Duet 環境間で SAP ワークフローを移行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、ワークフロー タスク ワークスペースをテンプレートとして保存した後、そのテンプレートを別のサイト コレクションにインポートする方法について説明します。

ワークフロー タスク ワークスペースは、SAP ワークフロー タスク タイプのすべてのタスクをホストする SharePoint サイトです。ワークフロー タスク ワークスペースは、開発環境で作成できます。カスタマイズとテストがすべて終了したら、ワークフロー タスク ワークスペースをテンプレートとして保存し、それを運用環境に展開できます。

重要: 次に示す手順を実行するには、ルート ワークフローがあるサイト コレクションのサイト コレクション管理者である必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ワークフロー テンプレートを保存する

ワークフロー テンプレートを新しいサイトにアップロードする

SAP ワークフロー テンプレートをインポートする

ワークフロー テンプレートを保存する

ワークフロー テンプレートを保存するには、SharePoint Designer 2013 または SharePoint Server のオプションを使います。この手順では、SharePoint Server を使ってテンプレートを保存する方法を説明します。

SharePoint Server を使ってワークフロー テンプレートを保存するには、次の手順を実行します。

  1. ワークフロー タスク ワークスペースを参照して [設定] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [サイトの操作] グループで、[テンプレートとしてサイトを保存] をクリックします。

  3. [テンプレートとして保存] ページの [ファイル名] ボックスにテンプレート ファイルに使う名前を入力します。[テンプレート名] ボックスと [テンプレートの説明] ボックスに、テンプレートの名前と説明を入力します。
    [テンプレートとして保存] ダイアログ ボックス

  4. [コンテンツを含む] ボックスがオンになっていないことをご確認ください。

  5. [OK] をクリックして設定を受け入れ、テンプレートをソリューション ギャラリーに保存します。
    SharePoint Server では、このリクエストの処理中に情報ウィンドウが表示され、処理が終わるとメッセージが表示されます。

  6. 新しいテンプレートをソリューション ギャラリーで管理するには、[操作は正常に完了しました] ページでソリューション ギャラリーのリンクをクリックします。

  7. ソリューション ギャラリーで、ダウンロードするテンプレートの名前をクリックします。

  8. [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [保存] をクリックします。
    コンピューターのダウンロード フォルダーがある場所にテンプレートが保存されます。

ページの先頭へ

ワークフロー テンプレートを新しいサイトにアップロードする

  1. 前の手順で保存したワークフロー テンプレートを、対象の環境にコピーします。

  2. 新しいテンプレートを使うサイト コレクションのルート レベル サイトに移動します。

  3. ルート レベル サイトのホーム ページで [設定] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

  4. [サイトの設定] ページの [Web デザイナー ギャラリー] グループで [ソリューション] をクリックし、ソリューション ギャラリーの [ソリューション] ページを開きます。

  5. [ソリューション] タブで [ソリューションのアップロード] をクリックします。

  6. [ドキュメントの追加] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックして [アップロードするファイルの選択] ダイアログ ボックスを開きます。

  7. アップロードするテンプレート ファイルの名前を選び、[開く] をクリックします。

  8. [ドキュメントの追加] ダイアログ ボックスで、[ファイルの選択] ボックスにアップロードするパスとファイル名が表示されていることを確認し、[OK] をクリックします。[ソリューション ギャラリー - ソリューションのアクティブ化] ダイアログ ボックスが開きます。

  9. [ソリューション ギャラリー – ソリューションのアクティブ化] ダイアログ ボックスで、[アクティブ化] をクリックしてテンプレートを有効にし、[ソリューション] ページに戻ります。

これで、このテンプレートを使って、アップロードしたテンプレートを使用するワークフロー サイトを作成できるようになりました。

ページの先頭へ

SAP ワークフロー テンプレートをインポートする

  1. 新しいワークフローを格納するルート ワークフロー サイトに移動します。

  2. [設定] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

    注: ルート ワークフロー サイトは、Duet Enterprise – SAP ワークフロー機能が有効になっているサイトです。

  3. [サイトの設定] ページの [SAP ワークフロー構成] グループで、[事前に構成された SAP ワークフロー テンプレートのインポート] をクリックします。

  4. [事前に構成された SAP ワークフロー テンプレートのインポート] ページの [テンプレートの選択] ウィンドウで、[ユーザー設定] タブをクリックします。

  5. 保存したワークフロー テンプレートの名前を選びます。

  6. [外部コンテンツ タイプ] ウィンドウで、[ワークフロー タスク] を入力します。または、エンティティの [参照] をクリックして、一覧から [ワークフロー タスク] を選ぶこともできます。エンティティをチェックするボタンをクリックして名前を確認します。

  7. [アクティブになった日付] ウィンドウで、Duet Enterprise がワークフローを有効にする日付を指定します。

  8. [アクティブ化] をクリックします。

  9. [テンプレートが正常にインポートされました] ボックスで、[OK] をクリックします。

SAP ワークフロー タスク タイプのすべてのタスクをホストするワークスペースが作成されます。このワークフローを使って SAP ビジネス タスクの受け取りや管理を実行できるようにするには、SAP ワークフロー タスク タイプへのアクセス許可をユーザーに付与する必要があります。ワークフロー テンプレートをまだ使ったことがない場合は、ワークフローの発行も必要です。ユーザーにアクセス許可を付与し、ワークフローを発行する方法の詳細については、「Duet Enterprise サイトで SAP ワークフローを作成する」をご覧ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×