DWG 形式や DXF 形式 (AutoCAD) の図面を開く、挿入する、変換する、保存する

Visio 図面内で使用したい AutoCAD オブジェクトがある場合、Visio を使用して該当するファイルを開き、Visio の図形に変換することができます。Visio の図面を AutoCAD ファイルに変換することもできます。

AutoCAD 図面を Visio で開く

  1. [ファイル]、[開く] をクリックします。

  2. 使用する図面が保存されているフォルダーを見つけます。フォルダーをクリックするか、[参照] をクリックします。

  3. [すべての Visio ファイル] ボックスをクリックし、一覧の [AutoCAD 図面] をクリックします。

  4. ファイルを参照して [開く] をクリックします。

DWG ファイルまたは DXF ファイルを既存の Visio 図面に挿入する

  1. [挿入] タブの [CAD 図面] をクリックします。

  2. ファイルを参照して [開く] をクリックします。

DWG オブジェクトや DXF オブジェクトを Visio の図形に変換する

AutoCAD 図面をインポートまたは開いた後で、Visio で操作することができる図形に変換できます。Visio の図形に変換する操作は元に戻すことができないので注意してください。

  1. 既に選ばれている項目の選択を解除するには、図の空白領域をクリックします。

  2. カーソルが
    矢印カーソルと移動アイコン に変わるまで、AutoCAD 図面の端にカーソルを移動します。

  3. 右クリックし、[CAD Drawing Object] (CAD 図面オブジェクト)、[変換] の順にクリックします。

  4. [CAD オブジェクトの変換] ダイアログ ボックスで、Visio の図形に変換する AutoCAD レイヤーを選択します。

  5. その他のオプションについては、[詳細設定] をクリックします。たとえば、変換されたレイヤーの削除、寸法図形への寸法の変換、または図形へのハッチ線パターンの変換、を選択できます。

AutoCAD DWG 形式または DXF 形式の図面を変換する場合は、CAD 図面の最後に保存した空間ビューを変換します。CAD 図面は、モデル空間に保存されている場合もあれば、ペーパー空間に保存されている場合もあります。

  • モデル空間   とは、CAD 設計者が図面の作成に基本的に使用する図面作業状態です。モデル空間に保存された図面を変換すると、選択したレイヤーのすべてのオブジェクトとテキストが Visio 図形に変換されます。

  • ペーパー空間   とは、紙面のような作業状態で、CAD 図面の設計者が図面の異なるビューを配置できます。

    次の画像は、ペーパー空間に保存された DWG 図面を示しています。

    同一フロア プランの 2 種類のビューを表示する、用紙スペースに保存された CAD 図面

    図面には四角形のビューポートが 2 つ含まれています。ビューポートは 3 次元 CAD 図面への窓口です。各ビューポートは、別の目盛または角度に設定できます。

    ペーパー空間に保存された図面を変換すると、ビューポートの端によって切り取られていない (クリップされていない) オブジェクトのみが Visio の図形に変換されます。切り取られたオブジェクトとテキストは、線に変換されます。たとえば、ビューポートによって円全体が囲まれている場合、この円は Visio の円図形に変換されます。ビューポートによって切り取られた円は、一連の線に変換されます。

Visio 図面を DWG ファイルまたは DXF ファイルとして保存する

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  2. 図面を保存する場所またはフォルダーを参照します。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、次のうちいずれかのファイルの種類をクリックします。

    • AutoCAD 図面 (*.dwg)

    • AutoCAD 変換ファイル (*.dxf)

Visio ファイルに複数の図面ページがある場合は、各ページを別々に保存してください。

関連項目

Visio で AutoCAD 図面を操作する方法の概要

AutoCAD インポートの準備

AutoCAD 図面をインポートする

複数の AutoCAD 図面を変換する

AutoCAD 図面を Visio で開く

  1. [ファイル]、[開く] をクリックします。

  2. 使用する図面が保存されているフォルダーを見つけます。フォルダーをクリックします。

  3. [すべての Visio ファイル] ボックスをクリックし、一覧の [AutoCAD 図面] をクリックします。

  4. ファイルを参照して [開く] をクリックします。

DWG ファイルまたは DXF ファイルを既存の Visio 図面に挿入する

  1. [挿入] タブの [CAD 図面] をクリックします。

  2. ファイルを参照して [開く] をクリックします。

DWG オブジェクトや DXF オブジェクトを Visio の図形に変換する

AutoCAD 図面をインポートまたは開いた後で、Visio で操作することができる図形に変換できます。Visio の図形に変換する操作は元に戻すことができないので注意してください。

  1. CAD 図面を右クリックし、[CAD 図面オブジェクト] をポイントして、[変換] をクリックします。

  2. [CAD オブジェクトの変換] ダイアログ ボックスで、変換する CAD オブジェクトが含まれている AutoCAD レイヤーに対するチェック ボックスを選択します。

    注: 図面ファイルのサイズを小さくして、変換処理の速度を上げるには、必要なレイヤーまたはレベルのみを変換します。

  3. その他のオプションについては、[詳細設定] をクリックします。たとえば、変換されたレイヤーの削除または非表示、寸法図形への寸法の変換、または図形へのハッチ線パターンの変換を選択できます。

  4. [OK] をクリックします。

AutoCAD DWG 形式または DXF 形式の図面を変換する場合は、CAD 図面の最後に保存した空間ビューを変換します。CAD 図面は、モデル空間に保存されている場合もあれば、ペーパー空間に保存されている場合もあります。

  • モデル空間   とは、CAD 設計者が図面の作成に基本的に使用する図面作業状態です。モデル空間に保存された図面を変換すると、選択したレイヤーのすべてのオブジェクトとテキストが Visio 図形に変換されます。

  • ペーパー空間   とは、紙面のような作業状態で、CAD 図面の設計者が図面の異なるビューを配置できます。

    次の画像は、ペーパー空間に保存された DWG 図面を示しています。

    同一フロア プランの 2 種類のビューを表示する、用紙スペースに保存された CAD 図面

    図面には四角形のビューポートが 2 つ含まれています。ビューポートは 3 次元 CAD 図面への窓口です。各ビューポートは、別の目盛または角度に設定できます。

    ペーパー空間に保存された図面を変換すると、ビューポートの端によって切り取られていない (クリップされていない) オブジェクトのみが Visio の図形に変換されます。切り取られたオブジェクトとテキストは、線に変換されます。たとえば、ビューポートによって円全体が囲まれている場合、この円は Visio の円図形に変換されます。ビューポートによって切り取られた円は、一連の線に変換されます。

Visio 図面を DWG ファイルまたは DXF ファイルとして保存する

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  2. 図面を保存する場所またはフォルダーを参照します。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧で、次のうちいずれかのファイルの種類をクリックします。

    • AutoCAD 図面 (*.dwg)

    • AutoCAD 変換ファイル (*.dxf)

Visio ファイルに複数の図面ページがある場合は、各ページを別々に保存してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×