Duet Enterprise での共同作業の概要

Duet Enterprise for Microsoft SharePoint and SAP では、コラボレーション ワークスペースを作成して使用することで、仕事仲間と共同で SAP ビジネス データの作業を進めることができます。コラボレーション ワークスペース サイトには、関連ドキュメントおよびレポートへのリンク、インスタント メッセージなど、コンテキスト ドキュメントおよびビジネス データの共有と更新に使用するツールがあります。仕事仲間は、コメント、タグ付けなどのツールを使用して、共有ドキュメントに関与できます。ドキュメントを互いにリアルタイムで変更でき、インスタント メッセージを使用して仕事仲間どうしや SAP の連絡先とコミュニケーションを取ることができます。

たとえば、Duet Enterprise では、受注に問題を発見した場合、その受注に関連している顧客からコラボレーション ワークスペースを作成できます。次に、この新しいコラボレーション ワークスペースで、営業部門の担当者や上司などと受注情報を共有できます。これにより、問題の解決のために効率的に共同作業を行うことができます。

注: コラボレーション ワークスペースの [IM 連絡先] セクションに連絡先を追加して、プレゼンス情報を確認したり、連絡先とオンラインでコミュニケーションを取ることができますが、適切な SAP 権限を持っている連絡先だけがコラボレーション ワークスペースにアクセスできます。

この記事の内容

Duet サイトからコラボレーション ワークスペースを作成する

仕事仲間をコラボレーション ワークスペースに招待する

ドキュメントをコラボレーション ワークスペースに追加する

コラボレーション ワークスペースからレポートを表示する

SharePoint 2010 内の便利なリソースを検索する

Duet サイトからコラボレーション ワークスペースを作成する

Duet Enterprise を使用すると、特定の顧客または製品用のコラボレーション ワークスペースを作成し、このワークスペースを使用して関連するプロジェクトで仕事仲間と共同作業を行なうことができます。自分が指定した人および適切な SAP の権限を持つ人だけがワークスペースにアクセスできます。

コラボレーション ワークスペースを作成するには、次の操作を行います。

  1. 顧客サイトまたは製品サイトから、コラボレーション ワークスペースを作成する顧客名または製品名の横にある下方向矢印をクリックして、[ワークスペースを開く] をクリックします。

Duet でワークスペースを開く

  1. [コラボレーション ワークスペースの作成] メッセージ ボックスで [OK] をクリックして、ワークスペースを作成することを確認します。ワークスペースが完成すると、Duet Enterprise がブラウザーでワークスペースを開きます。

注:  選択した顧客または製品に既存のコラボレーション ワークスペースがある場合、Duet Enterprise は単に既存のワークスペースを開きます。

ページの先頭へ

仕事仲間をコラボレーション ワークスペースに招待する

作成したコラボレーション ワークスペースには、適切な権限を持つ人のみがアクセスできます。仕事仲間は、エンティティからコラボレーション ワークスペースを開くことでワークスペースにアクセスすることができ、また IM 連絡先として仕事仲間をコラボレーション ワークスペースに含めて、その仕事仲間にワークスペース ページの Web サイト アドレス (URL) を送信することができます。インスタント メッセージ連絡先として仕事仲間を追加する際、インスタント メッセージまたはメールを使用して URL を送信できます。権限の詳細については、「SharePoint の権限が Duet の表示に与える影響について」を参照してください。

コラボレーション ワークスペース自体にアクセスする権限を持たない人でも、ワークスペースの連絡先として招待できます。これにより、権限に関係なく、すべての関連情報と連絡先を統合できます。

注: 適切な SAP 権限を持つ人のみがコラボレーション ワークスペースにアクセスできます。

仕事仲間をコラボレーション ワークスペースに招待するには、次の操作を行います。

  1. コラボレーション ワークスペース ページの [IM 連絡先] で、 新しいアイテムを追加する (新しいアイテムの追加) をクリックします。[IM 連絡先 – 新しいアイテム] ウィンドウが開きます。

  2. [IM 連絡先 – 新しいアイテム] ウィンドウの [ユーザーの選択] で、コラボレーション ワークスペースの IM 連絡先として追加するユーザー名を入力し、[保存] をクリックして連絡先をワークスペースに追加して、ワークスペース ページに戻ります。

    名前を確認する (名前の確認) をクリックして、ユーザー名がサイトで使用されるディレクトリ サービス内にあるかどうかを確認します。IM 連絡先として追加できる人の名前のリストを表示するには、 閲覧アイコン (参照) をクリックします。

  3. コラボレーション ワークスペース ページの [IM 連絡先] で、[このワークスペースへユーザーを招待する] をクリックします。

  4. [このワークスペースへのユーザーの招待] で、URL を選択して右クリックし、[コピー] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

  5. コラボレーション ワークスペース ページで、インスタント メッセージを送信する人の名前の横にあるオンライン プレゼンス インジケーターをクリックして、[連絡先カード] を開きます。

    注: 連絡先が連絡可能であるかどうかを確認するには、オンライン プレゼンス インジケーターを確認します。

    オンライン プレゼンス インジケーター

  6. [連絡先カード] で、[インスタント メッセージで返信] または [メールの送信] をクリックします。これで、電話での会話やメールの送信を開始できる会話ウィンドウが開きます。

    連絡先カード

  7. 会話ウィンドウで、メッセージ エントリ領域内をクリックし、Ctrl キーを押しながら V キーを押してコラボレーション ワークスペースの URL を貼り付けます。

  8. Enter キーを押して、インスタント メッセージを送信します。

    注:  コラボレーション ワークスペースにアクセスする必要のある仕事仲間をワークスペースの IM 連絡先に追加しなくても、その仕事仲間にコラボレーション ワークスペースの URL を通知できます。

ページの先頭へ

ドキュメントをコラボレーション ワークスペースに追加する

コラボレーション ワークスペースからドキュメントを保存し、ドキュメント上で共同作業を行うことができます。コラボレーション ワークスペースにアップロードしたドキュメントは、使用している SAP システムに保存されます。ユーザーおよびその仕事仲間は、アップロードされたドキュメントに個別にアクセスできるほか、同時にアクセスすることもできます。

コラボレーション ワークスペースにドキュメントを追加するには、次の操作を行います。

  1. ブラウザーで、コラボレーション ワークスペースのある Duet サイトに移動します。

  2. コラボレーション ワークスペースの [関連ドキュメント] で [ドキュメントのアップロード] をクリックします。[アカウント ドキュメントのアップロード - ドキュメントのアップロード] ウィンドウが開きます。

  3. [アカウント ドキュメントのアップロード - ドキュメントのアップロード] ウィンドウで、[参照] をクリックしてドキュメントの場所に移動します。

  4. アップロードするドキュメントを選択し、[開く] をクリックして [OK] をクリックします。[アカウント ドキュメントのアップロード] ウィンドウが開きます。

  5. [アカウント ドキュメントのアップロード] ウィンドウで、ドキュメントの説明種類、およびストレージ カテゴリを入力します。

    注:  外部のチェック ([外部アイテムが存在するかどうかを確認します] ボタン) および 外部を選択 ([外部アイテムを選択します] ボタン) を使用して、SAP システムから "種類" フィールドおよび "ストレージ カテゴリ" フィールドの値を検索します。選択する値がわからない場合は、サイト管理者に問い合わせてください。

  6. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

コラボレーション ワークスペースからレポートを表示する

コラボレーション ワークスペースの [個人用レポート] セクションには、ワークスペースの対象の製品または顧客に関連するレポートのリストがあります。

コラボレーション ワークスペースからレポートを表示するには、次の操作を行います。

  1. ブラウザーで、コラボレーション ワークスペースのあるサイトに移動します。

  2. コラボレーション ワークスペースの [個人用レポート] セクションで、開くレポートの名前をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint 2010 内の便利なリソースを検索する

Duet Enterprise での共同作業に使用できる SharePoint 2010 機能の追加情報にアクセスするには、以下のリンクのリストを使用してください。

ディスカッション掲示板について

ロードマップ: サイトの権限を与える

インスタント メッセージを作成し送信する

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×