Duet サイトで関連アクション Web パーツを構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスクの詳細ページには、関連情報を提供するレポートをタスク意思決定者が要求して表示できる Web パーツを追加できます。このような Web パーツを使用すると、最新情報がタスク自体と関連付けられるため、ユーザーの貴重な時間を節約できます。

  • ワークフロー タスク アクションこの Web パーツは、関連する情報を提供するレポートのレポートの設定] ページへのリンクを提供します。ユーザーは、レポートのパラメーターをカスタマイズしてするレポートを実行します。

  • 関連するレポートこの Web パーツには、ユーザーがすぐに開くことができるレポートが一覧表示します。さらに、ユーザーは、ワークフロー タスク アクションからレポートを実行する場合は、Duet 提供そのレポート関連のレポートの一覧にこのレポートはすぐにします。

Duet Enterprise では、これらの Web パーツに表示されるアクションおよびレポートが動的に更新されるため、タスク意思決定者は常に最新情報を把握できます。

Web パーツを構成するには、ワークフロー サイトで Duet Enterprise レポート機能をアクティブにしてから、SharePoint Designer の [タスクの詳細] ページを編集して Web パーツを追加します。通常、デザイナーはこれらの Web パーツを [タスクの詳細] ページに追加しますが、Web パーツはワークフロー サイト内のページに追加することもできます。

この記事の内容

概要

手順 1: ワークフローのタスクのサイトにレポート機能をアクティブにします。

手順 2: SharePoint Designer でタスクの詳細] ページを開く

手順 3: タスクの詳細フォームにビジネス データ Web パーツを追加します。

手順 4: Web パーツに関連するレポートを追加します。

Web パーツとして、[レポート] ライブラリを追加します。

SAP ワークフロー リダイレクターを追加します。

フィルター Web パーツを追加します。

概要

[タスクの詳細] ページでは、ワークフロー タスク アクション Web パーツと関連レポート Web パーツが連携してタスク意思決定者に情報を提供します。意思決定者は、レポートを実行した後、別のサイトに移動することなく、レポートを開くことができます。また、これらの Web パーツには、現在のタスクに関連するレポート オプションのみが表示され、Duet によりレポートには最新情報が反映されます。タスク意思決定者は、レポート名をクリックするだけで、一覧に表示されたどのレポートも開くことができます。

ワークフロー タスク アクション Web パーツと関連レポート Web パーツを追加して構成できるようにするには、ファーム管理者が適切な Business Data Connectivity (BDC) モデルをインポートしておく必要があります。このモデルには、Web パーツに表示されるアクションの定義が含まれています。また、ファーム管理者は、レポートを適切な場所に配信するようにレポート ルーティングを構成する必要があります。

この手順が完了しているかどうかがわからない場合は、SAP ワークフローの管理者に問い合わせてください。

手順 1: ワークフロー タスク サイトでレポート機能をアクティブにする

重要: この手順の手順を実行する SAP ワークフロー テンプレートが含まれているサイトでサイト コレクション管理者があります。

ワークフロー サイトで関連レポート Web パーツを構成するには、まずワークフロー サイトに対して特定のレポート機能をアクティブにする必要があります。これにより、Duet では (サイト レポート ライブラリから) レポートの一覧を表示できるようになり、また、レポートの設定へのリンクの一覧も表示できるようになります。ユーザーは、レポートの設定を使用してレポートのプロパティを表示および編集したり、レポートを実行したりすることができます。

ワークフロー タスク サイトでレポート機能を有効にするには、次の操作を行います。

  1. Duet Enterprise サイト コレクションのホーム ページから、ワークフローのルート サイトに移動します。

  2. リボンで、[サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。

  3. [サイトの設定] ページの [サイトの操作] グループで、[サイト機能を管理する] をクリックして [機能] ライセンス認証ページを開きます。

  4. [機能] ページで、 Duet Enterprise レポートを見つけて [アクティブ化] をクリックします。

ページの先頭へ

手順 2: SharePoint Designer で [タスクの詳細] ページを開く

[タスクの詳細] ページを変更するには、Microsoft SharePoint Designer 2010 でワークフロー サイトを開いてから、ワークフロー エディターで [タスクの詳細] ページを開く必要があります。ワークフロー エディターから、必要なデザイン要素を追加して構成することができます。

[タスクの詳細] ページを編集するために開くには、次の操作を行います。

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[SharePoint Designer 2010] をクリックして起動し、[サイトを開く] をクリックします。

  2. [サイトを開く] ダイアログ ボックスの [サイトの URL] ボックスに、操作するワークフロー タスク サイトの URL を入力します。これにより、ワークフロー サイトの [サイト情報] ページが開きます。

  3. ナビゲーションウィンドウで、ワークフローを含むページの一覧が表示するのには、サイトのページ] をクリックします。

  4. ページの一覧で、タスクの詳細ページ ファイルの名前 (WrkTaskIP.aspx など) をクリックし、そのファイルの設定ページを開きます。

  5. リボンの [編集] で [ファイルの編集] の横にある矢印をクリックし、[詳細モードでファイルを編集] をクリックします。これにより、[タスクの詳細] ページのフォームが開きます。

  6. [PlaceHolderMain (ユーザー設定)] 領域で、関連レポート Web パーツの配置場所を決定します。たとえば、プレースホルダー内の既存のセルの 1 つに Web パーツを追加できます。または、Web パーツのフォームに別の行や列を追加することもできます。

ページの先頭へ

手順 3: [タスクの詳細] フォームにビジネス データ Web パーツを追加する

重要: ここでは、手順を実行するサイトの所有者でなければなりません。

関連するレポートの Web パーツは、実際に 2 つ接続されている Web パーツです。2 つの部分は、情報を表示するビジネス データ アクションWeb パーツをビジネス データ アイテム ビルダー Web パーツを収集し、表示するための情報を設定します。

ビジネス データ Web パーツを追加するには、次の操作を行います。

  1. フォームで、Web パーツを追加するセルをクリックします。

  2. リボンの [挿入] タブをクリックします。

  3. リボンの [ Web パーツ] で、[ Web パーツ] の横の矢印をクリックし、[ビジネス データ アクションを選択します。

  4. ビジネス データ アクションWeb パーツを右クリックし、[ビジネス データ アクションを開くには、 Web パーツのプロパティ] を選びますウィンドウ。

  5. [ビジネス データ アクション] ウィンドウの [種類] ボックスに、「ワークフロー タスク」と入力します。

  6. リボンの [ Web パーツ] で、[ Web パーツ] の横にある矢印をクリックし、[ビジネス データ アイテム ビルダー] を選びます。

  7. [ビジネス データ アイテム ビルダー] Web パーツを右クリックし、[接続の追加] をクリックして Web パーツ接続ウィザードを開きます。

  8. ウィザードで、[選択されたアイテムの送信] が表示されていることを確認し、[次へ] をクリックします。

  9. [このページの Web パーツに接続する] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  10. Web パーツのターゲットにドロップダウン リストから、ワークフロー タスクの動作を選択します。

[ターゲット アクション] ボックスの一覧で [アイテムの取得] を選択し、[次へ] をクリックします。

  1. [完了] をクリックして接続を完成させます。

Duet Enterprise によって Web パーツの [タイトル] が自動的に "ワークフロー タスク アクション" に変更されます。

ページの先頭へ

手順 4: 関連レポートを Web パーツとして追加する

ワークフロー タスク サイト上の関連レポート Web パーツには、現在のタスクに関連するレポートのみが表示されます。この Web パーツを構成するには、まず、レポート ライブラリを Web パーツとして追加します。次に、ワークフロー タスクに関する正しいコンテキスト情報 (コンテキスト ID) を取得する Web パーツを追加する必要があります。最後に、Duet Enterprise で表示に適したレポートを選択する際に使用できるフィルター Web パーツを追加して構成する必要があります。

レポート ライブラリを Web パーツとして追加する

  1. レポート リストを Web パーツとして追加する、[タスクの詳細] フォームのセルをクリックします。

  2. リボンの [挿入] タブをクリックします。

  3. [データ ビューおよびフォーム] グループをクリックし、[データ ビュー] の横にある矢印をクリックして [レポート

SAP ワークフロー リダイレクターを追加する

使用可能なレポートの一覧にフィルターを適用して、タスクに関連するレポートのみを選択するために、Duet ではタスクにコンテキスト ID を使用します。非表示の Web パーツ "SAP ワークフロー リダイレクター" では、レポートの Web パーツにこの値を提供します。

  1. リボンの [挿入] タブをクリックします。

  2. [ Web パーツ] では、 Web パーツの横の矢印をクリックします。Duet Enterprise ] を表示] の下にスクロールして、[ SAP ワークフロー リダイレクター Web パーツ ] を選びます

フィルター Web パーツを追加する

  1. [Web パーツ] で [Web パーツ] の横にある矢印をクリックします。下へスクロールして [フィルター] グループを表示し、[クエリ文字列 (URL) フィルター] をクリックします。

    重要: Web パーツ領域には、この Web パーツを追加する必要があります。必要に応じて、Web パーツを挿入する前に、ページに Web パーツ領域を追加します。

  2. [タスクの詳細] フォームの本文で、[クエリ文字列 (URL) フィルター] Web パーツを右クリックし、[Web パーツのプロパティ] をクリックします。

  3. クエリ文字列 (URL) のフィルター ] ウィンドウの [クエリ文字列パラメータ名] ボックスで、[入力IwWfTaskIDします。このパラメーターは、SAP ワークフローについての識別子を提供します。

  4. [タスクの詳細] フォームの本文で、[クエリ文字列 (URL) フィルター] Web パーツを右クリックし、[接続の追加] をクリックします。

  5. Web パーツ接続ウィザードで、次の手順を実行します。

    1. [この接続で使用するソース Web パーツのアクションを選択してください] ボックスの一覧で、[フィルターの値を送信] を選択します。[次へ] をクリックして、ウィザードの次のページに進みます。

    2. [このページの Web パーツに接続する] が表示されていることを確認します。[次へ] をクリックして、ウィザードの次のページに進みます。

    3. [次へ対象アクションとしてターゲット Web パーツ、およびフィルター値を取得としてのレポートを受け入れるように] をクリックします。次に、ウィザードの次のページに移動します。

    4. クエリ文字列を選択からフィルターをクエリ文字列 (URL) の列の場合は、およびレポート内の列からコンテキスト ID ] を選びます。のウィザードの最後のページに移動] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

このワークフローに含まれる今後のすべてのタスクでは、[タスクの詳細] ページに "ワークフロー タスク アクション" と "関連レポート" という 2 つの Web パーツが表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×