクティブにします。

手順 3 - 新しい SAP ワークフロー タスク タイプを構成します。

手順 4 - ユーザー アクセスを許可します。

手順 5 - ワークフローを発行します。

手順 1 - ワークフローのサイトを作成する

ワークフローをホストする新しいサイトを作成すると便利な場合があります。これにより、必要十分な機能をサイトに含めることができます。

新しい Duet Enterprise ワークフロー サイトを作成するには、次の操作を行います。

  1. Duet のポータル サイトのサイトの操作を選択し、[新しいサイトを選択します。

  2. 作成ギャラリーで、使用するサイト テンプレート (たとえば、チーム サイト テンプレート) を選択します。

  3. [その他のオプション] をクリックします。

  4. [タイトルと説明] ウィンドウで、新しいサイトの名前および説明を入力します。

  5. [Web サイトのアドレス] ウィンドウで、URL パスの名前を入力します。

    URL 名を入力するには、URL の最後のエントリになります。たとえば、新しいサイト従業員承認タスクの名前を入力の URL EmployeeApproval を入力することがあります。完全な URL は次の例になります。

    http://MySiteName/SitePortal/EmployeeApproval

  6. [権限] ウィンドウで、[固有の権限を使用する] チェック ボックスをオンにします。

重要:  固有の権限を使用することが非常に重要です。固有の権限を使用しないと、ワークフロー サイトにアクセスできなかったり、タスクを表示できなかったりする場合があります。

[ナビゲーションの継承] ウィンドウで、ワークフロー サイトで親サイトのユーザーが同じトップ リンク バーを使用するかどうかを決定します。

  1. [作成] をクリックして、ワークフローのユーザー アクセスを指定できるページを開きます。

  2. [このサイトのグループのセットアップ] ページで、そのサイトの閲覧者、メンバー、所有者のグループをセットアップし、[OK] をクリックします。

    グループを設定する方法は?   

    新しいワークフロー サイトのグループを設定するには、次の操作を行います。

    1. [このサイトの閲覧者] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

      • [既存のグループの利用] チェック ボックスをオンにし、ドロップダウン リストからグループの名前を選択します。
        または

      • 新しいグループの作成] を選択し、閲覧者のグループの名前を入力します。
        1 つまたは複数のユーザーに、このグループに属しているユーザーの名前を入力し、名前の確認] をクリックします。

    2. [このサイトのグループのセットアップ] ページの [このサイトのメンバー] ウィドウで、次のいずれかの操作を行います。

      • [既存のグループの利用] チェック ボックスをオンにし、ドロップダウン リストからグループの名前を選択します。
        または

      • [新しいグループの作成] を選び、メンバーのグループの名前を入力します。
        このグループに含める 1 人以上のユーザーの名前を入力し、[名前の確認] をクリックします。

    3. [このサイトのグループのセットアップ] ページの [このサイトの所有者] ウィドウで、次のいずれかの操作を行います。

      • [既存のグループの利用] チェック ボックスをオンにし、ドロップダウン リストからグループの名前を選択します。
        または

      • 新しいグループの作成] を選択し、[所有者のグループの名前を入力します。
        1 つまたは複数のユーザーに、このグループに属しているユーザーの名前を入力し、名前の確認] をクリックします。

        .

SharePoint Server によって新しいサイトが作成され、そのサイトが開きます。

ページの先頭へ

手順 2 - ワークフロー機能をアクティブにする

ワークフロー機能をアクティブにすると、そのワークフロー サイトのサイト テンプレートがSharePoint Serverに登録します。次に、サイト デザイナーはDuet Enterprise、によって提供されるまたはカスタム テンプレートを作成するテンプレートを使用できます。

開発環境では、この手順を実行し、運用環境にワークフローをインポートできます。たとえば、サイト デザイナーは、できますを作成、カスタマイズ、およびステージのワークフロー開発環境でします。ワークフローを確認した後、デザイナー サイト テンプレートとしてワークフロー サイトにエクスポートできます。

Duet Enterprise ワークフローをアクティブにするには、次の操作を行います。

  1. 新しいサイト] ページで、 [サイトの操作] を選択し、[サイトの設定] ページを開くには、サイトの設定] を選択します。

  2. [サイトの操作] で [サイト機能を管理する] を選択します。

  3. [Duet Enterprise – SAP ワークフロー] を見つけ、[アクティブ化] をクリックします。

機能をアクティブ化すると、ワークフローのルート サイトまで戻ることができます。

ページの先頭へ

手順 3 - 新しい SAP ワークフロー タスクの種類を構成する

新しい SAP ワークフロー タスクの種類を構成する場合は、タスクに設定する特性のコレクションを指定します。たとえば、特定のテンプレートを選択し、SAP タスクの種類を指定して、そのタスクで予想される結果を指定します。構成が完了すると、SharePoint Server によってそのタスクの種類の新しいワークスペースが作成されます。

Duet Enterpriseには、直接使用できる SAP ワークフロー サイトのテンプレートが含まれています。または、サイト デザイナーでは、個々 のビジネス要件のワークフローをカスタマイズするのにはSharePoint Designer 2010を使用することができます。たとえば、ワークフロー サイト上の各ページに関連するレポートの Web パーツが含まれているサイトのデザイナーを指定します。

新しい SAP ワークフロー タスクの種類を構成するには、次の操作を行います。

  1. ルート ワークフロー サイトで、[サイトの操作] を選択し、[サイトの設定] を選択します。

  2. [サイトの設定] ページで、[ SAP ワークフロー構成] グループを見つけて、そのワークフロー サイトのプロパティ ページを開きます新しい SAP ワークフロー タスク タイプの構成を選択します。

  3. [新しい SAP ワークフロー タスク タイプ] ページには、この新しいサイトの説明を入力します。

  4. [テンプレートの選択] で、[テンプレートの選択] パネルで [ Duet Enterprise ] タブをクリックします。次に、 SAP ワークフロー サイト、または使用するカスタム テンプレートの名前を選択します。

  5. [ビジネス コンテキスト] で、[タスク名] ボックスに SAP タスクの種類の名前を入力します。

    注: タスク名は、SAP システムに表示される名前と一致している必要があります。タスクの種類の名前の詳細については、SAP ワークフロー管理者に問い合わせてください。

  6. [タスクの表示名] ボックスに、サイトに表示する名前を入力します。

  7. [タスクの結果] の [使用できるタスクの結果] ウィドウで、次の操作を行います。

    1. [テキスト] ボックスに、承認や拒否などの見込まれる結果の名前を入力します。ここに指定する結果は、タスク フォームのボタンに表示されます。

    2. [キー] ボックスに、001 や 002 などのこの結果の数字キーを入力します。

    3. [結果の追加] をクリックします。

    4. 使用できる結果の入力が完了するまで、手順 a ~ c を繰り返します。

      注: セットアップ処理中に、サイト デザイナーは、初期の有効な結果の特定のコレクション (テキストとキー値) を指定します。この手順で入力する結果の名前とキーは、これらのあらかじめ定義された結果の 1 つである必要があります。使用できる有効な結果について詳しくは、SAP ワークフロー管理者にお問い合わせください。

  8. 一覧表示された結果を削除するには、その結果を強調表示し、[結果の削除] をクリックします。

  9. [拡張されたビジネス プロパティ] ボックスに、拡張プロパティの名前を入力します。

    注: サイト デザイナーまたは管理者は、SAP ワークフローの追加のプロパティを指定できます。サイトに必要になる可能性のある拡張されたビジネス プロパティについては、ワークフロー管理者に問い合わせてください。

BDC エンティティ] で、外部コンテンツ タイプ] ボックスに、このタスクの種類のコンテンツ タイプとしてワークフロー Web サービスを入力します。コンテンツ タイプの名前を確認するには、チェック ボタン 外部のチェック をクリックします。有効な外部コンテンツ タイプのリストからワークフロー Web サービスを選択するには、外部コンテンツ タイプの選択] ダイアログを表示、参照ボタン 外部を選択 をクリックします。ワークフローの Web サービスを選択し、[ OK] をクリックします。

  1. [作成] をクリックして、新しい SAP ワークフロー サイトを作成します。

  2. "サイトは正しく作成されました" というメッセージ ボックスが表示されたら、[OK] をクリックして、新しいサイト ページに移動します。

ページの先頭へ

手順 4 - ユーザーにアクセス権限を付与する

SAP ワークフロー タスクの種類およびそのサイトを作成すると、タスクを受信するユーザーをサイトに追加できるようになります。ユーザーは個別に追加できるほか、適切な SAP ロールを追加してユーザーのグループを追加することもできます。

次の手順を使用してユーザーにワークフローへのアクセス権限を付与すると、要求されたユーザーによる SAP ワークフロー要素へのアクセスの承認を確認するメッセージが表示されます。

新しいタスクの種類の SAP ワークフロー サイトへのアクセス権限をユーザーに付与するには、次の操作を行います。

  1. ワークフロー サイトに移動します。

  2. [サイトの操作] を選択し、[サイトの設定] を選択します。

  3. [サイトの設定] ページで、[ SAP ワークフロー構成] グループを見つけて [ユーザー アクセス リストを開くには、 sap ワークフロー タスクのユーザー アクセスの許可] を選びます。

  4. [ユーザー アクセス リスト] ページの [リスト ツール] タブで [アイテム] をクリックします。

  5. リボンで、[新しいアイテム] の横にある下向きの矢印をクリックし、[新しいアイテム] をクリックしてユーザー アクセス リストのプロパティ ページを開きます。

ユーザー アクセス リストのプロパティ] ページで、次の手順に従います。

  1. ドロップダウン リストから、アクセス権限を付与するタスクの名前をクリックします。

  2. [ユーザーの選択] ボックスに、アクセス権限を付与するユーザーの名前を入力します。特定の SAP ロールを持つすべてのユーザーにアクセス権限を付与する場合は、ロールの名前を入力します。[名前の確認] をクリックすると、入力した内容を確認できます。名前またはロールを参照するには、参照ボタンをクリックします。

  3. [有効日] ボックスに、ユーザー アクセスを開始する日付を入力します。予定表から日付を選択するには、予定表アイコンをクリックします。

  4. 終了したら、[OK] をクリックして [ユーザー アクセス リスト] に戻ります。

ページの先頭へ

手順 5 - ワークフローを発行する

以下の手順を実行するには、ルート ワークフロー サイトのサイト コレクションの管理者である必要があります。

新しい SAP ワークフロー サイトを発行するには、次の操作を行います。

  1. [スタート] メニューからSharePoint Designer 2010を開く] をクリックします。

  2. 以前に作成したワークフローの [サイト] ページで、サイトの操作]、および [ SharePoint Designer で編集] を選びます。SharePoint Designer は、ワークフロー サイトに自動的に接続されます。また、ワークフローを使用すると、そのワークフロー サイトの設定を管理するページを開きます。

  3. [ナビゲーション] パネルで、[ワークフロー] をクリックします。

  4. [ワークフロー] ウィンドウで、[リストのワークフロー] セクションおよび発行するワークフローの名前を見つけます。

    たとえば、次の図は、TestTask ワークフローを示しています。

    SharePoint Designer では、新しく作成された Duet ワークフローに移動できる

  5. ワークフローの名前をダブルクリックして、ワークフローの設定を管理できるページを開きます。

  6. リボンで、[発行] をクリックします。

    ワークフロー名を選ぶと、SharePoint Designer でページが開き、ワークフローを公開できるようになります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×