Duet サイトのページにビジネス タスクのリストを追加する

SAP のビジネス タスクのワークフローを作成し、アクティブ化したら、ワークフロー サイトのページにタスク リストを追加できます。これにより、ユーザーがページを開いたときに、そのユーザーに割り当てられているタスクが SharePoint Server に表示されるようになります。Duet Enterprise で SAP のワークフローをアクティブ化する方法については、「Duet Enterprise サイトで SAP ワークフローを作成する」を参照してください。

ワークフローをアクティブ化して構成すると、Duet Enterprise によってタスク リストが自動的にサイトに追加され、ユーザーはタスク サイトのリンクまたは [すべてのサイト コンテンツ] リンクをたどって移動することにより、タスク リストにアクセスできます。一方、Duet Enterprise に含まれているビジネス タスク Web パーツを使用して、サイトのページにタスク リストを追加する場合もあります。この Web パーツは、アクティブ化されたワークフローのある任意のサイトに追加でき、他のサイトでの再利用も簡単です。この Web パーツをページに追加すると、サイト上のすべてのワークフロー ソースへの接続が Duet Enterprise によって行われます。また、サイト コレクション管理者は、他のサイトからタスクを収集するようにこの Web パーツを構成することもできます。

ビジネス タスク Web パーツは、サイトでアクティブになっているすべての SAP ワークフローを検索し、ユーザーまたはユーザーが属しているグループに割り当てられているタスクを取得します。ユーザーに割り当てられているすべてのタスクが 1 つのリストに集約され、読みやすい形式にリストの書式が設定され、リストが期限ごとに並べ替えられます。また、クリックすることにより、完了したタスクを表示できるリンクもあります。

ビジネス タスク Web パーツを使用するタスク リストの例を次の図に示します。

ビジネス タスク Web パーツはユーザーのすべてのタスクを集計する

通常、ビジネス タスク Web パーツは、作成したワークフローのホーム ページに追加します。

ビジネス タスク Web パーツを追加するには、次の操作を行います。

  1. タスク リストを追加するサイトに移動します。

  2. タスク リストを追加するページのリボンで、[ページ] タブをクリックします。

  3. リボンの [編集] ボタンをクリックし、ドロップダウン メニューの [編集] をクリックして、編集モードでページを開きます。

  4. [挿入] タブをクリックし、[Web パーツ] をクリックして、Web パーツの選択ダイアログを開きます。

    [Web パーツの挿入] ボタンが含まれるリボンの [編集] ツール

  5. [カテゴリ] ウィンドウで、[Duet Enterprise] を選択します。

  6. [Web パーツ] ウィンドウで、[ビジネス タスク] を選択します。

    [Web パーツの選択] では、挿入したいビジネス タスク Web パーツに移動できる。

  7. [Web パーツに関する情報] ウィンドウで、[追加] をクリックします。Web パーツがページに追加され、直ちにタスクがリストに追加されます。

注:  他のカスタマイズ オプションを表示するには、SharePoint Designer 2010 でページを開いてください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×