DROP ステートメント

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データベースから既存のテーブル、プロシージャ、またはビューを削除したり、テーブルから既存のインデックスを削除したりします。

注: Microsoft Access データベース エンジンはドロップ、または、Microsoft 以外の Access データベースを使用する DDL ステートメントのいずれかの使用をサポートしていません。代わりに、DAO を削除する方法を使用します。

構文

DROP {TABLE table | INDEX index ON table | PROCEDURE procedure | VIEW view}

DROP ステートメントには、次の指定項目があります。

引数

説明

table

削除するテーブルの名前、または削除するインデックスのあるテーブルの名前。

procedure

削除するプロシージャの名前。

view

削除するビューの名前。

index

引数 table から削除するインデックスの名前。


解説

テーブルやテーブルのインデックスを削除するには、テーブルを閉じておく必要があります。

ALTER TABLE ステートメントを使用してもテーブルからインデックスを削除できます。

CREATE TABLE ステートメントを使用すると、テーブルを作成できます。CREATE INDEX ステートメントまたは ALTER TABLE ステートメントを使用すると、インデックスを作成できます。テーブルを変更するには、ALTER TABLE ステートメントを使用します。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×