DFirst、DLast 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

DFirst および DLast 関数を使うと、テーブルやクエリの特定のフィールドの値を何でもいいから 1 つ必要なときに、そのフィールドからランダムにレコードを取得できます。DFirst および DLast 関数は、フォームまたはレポートのマクロ、モジュール、クエリ式、演算コントロールで使います。

構文

DFirst ( expr , domain [, criteria] )

DLast ( expr , domain [, criteria] )

DFirst 関数および DLast 関数の引数は次のとおりです。

引数

説明

expr

必須。最初または最後の値を取得するフィールドを示す式。テーブルやクエリ内のフィールドを示す文字列式、または対象フィールド内のデータに対して計算を実行する式を指定できます。expr では、テーブル内のフィールド、フォームのコントロール、定数、または関数の名前を指定できます。expr で関数を指定する場合、その関数は組み込みでもユーザー定義でもかまいませんが、別のドメインの集計関数または SQL 集計関数は使えません。

domain

必須。ドメインを構成するレコード セットを示す文字列式。

criteria

省略可能。DFirst または DLast 関数の実行対象となるデータ範囲を制限する文字列式。たとえば、criteria は多くの場合、WHERE という語句がないだけで、SQL 式の WHERE 句と同等です。criteria を省略した場合、DFirst および DLast 関数は、定義域全体に対して expr を評価します。criteria に含めるすべてのフィールドは、domain 内のフィールドであることも必要です。そうでない場合、DFirst および DLast 関数は Null を返します。


解説

注:  レコード セット (ドメイン) 内の最初または最後のレコードを取得したい場合、昇順または降順に並べ替えるクエリを作成し、TopValues プロパティを 1 に設定する必要があります。詳細については、TopValues プロパティのトピックをご覧ください。Visual Basic for Applications (VBA) モジュールからは、ADO の Recordset オブジェクトを作成し、MoveFirst メソッドまたは MoveLast メソッドを使って、レコード セットの最初のレコードまたは最後のレコードを取得することもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×